眼科

眼科外来初診紹介予約制開始のお知らせ

  

眼科診療(日本眼科学会専門医制度認定研修施設)

 当院は、全国の国立病院機構の病院の中で、特に感覚器疾患に関する高度専門医療施設(準ナショナルセンター)に位置付けられており、感覚器科(眼科・耳鼻科)の診療と臨床研究には特に力を注いでおります。

 眼科診療部門では、白内障、緑内障、網膜硝子体手術から、エキシマレーザー手術まで、高い専門性を要する疾患の診断・治療を行っています。また、視覚障害に対するリハビリテーションのためのロービジョンルームを設けております。様々な種類の視覚障害に対して適切なご支援が行えるよう患者様と共に努力をして参りたいと思います。さらに、付属の臨床研究センター[感覚器センター]との連携により、一般臨床研究から、遺伝子解析まで、視覚に関する総合的な医療水準の向上に努力いたしております。

 

眼科外来

眼科外来は2階、昇りエスカレータ正面にあります

   
 眼科外来受付

 

 眼科外来は、外来棟2階のエスカレーターを昇った正面にあります。初診は、月曜日から金曜日の午前8時30分から11時までが受付時間です。受診の際には医療機関からのご紹介状をお待ち下さい。再診は原則として完全予約制です。

 

眼科スタッフ

眼科医師:

 

野田 徹 医長 眼科一般・視覚生理 臨床研究センター
ロービジョン研究室
室長(併任)
秋山 邦彦 医員 網膜硝子体疾患  
渡辺 健 医員 網膜硝子体疾患  
成尾 麻子 医員 眼科一般・緑内障  
松木 考顕 医員 網膜硝子体疾患  
藤井 祥太 医員 眼科一般  
川島 弘彦 医員 眼科一般  
廣瀬 文音 レジデント 眼科一般  
山名 祐司 レジデント 眼科一般  
中江 泰之 レジデント 眼科一般  
角田 和繁 医員(併任) 網膜硝子体疾患・視覚電気生理 臨床研究センター
視覚研究部長
藤波 芳 医員 網膜硝子体疾患・視覚電気生理 臨床研究センター
視覚生理学研究室室長
桑原 克之 非常勤医師 眼科一般・眼形成  
佐々木 真理子 非常勤医師 黄斑疾患
大野 建治 非常勤医師 屈折矯正手術  
岩波 将輝 非常勤医師 屈折矯正手術  
勝海 修 非常勤医師 小児眼科  

 

眼科外来担当医表

  午前 午後

初診:渡辺

再診:野田・川島

地域医療連携室予約:渡辺・角田

網膜硝子体外来:渡辺

初診:川島/藤井

再診:成尾・廣瀬

地域医療連携室予約:川島・藤井

 

初診:秋山・山名/廣瀬

再診:桑原・松木

地域医療連携室予約:野田・秋山・山名/廣瀬

ロービジョン外来:小川(視能訓練士)

地域医療連携室予約:野田(3・4・5週)

網膜硝子体外来:秋山

初診:松木

再診:成尾・藤井

地域医療連携室予約:松木

緑内障外来:成尾

屈折矯正手術外来:岩波

初診:成尾

再診:秋山・渡辺・山名

地域医療連携室予約:成尾・佐々木

屈折矯正手術外来:大野

黄斑変性外来:佐々木

 

 

過去の実施手術件数

  白内障 緑内障 網膜剥離 硝子体手術 斜視 角膜移植 外眼部手術
その他
合計
2007 1263 25 52 151 64 28 51 1797
2008 1183 21 68 181 46 37 39 1738
2009 1388 26 80 215 44 36 57 1847
2010 1341 17 65 224 48 38 50 1783
2011 1314 12 62 226 60 32 79 2397
2012 1517 16 86 254 73 26 38 2765
2013 1354 31 43 264 3 15 47 2735
2014 1667 7 101 310 3 51 95 2181
2015 1737 25 86 254 4 41 133 2199
2016 1987 37 101 240 7 32 127 2485
2017 1859 30 119 306 9 32 144 2445
2018 1867 29 92 271 5 30 99 2390

 

白内障手術

 当科では、白内障手術は一泊入院手術又は日帰り外来手術で行っております。入院・外来とも万全の態勢で対応しておりますので、安心して手術を受けして頂くことができます。なお、日帰り外来手術には適応もございますので、担当医までお気軽にご相談ください。

 


 

各専門外来のご案内

 当科では、疾患分野毎に、専門医師が担当する特殊外来を開設いたしております。各専門外来の診療時間と担当医は以下の通りです。

 専門外来を初診される方は、紹介状をお持ちになり各担当医の地域医療連携外来をご予約下さい。再診は原則として予約制になります。

 下記以外の曜日であっても緊急性を要する場合は、担当の医師が適宜対応いたします。

 

網膜硝子体外来

 網膜剥離や糖尿病網膜症、黄斑部疾患、網膜静脈閉塞症などの眼底疾患全般にわたり、手術のほか、レーザー治療や黄斑下血腫に対するガス移動術など、幅広い治療を行っております。

 

診療日: 月曜日・水曜日 午前中8:30〜11:00(初診)/午後13:30〜16:30(再診)
担当医師: 秋山 邦彦(水曜日)
渡辺 健(月曜日)
担当疾患: 網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑部疾患・その他の眼底疾患全般

 

過去の手術件数:

原因疾患

20

08

20

09

20

10

20

11

20

12

20

13

20

14

20

15

20

16

20

17

20

18

黄斑円孔網膜剥離 4 3 4 3 3 1 2 2 0 4 1
裂孔原性網膜剥離、増殖性硝子体網膜症 27 21 34 38 50 47 53 50 46 79 59
黄斑上膜 38 69 46 41 56 90 81 78 85 103 103
糖尿病網膜症 64 49 41 41 47 37 60 29 24 21 8
網膜静脈閉塞症 0 11 4 12 8 8 8 12 2 3 2
黄斑円孔 32 31 37 43 40 26 31 35 38 41 44
その他(出血・浮腫) 4 22 48 35 34 41 52 34 23 34 30
水晶体脱臼・眼内レンズ脱臼 6 7 7 11 13 14 23 14 22 19 22
血管新生緑内障 6 0 3 2 3 0 0 0 0 2 2
合計 181 213 224 226 254 264 310 254 240 306 271

 

黄斑変性外来

 近年、難治とされていた、加齢黄斑変性症や網膜静脈分子閉塞/糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫への新しい治療が導入されてきています。黄斑変性外来は、視力に大きな影響を及ぼす黄斑疾患を対象とし、レーザー治療や薬物治療を行う外来です。蛍光眼底造影や光干渉断層計などの最新の器機での検査結果をもとに、一人一人の患者様に適した治療を行うことを心掛けております。

 

診療日: 金曜日 午後(13:30〜16:30)
担当医師:

佐々木 真理子

担当疾患:

加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞/糖尿病網膜症による黄斑浮腫、

その他の黄斑部疾患

 

加齢黄斑変性症について

 加齢黄班変性症は、近年増加傾向にあり、高齢者の視力障害の主な原因の一つとなっています。従来、本症は治療が有効な症例は限られており、回復困難な疾患でしたが、最近、検査法、治療法ともにめざましい進歩がみられ、当院でも新しい治療法を積極的に導入しています。蛍光眼底造影、光干渉断層計などの検査結果をもとに、抗VEGF製剤の硝子体内注射、光線力学療法(PDT)、経瞳孔温熱療法、網膜光凝固、ステロイド注射などの治療を症例にあわせて行っています。

抗VEGF製剤の硝子体内注射

  近年の研究により、新生血管誘発物質(VEGF)を直接抑制する製剤が開発され、多くの眼疾患に極めて有効な効果が得られています。黄斑変性症に対しては、3種類の抗VEGF製剤(アイリーア、ルセンティス、マクジェン)が認可されており、最も有効な治療法として、今後さらに症例数の増加が見込まれます。病状にもよりますが、何度も注射を繰り返して行う必要があります。薬価が高額なため、健康保険適応ですが自己負担分として実費(数万円/1回)を要します。

 

過去の治療件数:

 

20

08

20

09

20

10

20

11

20

12

20

13

20

14

20

15

20

16

20

17

20

18

光線力学療法 53 13 8 9 9 1 5 2 2 1 4
経瞳孔温熱療法     0 0 0 0 0 0 0 0 0
抗VEGF製剤の硝子体内注射 39 348 449 589 666 920 1269 1609 1932 2097 2210

  

網膜変性症外来

  網膜とは眼球の奥にある薄い神経の膜で、カメラにおけるフィルムの役割をしています。目に入った光は網膜において電気信号に変換され、その信号が大脳皮質へと伝達されます。このため、網膜はものを見るためになくてはならない重要な組織です。

 網膜には、発達期あるいは成人後に、その機能や構造が変化する様々な疾患があります。これを網膜変性症、あるいは網膜ジストロフィーと呼びます。特に網膜の中心部(黄斑部)が障害を受ける場合には黄斑ジストロフィーと呼びます。
網膜変性症には非常に多くの種類があり、そのタイプによって、視力が低下する、視野が狭くなる、夜間に見えにくくなる、まぶしく感じるなど、様々な症状が出現します。また、網膜ジストロフィーの多くは遺伝子の異常により発症するものと考えられています。これまでに疾患の原因となる遺伝子が数多く発見されてきましたが、まだ原因不明のタイプも多く存在します。
 現在のところ遺伝性網膜変性症に対する根本的、かつ一般的な治療法はありませんが、その診断を正確に行い、現在の病状、疾患原因を把握しておくことは大変重要なことです。また、一部の網膜ジストロフィー、黄斑ジストロフィーについては、網膜変性症の専門医でなければその診断が難しいのが現状です。
 東京医療センター眼科では、網膜変性疾患の診断を正確に行うため、各種機能的検査、電気生理学的検査、網膜画像検査等を詳細に行っております。また必要に応じて分子遺伝学的検査を行い、患者様の疾患に対する理解を深めるように努めております。
<主な対象疾患>
網膜ジストロフィー(網膜色素変性、錐体・杆体ジストロフィー、コロイデレミアなど)、黄斑ジストロフィー(スターガルト病、オカルト黄斑ジストロフィー、ベスト病、若年性網膜分離症など)、桿体一色覚、先天性夜盲症(完全型・不全型、小口病、白点状眼底など)、レーベル視神経症、優性視神経萎縮症、心因性視力障害。その他、原因不明の視力障害。

 

診療日: 月曜日 午前(8:30〜11:00)
担当医師:

角田 和繁

三宅 養三(感覚器センター名誉センター長 不定期)

 

緑内障外来

 緑内障とは眼圧上昇など何らかの原因で視神経が障害され、視野が狭くなる病気です。40歳以上になると20人に1人はかかる病気で、決して稀なものではありません。しかし、緑内障は自覚症状に乏しく、早い段階で発見することが難しい病気です。

 また、一度障害された神経は回復しないため、生涯にわたってよい視力を保つためには、早期発見、早期治療がとても大切です。

 

検査・診断

 一般的な検査として眼圧検査や、緑内障の病型を分類するための隅角検査、障害の程度を測るための視野検査などは欠かせません。さらに、視神経や網膜の形成を測定する眼底三次元画像解析検査(OCT)を用いることにより、緑内障の早期の発見が可能となり、わずかな進行も鋭敏に判定することができるようになりました。

 

治療

 緑内障には様々な原因が考えられますが、現在のところ最も有効な治療は眼圧を下げて、視神経の負荷を減らすことです。通常薬物療法やレーザー療法が行なわれますが、十分な効果が得られないときは、手術療法を行います。

 近年、緑内障手術の進歩は著しく、各種インプラントを用いた手術や、低侵襲緑内障手術が開発されました。どの方法を選択するかは、緑内障の重症度や眼圧、年齢など、様々な要因を考慮して最善の方法を提案いたします。

 

診療日: 金曜日 午前8:30〜11:00(初診)/木曜日 午後13:30〜16:30(再診)
担当医師:

成尾 麻子

 

 

エキシマレーザーを用いた角膜手術外来

 角膜混濁が角膜の表層にて限局して存在する症例ではエキシマレーザーを用いて角膜の表層を削り切ること(治療的角膜切除術:PTK)によって視力の向上が得られる場合があります。

 PTK手術の症例のご紹介は専門の外来を設けておりますので、地域医療連携室へのご予約をお願い致します。

 

担当医師: 藤井 祥太
大野 建治(非常勤)
岩波 将輝(非常勤)

 

診療実績(手術眼数)(PTK:角膜疾患の治療を目的とするエキシマレーザー角膜切除術)
  LASIK PRK PTK
2006年 75    
2007年 72 5 8
2008年 76   8
2009年 45 1 7
2010年 40 1 26
2011年 32 1 21
2012年 16 1 26
2013年 37 0 9
2014年 4 1 38
2015年 6 1 26
2016年 0 2 21
2017年 0 1 12
2018年 0 0 14

 

眼形成外来

 おもに眼瞼(まぶた)に関する疾患の専門分野です。

 眼瞼疾患により視機能に影響が及び日常生活に支障をきたすことがあります。眼瞼下垂や眼瞼内反症はもとより、角膜や結膜など眼表面(オキュラーサーフェス)疾患の原因となることもあり、病態を的確に診断し適切な治療をおこなうことが重要となります。

 当院形成外科とも連携を密にとり、両科の長所を融合させた治療をおこなっています。

【主な対象疾患】

眼瞼下垂症:まぶたが下がり瞳孔(ひとみ)に被さることで、視機能を損ないます。

(原因は、加齢性、コンタクトレンズ、外傷、先天性などがあります。)

眼瞼内反症:まぶたが内側にひっくり返ってしまい、眼の表面に傷がつきます。

睫毛内反症:まつげだけが眼に向かって、眼の表面が傷つきます。

眼瞼腫瘍:良性、悪性があります。切除が広範囲な場合は形成外科と合同でおこないます。

 

診療日:

なし(手術症例については必要性・緊急性によって適宜対応致します。

まずは、初診担当医の診察をお受けください。)

担当医師: 桑原克之

 

斜視弱視外来

  当院には斜視弱視外来という名前で特殊外来を設けてはおりませんが,各医師が斜視や弱視の患者さんを担当しています。

 当院には斜視や弱視の検査を行う視能訓練士が6名おり,専門的な検査を担当し、その検査結果をもとに,治療方針を決定しています。病態に応じて様々な斜視の手術方法を検討いたします。平日受付時間内にご紹介状をお持ちいただくか、直接お電話などでご相談いただければ初診の方も拝見します。

 

ロービジョン外来

 詳細は [ロービジョンルームのページ] をご覧ください。

 

 視覚障害といっても、様々な種類、様々な程度があります。視力が低くて文字が読めない、日中まぶしくて外を歩くのがこわい、など・・・。そして、それぞれの状態に適した支援機器があります。しかし、どの道具が自分の生活に実際に役立つかは、不自由の種類と程度について時間をかけて評価し、有用と考えられる道具を選び出し、それを実際に手にとって試してみることで初めてわかることが少なくありません。いくつかの試行錯誤を要する場合もあります。ロービジョンルームでは、色々な拡大鏡、原稿をテレビ画面に読みやすく拡大して表示してくれる装置などのご紹介から、視覚に頼らずにコンピュータを使うにはどうしたらよいか、福祉制度から補助は受けられるのか、等に関する様々な支援をさせていただきたいと考えています。その最良な選択を患者様と共に考えさせていただく外来です。

 

診療日: 水曜日午後(完全予約制)
主任担当者:

小川佳子(主任視能訓練士)

野村純子(視能訓練士)

今村美貴(視能訓練士)

 

 

 

眼科レジデント業績

 当眼科では臨床研究などの学術的活動も積極的に行っております。
詳細は「レジデント業績リンク」をご覧下さい。

 

 レジデント業績2006

 レジデント業績2007

 レジデント業績2008

 レジデント業績2009

 レジデント業績2010

 レジデント業績2011

 レジデント業績2012

 レジデント業積2013

 レジデント業積2014


 

このページのTOPへ