HOME  >  診療科・部門のご案内  >  診療科紹介  >  心臓血管外科

心臓血管外科

1.スタッフ紹介

氏名 職名 学会認定資格等
大迫 茂登彦 医長 心臓血管外科専門医・修練指導医
日本胸部外科学会指導医
日本外科学会専門医、指導医
後藤 哲哉 医員 日本外科学会認定医
日本胸部外科学会認定医
河西 未央 医員 日本外科学会専門医

日本胸部外科学会認定医

山邊 健太郎 医員 日本外科学会専門医

日本胸部外科学会認定医

稲葉 佑 医員

日本外科学会専門医

心臓血管外科専門医

 

 

2.心臓血管外科について

診療の概要・基本方針

 心臓(冠動脈疾患、弁膜症、等)、血管(動脈,静脈)に関わるご病気で外科治療を必要とされる方への医療を行います。

 初回受診については、かかりつけ医,近隣の診療所(クリニック、病院等)からの紹介状を持って受診していただくか、当院の地域医療連携室にご連絡いただき、外来の予約を取って頂いたうえで受診していただく様お願いいたします。もちろん急を要する場合はその段取りには及びません、直接連絡を頂いても対応いたします。

 診療体系としては、心臓、大動脈、末梢血管を専門とする心臓血管外科医師と循環器内科医師、レジデント、研修医の他、救命救急医師、麻酔科医師、放射線科医師、看護師、臨床工学技士、生理機能等に関する各種検査技師のほか、栄養科や各種医療支援から構成されるチーム医療を実践しています。また、他疾患を有する方、他臓器に問題が発見された方は、該当する専門医師(診療科)とも連携し、より質の高いテーラーメイドな医療が提供できるよう努めております。

 主たる診療期間について、専門的精密検査結果により治療計画が確定し、治療(手術)後必要とされる機能・運動量を達成目標としますが、入院期間は手術前の準備に必要な数日(1〜2日)と術後のリハビリがすすみ急性期治療が安定するのにかかる10〜14日の期間(概ねの入院期間は2〜3週間)で、外来通院期間は術後急性期から回復期へ移行し、基本的日常診療の範囲となった時点で近隣の先生方にお返しさせていただくようにしております。

 術後の経過、心機能回復の程度により、外来通院でのリハビリや、専門的検査・診療・指導を行うようにしておりますので、基本的には近隣の先生方にお返しさせていただいた後も、継続的に診療・バックアップを行います。

 診療の特徴

 心血管・不整脈センターにおける手術部門としてよりボーダレスな医療となることを目指し、心臓血管外科領域疾患全般にわたる過不足ない質の高いテーラーメイドな医療の提供を行っております。医療内容は、対象患者の高齢化、多様化と複雑化していることから、侵襲度が高い心臓血管外科領域手術に対するより低侵襲な手術(確立された手術の低侵襲化)や新たな術式、デバイスや内視鏡の効果的利用、カテーテル治療とのハイブリッド治療、また人工心肺装置その他の補助手段装置を有効かつ必要最小限に活用することに取り組んでいます。今後もこれらの基本概念を礎にさらに安全性の発展と、それらの標準化を目指していきます。

 

 

3.全般的な活動

我々が対応する疾患は心臓および血管疾患(心臓血管外科領域)全般にわたり、対象疾患は以下のものとなります。

 
心疾患 虚血性心疾患:狭心症,(急性)心筋梗塞、心室瘤 / 変性弁膜症(感染性心内膜炎を含む)、虚血性弁膜症 / 不整脈:心房細動、心房粗動、徐脈性及び頻脈性不整脈、心不全に対する不整脈外科治療 / 心臓腫瘍、等
大動脈疾患 解離性、非解離性大動脈瘤、急性大動脈解離
大動脈基部疾患 解離性、非解離性大動脈基部拡大(大動脈弁逆流を伴うものを含む)
末梢血管 閉塞性動脈硬化症、動脈瘤、静脈瘤、シャント造設、等
その他 肺梗塞(肺動脈血栓塞栓症)、等

 

 

4.専門的な取組

近年、循環器領域における治療の進歩はめざましく、テ?ハ?イスの進化に伴い、より高度な医療か?簡便に提供て?きる時代へと向かっています。

 確立された術式をより低侵襲化、内視鏡やデバイスを効果的に利用、新しい外科的修復術を導入、カテーテル治療とのハイブリッド治療、また人工心肺装置その他の補助手段装置を有効かつ必要最小限に活用といったことにより、心血管・不整脈センターにおける手術部門としてよりボーダレスな医療となることを目指しています。2016年度に最新医療として取り入れたものは、MICS(低侵襲小開胸手術)、内視鏡下左心耳切除術、B臚位弁自己弁温存(形成)術、ぢ臚位オープンステントグラフトを用いた全弓部置換術です。

〜これまで提供してきた医療内容の要点と新しい取り組みについて〜

<冠動脈バイパス手術>

単独冠動脈バイパスの予定手術は基本的にオフポンプ、その完遂率は97.4%。バイパスに用いる血管のうち大伏在静脈採取は、内視鏡下に行っています。皮膚切開は1~2cmの2箇所のみで、グラフトの質としては従来の採取法と比べて今のところ遜色ありません。

<僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術>

僧房弁閉鎖不全症に対しては、原疾患が感染性心内膜炎の症例も含め、基本的に形成術を行っています。予定もしくはめざした症例はすべて形成術を完遂。2016年度より、僧房弁に対しては胸骨切開を行わない低侵襲切開による方法を導入しています。右小開胸による方法で、術後の創部痛、呼吸器機能抑制回避に大きな効果があり、術後の回復もより速やかになると考えています。高齢者にも有効という意見もあり、今後は対象年齢を広げていくことを検討しています。

<大動脈弁に対する自己弁温存・弁形成術>

現在のところ症例に応じて選択、施行しています。弁輪部に固いもの(従来の人工弁等)を装着する事のデメリットも指摘されており、心機能温存にも影響するのではと考えています。

<人工弁置換術>

年齢や運動耐用量、患者さんの状態に応じた人工弁の種類・大きさを選択する事が重要です。約3年前より生体弁の構造が改良され、従来の構造から弁膜の部分が外巻になり、当院では速やかに同人工弁の使用を導入しています。より患者さんに応じた有効開口面積が確保できるようになりました。

<不整脈手術>

従来の外科的不整脈手術(メイズ手術)のみならず、当院では不整脈に対するアブレーション治療が増加しています。それに伴う左心耳内に血栓を認められた場合、従来は開胸による血栓除去+メイズ手術を行ってきました。近年、内視鏡による左心耳切除+肺静脈隔離+周辺のサージカルアブレーション(ウルフ・大塚法)が注目されており、当院でも同手術を導入しました。

<心疾患に対する低侵襲手術>

小開胸アプローチ法による心臓の手術になります。創部を小さくし、術後の創部痛、呼吸器機能抑制回避に大きな効果があります。通常のアプローチ(正中切開)ができない患者さんにとっても必要な方法です。2016年は弁膜症;僧房弁閉鎖不全症と成人単純先天性心疾患(ASD)に対して施行しました。今後は大動脈弁、冠動脈、不整脈疾患にも適応拡大をしていく予定です。

<瘤化が広範囲に及ぶ大動脈瘤に対する人工血管置換術>

特に胸部のなかでも弓部、胸腹部に連続して瘤化している場合は、段階的治療が必要になる場合がしばしばあり、人工血管置換術に術中ステントグラフト(オープンステント)内装術を併用したり、二期的にステントグラフト内挿術を併用したりすることにより、手術回数や患者さんへの負担の軽減を図る事ができると考えています。

<急性大動脈解離>

24時間対応により可及的速やかに手術を行うようにしています。院内急変した場合は救命が難しいとされている心タンポナーデ合併の症例でも高い救命率で、年齢層によりますが、治療成績は5~15%。救命的手術であり、エントリー閉鎖、急変回避目的としての人工血管置換術を基本としていますが、術中ステントグラフト(オープンステント;Frozenix)内装術を用いることで、術後の大動脈のリモデリングを期待することができ、遠隔成績改善(追加治療の回避)につながると考えています。

<術後リハビリ>

First truckを基本コンセプトとし、循環機能をより効率に回復させるために術後早期よりリハビリを開始しています。特に心臓にとっては機能回復の手術であり、早期のリハビリが重要です。手術侵襲からの回復と、心臓機能回復とを両立させて行っています。さらには、外来リハビリも行えるようになりました。

<退院指導>

各疾患とも生活習慣、食生活などが要因として大きくかかわることが多いため、それらに関する指導導・相談を行っており、退院支援として、患者さんに応じた在宅医療支援、医療福祉相談を行い、患者さんの社会復帰へのサポートを行っています。

 

 

5.週間予定表

 

 

   
  朝   リハビリカンファレンス

 

血管カンファレンス

手術カンファレンス

リハビリカンファレンス

  午前     手術  

外来

一診(初診・再診);大迫

二診;後藤

手術(第2・4・5)

手術

外来

一診(初診・再診);大迫

二診;IDC

CRT(第1週)・河西・

尹(第25週)

  午後   手術 

外来

一診(初診・再診);大迫

二診;ペースメーカー

手術

手術

病棟カンファレンス 

外来

一診(初診・再診);大迫

二診;後藤

  夕   循環器カンファレンス

 

 

 

  

 

6.診療実績 2010〜2016年

 年度 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
単独冠動脈バイパス術 25 7 12 34 39 37 18
複合冠動脈バイパス術       7 10 5 4
単独弁膜症手術 34 11 9 24 24 25 20
複合弁膜症手術       3 4 10 3
その他の心臓手術       4 1 3 11
胸部〜胸腹部大動脈瘤 22 19 16 25 43 42 45
腹部大動脈瘤 10 20 19 24 26 19 27
上記のうち急性大動脈解離       9 17 22 23
末梢血管(血管外科として)       103 124 145 128
PM、ICD/CRT(D) 72 62 81 91 100 97 89

 

 

7.入院時・退院時説明資料

 

 ※1手術を受けられる方へ(手術前説明資料PDF)。

 ※2手術説明書(手術の説明資料PDF)。

 ※3退院される方へ(退院後説明資料PDF)。

 

 

このページのTOPへ