外科

紹介患者さん御自身による初診診察予約及び

診療情報提供書(紹介状)等の事前受付をおこなっております。

詳細については下記のページをご覧ください。

紹介元医療機関さまはこちらから

患者さんはこちらから

外科専用研修プログラムについてはこちらをご覧下さい。

 

.診療体制

 当科で取り扱う疾患の領域は、頭頚部から四肢までほぼ全身にわたり、治療内容も多種多様です。また、近年の手術手技や治療法の変革は激しく、時代に即した情報を収集して治療成績を向上させることが求められています。したがって、各スタッフの専門性を生かし、食道疾患は石医長、胃・十二指腸疾患は磯部統括診療部長(外科医長併任)、徳山医員、大腸疾患は内視鏡治療を含め大石医長、徳山医員、島田医員、肝臓・胆道・膵臓疾患は浦上医員、乳腺・甲状腺疾患は松井医長、原田医員、腹部大動脈を含む末梢血管疾患は関本医員、進行・再発癌患者の症状緩和には緩和ケア チームの一員である川口医員、重症患者の栄養管理には栄養サポートチーム(NST)の一員である西原医員がそれぞれ中心となり診療に当たっています。

 なお、現在の外科の病床は110床で、24時間緊急手術が可能な体制をとっています。緊急時だけでなく常に上記の専門領域以外の疾患に対しても責任を持って治療に当たることができるよう各スタッフは修練を積んでいます。

 また、当院は臨床研修指定病院でもあることから、当科としても若い医師への充実した教育を行うように努めています。現在、卒後3年目以上のレジデント6名と初期臨床研修医数名が外科の診療に従事しています。

 

.治療内容・概況

 全身麻酔と腰椎・局所麻症例を合わせた当科の手術件数は、平成27年度1355件、28年度1207件、29年度1260件でした。

 平成29年度の緊急手術は227件、臨時手術(準緊急手術)178件で、両者は全手術件数の32.1%を占め、急性期病院における外科としての役割を果たしています。また、腹腔鏡手術が387件(全手術件数の30.7%)と多く、当院外科の特徴となっています。平成26年7月からは、手術支援ロボット(ダヴィンチ)による胃癌の手術を自費診療として行っています。

 化学療法は外来に設置されている通院治療センターで行うことを基本としています。平成29年度に当科が通院治療センターで行った化学療法は延べ2557件でした。

 

・主な疾患別の手術治療件数
疾患・治療 2015年度 2016年度 2017年度
食道癌手術(胸腔鏡腹腔鏡併用) 4 6(4) 6(4)
食道癌放射線治療,化学療法 26 11 12
胃癌手術(腹腔鏡補助下切除) 64(25) 59(27) 56(29)
穿孔性胃・十二指腸潰瘍手術 4 5 10
内視鏡的胃瘻造設(PEG) 75 92 69
大腸癌手術(腹腔鏡補助下切除) 158(96) 143(104) 120(96)
人工肛門造設 15 17 17
大腸ステント挿入 8 10 7
膵頭十二指腸切除術 8 13 16
肝切除術 20 20 24
胆嚢摘出術(腹腔鏡下摘出) 129(105) 114(103) 99(83)
乳癌手術 247 271 251
甲状腺・副甲状腺手術 1 3 4

末梢血管・腹部動脈瘤手術

(腹部大動脈ステントグラフト治療)

187(10) 177(15) 228(28)
虫垂切除術(腹腔鏡下切除) 112(109) 84(84) 78(69)
鼠径部ヘルニア(腹腔鏡下手術) 143(85) 133(82) 138(69)

 

.週間スケジュール

  1. 手術は外科、乳腺科に割り当てられている手術枠に応じて1週間の予定を組み行っています。予定手術枠は、一般・消化器外科が月曜から金曜まで毎日2列、乳腺科が火曜1列、木曜1列で、緊急手術に関しては手術室、麻酔科と相談の上、随時対応できる体制をとっています。
  2. 内視鏡検査は月曜の午前に上部消化管内視鏡検査を、また水曜午後に下部消化管内視鏡検査を行うことを原則としています。内視鏡治療と放射線検査・処置は、午後の時間帯を中心に、随時行っています。
  3. 超音波検査は、乳腺および甲状腺の検査を月曜、水曜、金曜の午後に乳腺科医師が行っています。 
  4. カンファレンスは、手術症例カンファレンスを火曜午後3時から行っています。抄読会は水曜午前8時から行い、また、病棟におけるチームカンファレンスを、6A病棟は火曜・金曜、6B病棟は月曜・木曜の午前8時から行っています。

 

.現在めざしていること

(1)安全性を考慮した腹腔鏡下手術の増加とロボット支援手術の実施

 

 腹腔鏡下手術には、3D内視鏡、バイポーラ高周波・超音波エネルギーデバイスなどの最新の手術機器を導入し、より安全な低侵襲(からだにやさしい)手術を行っています。また、自費診療で行っていた手術支援ロボット(ダビンチ)による胃癌手術を保険診療として開始します。

 

(2)個別化医療への取りくみ

 

 乳癌に対してはセンチネルリンパ節生検などの個別化医療を既に行っていますが、消化器癌においても消化器内科と連携して病変の進行度を考慮し臓器の切除を最小限とする個別化医療に取り組んでいます。

 

(3)緊急手術への対応強化

 

 救急科より当科に出向している救急外科スタッフとともに、急性腹症などの緊急手術に24時間対応できる態勢を維持していきます。

 

(4)教育研修体制の充実

 

 教育研修病院の外科として、手技の基本手技から腹腔鏡下・ロボット支援下の高度な手術手技までを効率よく習得するために、院内のトレーニングセンター、シミュレーションセンターにおいて各種のシミュレーション・トレーニングやハンズオンセミナーなどを定期的に開催しています。また、国立病院機構主催の内視鏡手術セミナーなどの院外研修にも積極的に参加して技術の向上に努めています。

 

(5)チーム医療の強化

 

 当科が扱う疾患との関連が深い緩和ケアチーム、感染対策チーム、栄養サポートチーム、褥瘡対策チームなどの院内横断チームとの連携を強化し、安全で質の高い外科診療をめざしています。また、国立病院機構が養成し、当科にも配属されているクリティカルケア(急性期)領域の診療看護師(JNP)と連携し、患者さんに分かりやすい医療の実践に取り組んでいます。

 

 

.外来診療担当医表

 

外科 外来棟2階

 

.スタッフ紹介

 

消化器外科
氏名 職名 認定医等 専門領域
磯部 陽

統括診療部長
(特命院長補佐・医療情報部長・
外科医長・緩和

ケアセンター長

併任)

日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本がん治療認定医機構認定医
消化器がん外科治療認定医

日本腹部救急医学会暫定教育医

日本医師会認定産業医

一般外科

消化器外科

   (胃・十二指腸)

内視鏡外科
上部消化管内視鏡
消化器癌化学療法
医療情報学

大石 崇 医長
(医療安全管理室長・通院治療センター長併任)

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医

日本内視鏡外科学会技術認定医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構認定医

一般外科

消化器外科

  (大腸・肛門・小腸)

内視鏡外科

下部消化管内視鏡

消化器癌化学療法

石 志紘 医長
(院内感染対策室長併任)

日本外科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本がん治療認定医機構認定医

日本食道学会認定食道科認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD) 

一般外科

消化器外科(食道)

分子腫瘍学

上部消化管内視鏡

消化器癌化学療法

感染管理 

浦上 秀次郎 医長

日本外科学会専門医・指導医

日本消化器外科学会専門医

日本内視鏡外科学会技術認定医

日本消化器がん外科治療専門医

日本肝胆膵外科学会高度技能指導医

一般外科

消化器外科

 (肝・胆・膵)

内視鏡外科

川口 義樹 医員

日本外科学会専門医

日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医機構認定医 

一般外科

消化器外科

内視鏡外科

緩和医療

西原 佑一 医員

日本外科学会専門医

日本消化器外科学会専門医

日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

日本内視鏡外科学会技術認定医

日本腹部救急医学会腹部救急認定医

日本静脈経腸栄養学会認定医

日本静脈経腸栄養学会TNT講習修了

日本がん治療認定医機構認定医

FUSE(Fundamental Use of Surgical Energy)取得者

一般外科

消化器外科

内視鏡外科

栄養管理 

関本 康人 医員

日本外科学会専門医

心臓血管外科専門医

腹部ステントグラフト指導医

日本脈管学会脈管専門医

下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医

 一般外科

消化器外科

血管外科(腹部大動脈。末梢血管)

島田 岳洋 医員

日本外科学会専門医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医

日本消化器外科学会専門医

日本消化器外科学会がん外科治療認定医

日本内視鏡外科学会技術認定医

一般外科

消化器外科(大腸・肛門・小腸)

下田 啓文 医員

日本外科学会専門医

一般外科

消化器外科(肝・胆・膵)

松本 純夫 非常勤医師(名誉院長)

日本外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
Fellow of American college of Surgeons
消化器がん外科治療認定医

日本消化器内視鏡学会専門医

日本脈管学会認定脈管専門医

一般外科

消化器外科

内視鏡外科

消化器癌治療

尾本 健一郎 医長
(救命救急センター)
日本外科学会専門医
日本救急医学会専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
救急医学
外科学
大橋 真理 診療看護師(JNP)    
森泉 元 診療看護師(JNP)    

 

乳腺科
氏名 職名 認定医等 専門領域
木下 貴之 副院長

日本外科学会専門医・指導医

日本乳癌学会専門医・指導医

マンモグラフィー読影認定(A)

乳房再建エキスパンダー責任医師

日本がん治療認定医機構暫定教育医

日本がん治療認定医機構認定医

米国腫瘍学会アクティブメンバー

米国NCIInvestigator

UICCエキスパートパネル

乳腺外科

松井 哲 医長

日本外科学会専門医・指導医
日本乳癌学会専門医
日本消化器外科学会認定医
マンモグラフィー読影認定(A)
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本がん治療認定医機構認定医

乳腺・内分泌外科
乳癌化学療法
一般外科

消化器外科

原田 華子 医員 日本外科学会専門医  乳腺・内分泌外科 
笹原 真奈美 非常勤医師

日本外科学会専門医

日本乳癌学会専門医

マンモグラフィー読影認定(A)

乳腺外科
市村 佳子 非常勤医師

日本外科学会専門医

日本乳癌学会専門医

マンモグラフィー読影認定(A)

乳腺外科
岩田 侑子 非常勤医師

日本外科学会専門医

日本乳癌学会認定医

マンモグラフィー読影認定(A)

乳腺外科
岩本 恵理子 非常勤医師

日本外科学会専門医

日本乳癌学会専門医

マンモグラフィー読影認定(A)

乳腺外科

 

レジデント・専攻医
氏名 職名 認定医等 専門領域
谷澤 秀 レジデント    
山崎 信人 レジデント    
河原 直毅 専攻医    
浅倉 友里 専攻医    
久岡 和彦 専攻医    
柵木 晴妃 専攻医    
孫 悠然 専攻医    

 

このページのTOPへ