HOME  >  診療科・部門のご案内  >  診療科紹介  >  放射線科

放射線科

1.スタッフ

名前
役職
卒業年月
専門医資格
専門分野
樋口 順也
医長
昭和57.3
日本医学放射線学会放射線診断専門医
画像診断
放射線関連IT
篤憲
医長
昭和60.3
日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
放射線科専門医修練機関修練主任指導医
放射線治療
臨床腫瘍学
小線源治療
緩和医療
鈴木 和代
医員
平成4.3
検診マンモグラフィー読影認定医
画像診断
消化管診断
小黒 草太
医員
平成14.3
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
血管造影
IVR(画像下治療)
喜多 和代 医員 平成16.3

日本医学放射線学会放射線診断専門医

日本核医学会PET核医学認定医

検診マンモグラフィー読影認定医

画像診断

心臓大血管放射線診断

伊東 良晃
医員
平成16.3
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医
検診マンモグラフィー読影認定医
画像診断
核医学診断
酢谷 真也 医員 平成18.3

日本医学放射線学会放射線治療専門医

日本がん治療認定医

放射線治療
相馬 崇宏 医員 平成23.3

日本医学放射線学会放射線科専門医

検診マンモグラフィー読影認定医
画像診断
澤田 将史
医員
平成25.3
 
放射線治療
夏目 奈奈
レジデント
平成23.3
 
放射線治療
松本 秀樹
レジデント
平成26.3
 
放射線診療
有田 祐起 レジデント 平成26.3   放射線診療
志賀 逸夫
非常勤
 
 
脳神経放射線診断
磯部 義憲 非常勤    

血管造影

IVR(画像下治療)

土器屋 卓志
非常勤
 

 

放射線治療
岩田 智子
非常勤
 
 
子宮卵巣画像診断
鈴木 天之
非常勤
 
 
画像診断
核医学診断
伊藤 玲子
非常勤
 
 
画像診断
戸矢 和仁 非常勤     小線源治療
公田  龍一 非常勤     放射線治療
金子 英樹
非常勤
 
 
画像診断
核医学診断
伊東 紘子
非常勤
 
 
画像診断
橘川 奈生
非常勤
 
 
画像診断

 

2.診療の特徴

 近年の医学の流れに従い当院の放射線科は業務上大きく二つの部門に分かれ、放射線診断科と放射線治療科に業務分科 している。

 

1)放射線診断科

 画像診断部門は年々充実し、一流のスタッフが揃っている。CT(80列、64列)、MRI(1.5Tx2)、PET/CT(40列)、SPECT、X線検査において、すべてモニターによるデジタル画像診断を行い、院内はオンラインでつながり、迅速な中央診断システムをとっている。血管造影の手技を用いた塞栓術、動注化学療法、CTガイド下穿刺生検などのインターベンショナルラジオロジー(IVR)やセンチネルシンチグラフィの実績も積んだ。マンモグラフィ検診の認定施設であり、多数の乳がん診療を行う。大学からの教授、講師陣の協力を多数得て、専門性の高い診断部となっている。

 

2)放射線治療科

 悪性腫瘍に対して放射線を利用して根治ないし症状緩和のために治療を施すことを目的とする。当院では年間1600名の新患の方ががんと診断され、うち半数近くの方が放射線治療を受けている。欧米では一般にがん患者さんの半数以上が放射線治療を受けており、当院でも今後さらに多くの方が放射線治療を受けることが予想される。原発巣別の症例数では前立腺、乳腺、消化器(食道、胃腸、肝胆膵)、呼吸器、頭頸部、婦人科、血液リンパ、脳脊髄、皮膚軟部の順となる。放射線治療は手術や化学療法に比べ高齢者や合併症のある患者さんにも優しい治療であり、治療法や機器の進化が著しく、集学的治療の柱である。10年前に比べ件数が3倍に増加し、根治的治療の割合が圧倒的に増え、かつ症状緩和の照射も増えている。

 2013年2月より稼働した新しい放射線治療装置(リニアック)では赤外線と2方向X線撮影、さらにCTを用いた照射が可能となり、位置精度の高い治療(IGRT)が可能である。脳転移、肺がん、肺転移、肝がん、肝転移に対してピンポイント照射と呼ばれる定位放射線治療が開始された。γナイフやサイバーナイフに匹敵する治療を実施している。また、当院では2010年1月よりIMRT(強度変調放射線治療)を年間100例以上行っており、加えて回転型IMRT(VMAT)が可能となり、トモセラピーを凌駕する治療が可能とな。

 また、前立腺がん、子宮がん、口腔がんなどに対する小線源治療はすでに世界有数の実績を有してきた。スタッフとして治療専従の技師5名(うち2名が物理士資格、1名は治療専門技師)、院外からも専門医と物理士の援助を受けている。看護師1名、受付事務1名、病棟から放射線療法認定看護師1名の協力がある。

  

3.現在目指していること

 画像診断部門では、デジタル画像検査の診断報告の全科への配信を強化させるとともに、効率のよいシステムの構築を目指す。解剖形態情報を担うCTでは、心臓血管・気管支・胆管などの精密画像化を向上させ、不要な検査を省き、被曝の低減に努める。MRIでは解剖形態情報を保持し、機能的画像への発展を担う。核医学では、PET/CTを効率的に運用する。すべてのがんにおける標準的な非手術的治療を統括し、がん診療を行う他科との連携を強化することにより患者中心の診療を実践する。日本における前立腺がんの放射線治療の指導的立場を目指す。進行・再発がんの放射線治療や副作用管理に力を注ぐ。

  

4.外来担当医表

 

 
第一診察室 酢谷 酢谷 酢谷/澤田 澤田 / 土器屋(第一木曜のみ) 澤田
第二診察室

  

5.診療実績(放射線治療) 

 

1)放射線診断

2016年の1年間において、主なモダリティ別(X線検査を除く)の検査数は、CT 28000件、MRI 10000件、PET/CT 1600件、その他RI検査(SPECT含む) 2700件、消化管造影800件であった。

また当科施行および関与の画像下治療(IVR)においては、日本IVR学会(http://www.jsivr.jp/))で定義された手技を319件施行、主な内訳は以下の通り。

肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓術(TACE) 41件

肝細胞癌以外(外傷、出血、血流改変など)の塞栓術(TAE): 64件

腹部および胸部大動脈ステントグラフト留置(TEVAR、EVAR):23件

末梢血管拡張術PTAおよびステント留置術(POBA, stenting):24件

門脈圧亢進、門脈閉塞に対する治療(BRTO, PTO, PV plasty):7件

腫瘍等に対する動注療法:9件

経皮的胆管ドレナージ術(PTBD):12件

経皮的胆管ステント留置術:2件

経皮的胆嚢ドレナージ術(PTGBD): 15件

CTガイド下ドレナージ術 : 13件 

超音波ガイド下ドレナージ術:30件

CTガイド下生検:53件

超音波ガイド下生検:22件

経皮的組織懐死術 : 4件

 

2) 放射線治療

過去25年間に前立腺がん、乳がんの3000例をはじめ、あらゆるがんに対する放射線治療経験を有する。治療後の長期QOL維持にも力を入れている。2016年の部位別照射実績は泌尿器342名、乳腺204名、呼吸器77名、消化器55名、頭頸部44名、婦人科43名、血液系20名、脳その他21名を含む計806名の新患数であった。

 

 

3)主な施設認定

放射線科専門医総合修練機関、日本放射線腫瘍学会認定施設、日本核医学会認定施設、日本IVR学会専門医修練施設

 

6.疾患に関する情報提供

 婦人科がん、前立腺がん、頭頸部がん、食道がん、乳がん、肺がんの治療相談、小線源治療、緩和ケアに関するセカンドオピニオンの経験多数。電話にて受付。また、地域医療連携として、他の医療施設から直接的に画像検査の予約を受けつけており、画像報告書を依頼医に提供。

 

 

(放射線科医長  樋口 順也)

(放射線科医長   萬 篤憲)

 

このページのTOPへ