なぜ栄養管理が必要か?

米国や日本の調査では、入院患者の30-40%が栄養不良状態にあるといわれています。栄養状態が悪いと、免疫力が落ちて感染症や合併症の頻度が増えたり、病気の治癒が遅れたり、褥瘡(床ずれ)が出来やすくなったりすることが知られています。
適切な栄養管理をすることによって、感染症や合併症、褥瘡(床ずれ)の頻度が減り、病気も治りやすくなり、入院期間が短縮し、より質の高い医療を提供できることが期待されています。
 

 

このページのTOPへ