教育体制

機ヅ豕医療センターの理念

 東京医療センターは患者の皆様とともに健康を考える医療を実践します。

 

 病院の運営方針

良質で専門性の高い安全な医療を提供します十分な説明と同意のもとで安心の医療を提供します教育、研修、研究を推進し、良き医療人の育成に努めます 健全な経営に努め、地域に信頼される医療を推進します

 

供ヅ豕医療センター看護部の理念

 心の豊かさを重視した質の高い看護を提供する

 

掘ゴ埜酩方針

 病める人の生命・権利・意思を尊重し、安心と信頼に応える看護を提供するとともに、仕事を通して自己成長を図る。    

 

Mission:患者の皆様とともに健康を考える    

Vision  :患者家族の意思決定を支援する 仕事をすることで成長していく    

Value  :心穏やかに 

 

検ゴ埜酩院内教育の考え方

1.求める看護師像と教育目的

東京医療センターが求める看護師は、看護部の理念にある「心の豊かさを重視した質の高い看護」を患者・家族に提供できる看護師である。

「心の豊かさ」とは、先輩看護師と後輩看護師が、患者の意思を尊重した看護を提供し、ケアを受ける患者の様子から、ともに心穏やかな時間を共有できることである。患者の安心と信頼に応えるために、知識に裏付けられた正確で、安全な看護を提供しつつ看護を学び、看護観を深め、仕事を通じて自己成長していく看護師を育成することである。

 

2.教育目的と教育プログラムの関連、各プログラムの位置づけ  

「心の豊かさを重視した質の高い看護」という看護部の理念に基づき、患者・家族の意思決定を支援し、質の高い看護を実践できるジェネラリストを育成するために、経年別の看護基礎コースを設定した。

研修の領域・項目は、看護基礎コースでは「医療安全・感染管理」、「災害看護」「急性期看護・がん看護」「高齢者看護」「看護観」ついて教育内容を抽出した。

また仕事を通して自己成長を図り、キャリア開発を支援するため、4つの看護専門領域コースを設定した。 また、ユマニチュードを継続的に学ぶトピックスコースを設定した。

 

后ゴ埜酩教育体系図

※画像をクリックするとPDFで開きます

 

【看護基礎コース(経年別)】  

  1. 当院の看護師として身に付けておくべき基礎知識・技術を看護基礎コースとし企画した。  
  2. 卒後1年目〜5年目は、経年別の看護師到達目標を達成するために必要な教育内容を抽出した。  
  3. 基本コースは必修研修とし、勤務の時間内で原則おこなう。  
  4. 他施設などで経験のあるものは、どのような研修を修了したかにより、所属の看護師長が判断し、受講するか否かを決定する。

 

【看護専門領域コース(skill up)】  

  1. 当院が基幹診療施設としての役割を果たす「がん看護」「急性期看護」分野や、より専門的な看護を実践 する「高齢者看護」、「看護管理」など自己の能力を積極的に高め、将来のexpertを育成するためのコースを企画した。また、認知症高齢者の看護に必要なユマニチュードを継続的に学ぶためのトピックスコースを企画した。
  2. 原則として、Basicコースからスタートし、Step-Up、Power-Upコースと進むのが望ましい。
  3. キャリアアップを目指す看護師が主体的に学習する選択研修とし、個人の時間内で受講する。

 

※画像をクリックするとPDFで開きます

 

研修領域・項目 研修のねらいと主な内容
倫理、看護観

専門職業人として自己の看護を内省し、看護観を構築する。倫理や看護観をもって患者・家族の意思決定を支援していく。そして一人ひとりが自己成長のために自分の目標にあったキャリアが描けるよう、キャリア支援を行っていく。

また、メンバーシップ・リーダーシップを発揮するために必要な知識・技術・態度を学ぶ。 ともに育つ看護師を育成するために、看護研究や後輩指導に必要な能力を習得する。また組織の一員として、診療報酬や看護管理の基礎について学ぶ。

高齢者看護 高齢者、急性期などハイリスクの対象が多く、新たな褥瘡の発生を防ぐためにスキンケアに関する基礎的な知識・技術を学び、褥瘡予防・褥瘡ケアを実践できる能力を習得する。専門領域コースではさらに失禁ケア・ストマケアなど事例を通して専門的な知識を学ぶ。また認知症看護、せん妄、摂食嚥下など高齢者特有の看護を学ぶ。
がん看護

地域におけるがん診療拠点病院の看護職員として、対象の特徴とがん看護の基本、治療及び症状に対する看護、がんの経過に伴う看護について学び、がんの患者・家族のQOL向上を目指した看護実践ができる能力を習得する。

 

我が国では少子高齢化が進み、「高齢・多死社会」を迎える。看護師は、人々のQuality of Life (QOL)を維持・向上させること、患者の尊厳ある人生の最期を支えるとともにその家族に安心を与えること、つまり“質の高いEOLケアを提供する”という重要な役割を担っている。その役割を果たすために患者のニーズに応じて適切なケアを提供できる知識・技術が不可欠であり、そのための知識・技術を系統的に学習する。 (ELNEC-Jより)

急性期看護 総合救急医療施設として、危機的状況にある対象の理解、病態やフィジカルアセスメントができ、急性期(周手術期含む)における対象への看護実践できる能力を習得する。フィジカルアセスメントについては先輩看護師が後輩へ指導するための技術も習得する。
看護技術 看護師として身につけておくべき基礎知識・技術を学ぶ。日常生活援助技術では、身体に何らかの機能障害がある対象や日常業務の中で起こりやすい場面を想定し、対象の安全、事故防止の視点から援助できるようにシミュレーション教育を通して学ぶ。 診療の補助技術では、薬物療法における誤薬防止の視点を強化して習得する。

医療安全

感染管理

対象にとって安全で安心な療養環境の提供ができるよう、医療事故、ヒヤリハット事例から分析の仕方を学び、医療事故防止対策が実践できる能力を習得する。

また感染管理について正しい知識と、適切な感染予防対策ができる能力を習得する。

災害看護 災害拠点病院の看護職員としての自覚を一人ひとりが持ち、災害時における看護を理解し、実践できる能力を習得する。将来のDMAT隊員の養成も視野に入れ、ラダー教育を実践する。
トピックス 急性期病院へ入院する高齢患者には治療対象となる原因疾患だけでなく、その基礎疾患としての認知機能低下が多く見受けられる。認知機能が低下している高齢者に対してのケアアプローチとしてユマニチュードを学ぶ。

 

平成27年度教育コース別プログラム(PDF)

 

此タ型祐埜鄂Πの育成について

平成22年4月から、新たに業務に従事する看護職員の臨床研修等が努力義務となった。新人看護職員研修ガイドラインでは、新人看護職員研修は看護実践の基礎を形成するものとして重要な意義を有すること、新人看護職員を支える体制の構築の必要性が提示されている。  

看護の質向上、医療安全の確保、早期離職防止に向けて当院での新人看護師の1年間の到達度の目安を示す。

 

新人看護師1年間の到達度

課題 基本的な実施内容、到達度
4月初旬 職場環境に適応する

●社会人としての基礎的な態度を身につける

●看護単位の構造・職員が理解できる

●病棟の看護の特徴を知る

4月

(1ヶ月)

日常業務を理解する

●先輩看護師の活動の見学を通して看護の実際を学ぶ

●看護実践に必要な情報収集の方法を学ぶ

●正常と異常がわかる

●看護記録の方法を知る

5月 指導のもと看護実践を行う

●夜間の患者の状況や看護師の活動を知る

●看護手順を活用し、指導の下に看護実践ができる

●報告、連絡、相談の重要性を理解し、行動できる

●受け持ち患者の安全の確保について理解できる

6月

(3ヶ月)

安全な看護提供に向けた

課題を見出す

●夜間の看護業務の流れがわかる

●割り当てられた業務について指導を受けながら実践できる

●先輩看護師の指導を受けながら優先順位を考えることができる

●自己の健康管理、ストレスマネジメントの方法を見出す

●看護技術の実施状況を確認する

10月

(6ヶ月)

自立に向かっていく

●受け持ち患者の状態を把握し、基本的ニーズが理解できる

●受け持ち患者の看護計画を立案、実践できる

●先輩看護師の患者への倫理的配慮が理解できる

3月

(1年)

ひとり立ちできる

●受け持ち患者の状態をアセスメントできる

●チームメンバーの一員としてメンバーシップがとれる

 

察タ型祐埜郢媚抉臑寮

 

 ※画像をクリックするとPDFで開きます

 

 

新人看護師を支えるためには、周囲のスタッフだけでなく全職員が新人看護師に関心を持ち、皆で育てるという、組織文化の醸成が必要である。新人看護師を支援し、周りの全職員が支え合い、成長することを目指した教育体制をとる。

  1. 新人看護師(プリセプティ):免許取得後に初めて就労する看護職員。自立して個人の目標を定め、主体的に研修に参加することが期待されている。
  2. 先輩看護師(プリセプター):新人看護師の最も身近な相談者として悩みを傾聴し共有する役割を持つ。 新人看護師が社会人として職場や環境に適応できるように支援する。
  3. 先輩看護師(実地指導者):新人看護師や後輩に対して、看護実践に対する実地指導、評価をおこなう。看護師として必要な基本的な知識、技術、態度を有し、教育的指導ができるもの。
  4. 教育担当者(看護師長・副看護師長):各看護単位で研修の運営を中心となって行うもの。実地指導者への指導や助言、新人看護師の到達度の評価をおこなう。看護単位の職員のキャリア開発の支援を行う。
  5. 研修企画・運営組織(教育担当看護師長・教育委員会):研修プログラムの策定、企画、運営実施評価する。Off-JTとOJTが統合できるような研修企画をする。看護単位の教育担当者の支援。
  6. 研修責任者(看護部長・教育担当副看護部長):新人および看護職員全体の研修プログラムの策定、企画および運営に対する指導助言を行うもの。看護職員全体の能力開発が効果的行われるようにする。

 

このページのTOPへ