皮膚科

沿革

 ずっと以前には皮膚泌尿器科という診療科として存在していましたが,当センターでは,旧名称の国立東京第二病院時代の昭和44年に,皮膚科(皮膚科は徳永信三博士が初代の診療科の責任者)と,泌尿器科とが,正式に診療科として分離・独立しました。徳永先生は昭和58年に退官し,昭和59年2月から平成20年2月まで山崎雄一郎先生が医長を勤めました。その後,平成20年4月から佐藤友隆先生が,平成27年4月より福田知雄先生が,平成28年4月より吉田哲也が医長を務めています。

 

診療の特徴

対象疾患
#1 皮膚科って,どんなときに行けばいいのでしょうか? 

 皮膚科学という分野では,皮膚のトラブル全般が対象になります。そのなかには,山の中で草木にかぶれたり,いつも靴を履いているため水虫になりやすかったり,あるいは内臓の病気が皮膚の表面に症状をあらわしてきたり,さまざまのケースがあります。

 皮膚に何かができてしまった,というときには,皮膚科医の診察を受けることをおすすめします。

 

#2 皮膚病を診てもらうのはわかってる.しかし,かぶれくらいなら,いいかもしれないけど,内臓やこころの問題が原因なら皮膚専門のドクターでは対応できないのでは?

 もちろん病気の原因がほかの診療科の専門分野に関連する場合には,適切な専門科にバトンタッチすることがあります。皮膚は内臓の鏡や風呂敷といわれます.内蔵病変を中心とする疾患の皮膚病変のこともありますし,また皮膚のみを病変とする疾患のこともあります。さらに皮膚病変が中心でそれが内臓に影響する疾患であることもあります.まずは診察させていただき方針を立ててゆきたいと考えます。

 

診療成績

 外来については数が多すぎて,疾患別の統計はとれていませんが,湿疹・皮膚炎・白癬などの通常のcommon diseasesや腫瘍・母斑などの数は多く,また,角化症・炎症性角化症・自己免疫性水疱症など皮膚科特有の疾患も相当数あります。

 バックグラウンドとして,当センターが住宅地に立地しているため,必然的に高齢の方々の受診が多く,ヘルペスウイルス感染症や水疱性類天疱瘡,悪性腫瘍とその前駆症状などもかなり多くみられます。

 

皮膚科医は吉田,伏間江,川北,雪野,角田,小田です。全員が外来および病棟を担当しております。病床は2B病棟に,整形外科とともに診療しています。入院対象疾患としては,水疱症,ヘルペスウイルス感染症,アトピー性皮膚炎,皮膚潰瘍,蜂窩織炎,そして腫瘍・母斑などが主となっています。

 

入院治療の実績について(平成25年から29年の5年間)

  

年齢/年 H26 H27

H28

H29

H30
20歳未満 6 4 0 6 7
20歳以上50歳未満 67 58 22 25 27
50歳以上 194 132 89 106 112
合計 267 194 111 137 146
疾患
湿疹・中毒疹ほか 32 33 11 6 11
自己免疫性水疱症 5 5 4 1 3
腫瘍 102(良性63
/悪性39)
52(良性24
/悪性28)
32(良性15
/悪性17)
72(良性26
/悪性46)
55(良性25
/悪性30)
細菌感染症 58 51 32 26 43
herpesなどウイルス感染 53 42 25 24 21
潰瘍・血行障害 17 11 7 8 13
合計 267 194 111 137 146
入院手術件数 99 49 41 63 70
そのうち植皮・皮弁など 8 7 7 16 17

 

初診での受診の際はご紹介状を是非お持ち下さい。

ご紹介状のある患者様の方が,優先的に待ち時間が短くなる可能性があります。

 

週間スケジュール

 外来は月から金の午前の受付で,木曜日は午前からの手術日です。

なお木曜日は診療開始前の8時30分から朝の臨床カンファレンスがあります。

初診の予約は地域の医療機関を通じて地域連携室にご連絡の上,可能です.毎日外来終了後は主に初診患者様,を中心に電子カルテを利用して皮膚科内で供覧し,診断,治療について当科としての方針を立てています。

 

外来診療担当医表
皮膚科 外来棟3階

 

施設認定

 日本皮膚科学会認定専門医研修施設(専門医研修施設研修指導医:吉田)に認定されています

 

将来への展望

 皮膚科という診療科の将来展望一般論とも関連するようですが,21世紀において皮膚科医のヴァリューを院内院外のドクターや患者様に,いかに幅広く認識してもらえるようにするかが重要と考えています。そのため院内各診療科からのコンサルテーションにこたえることや,地域の先生方からのご紹介にもできるだけ対応できるようにすることなどを重点項目と考えています。 

スタッフ紹介

    

氏名 職名 認定医等 専門領域
吉田 哲也 医長

日本皮膚科学会認定専門医・指導医
日本内科学会認定内科医

臨床研修指導医

皮膚科学
内科疾患に伴う皮膚病

川北 梨乃 レジデント   皮膚科学
雪野 祐莉子 レジデント

 

皮膚科学
角田 朝子 レジデント

 

皮膚科学
小田 俊輔 レジデント

 

皮膚科学
矢富 良寛 レジデント

 

皮膚科学

西堀 由喜子 非常勤医師
月・木曜日午前

日本皮膚科学会認定専門医

皮膚科学
石原 幸子 非常勤医師
火・木曜日午前

日本皮膚科学会認定専門医

皮膚科学

 

このページのTOPへ