HOME  >  診療科・部門のご案内  >  診療科紹介  >  脊椎脊髄センター

脊椎脊髄センター

【はじめに】

 日本で最も多い症状である腰痛と肩こり、これらは80%以上の人が生涯の中で1度は経験する症状です。そのほとんどが頚椎や腰椎といった背骨が原因であることが多く、腰痛や肩こりに対する治療法もマスメディアや書籍などで紹介され多数存在しています。しかし、頚椎や腰椎の異常である脊椎疾患に対して安易に民間療法を行うのは非常に危険であると考えられます。整形外科医の中でも脊椎脊髄疾患を専門に扱う、日本脊椎脊髄外科認定指導医の診断を受け、治療を開始するのが最適であると思われます。当センターは日本脊椎脊髄外科認定指導医が完全予約制の外来を設けることで、脊椎脊髄疾患を患う近隣の皆様が安心して時間をかけて相談することが可能であり、専門医による最適な治療を提供できることを目的として開設いたしました。最先端で低侵襲の手術法を導入して早期社会復帰を目指すとともに、決してover surgeryにならず患者さんの状態に合わせた手術法を提示するオーダーメードの脊椎手術治療を行うことをポリシーとしております。また東京医療センターは全診療科が揃い、多方面での治療が可能な病院です。近年の高齢化社会により、脊椎疾患に加え様々な持病をお持ちの方が増えています。そのような方々に対しても、他科との連携を行うことで比較的安全に手術を行えるということが当院の特徴であると考えています。脊椎脊髄疾患による症状を改善し、速やかに社会復帰できるようスタッフ一同努力していく所存です。

 

【取り扱う主な疾患】

1 頚椎症性神経根症および頚椎症性脊髄症

 頚椎が加齢性に変化することによって椎間板の変性、脊柱靱帯の肥厚、骨棘の形成などが起こり、その結果として椎間孔や脊柱管が狭くなります。これにより神経組織(神経根や脊髄)が圧迫され、手指や腕の痛みやしびれが出現します。病状が進行すると手指の細かい作業ができない(巧緻運動障害)、歩行障害、膀胱直腸障害などの症状が出現してきます。神経根症であれば手術を行わない保存治療が主体となりますが、巧緻運動障害や歩行障害が認められる場合には神経のスペースを大きくする脊柱管拡大術という手術が必要になります。当センターでは顕微鏡視下選択的椎弓形成術と片開き式椎弓形成術とを行っています。選択的椎弓形成術では筋肉をあまり切らずにすむので、後頚部の筋肉へのダメージが低減し術後の疼痛が少ないことが多いです。

 

 

2 頚椎後縦靱帯骨化症

 頚椎椎体の後面に付着する後縦靱帯が骨化してしまう難病です。原因は現在でも不明であり、厚労省研究事業の研究班を中心に原因の究明が続けられています。また、国から難病指定されているため、審査に通れば医療費の支給が認められます。後縦靱帯骨化が大きくなると、脊髄の圧迫が生じて巧緻運動障害や歩行障害、膀胱直腸障害が出現し、片開き式椎弓形成術が必要となることがあります。

 

 

 

3 頚椎椎間板ヘルニア

 頚椎の椎体と椎体の間に存在する椎間板という組織が突出して神経組織を圧迫した状態です。突出する場所や大きさによって無症状のこともありますし、神経根症状として腕のしびれや、脊髄症状として巧緻運動障害や歩行障害、膀胱直腸障害が出現することもあります。神経根症状の場合、ほとんどは保存療法で軽快することが多いですが、脊髄症状が認められる場合は手術を必要とすることが多いです。手術法は前方から椎間板を切除して直接ヘルニアを取りにいく前方固定術を中心に、症例によって後方からヘルニアを切除するとともに神経のスペースを大きくする椎間孔拡大術も実施しております。

 

 

4 環軸椎亜脱臼

 環椎(第1頚椎)と軸椎(第2頚椎)の不安定になり半ば脱臼したような状態になる疾患です。慢性関節リウマチの患者さんに多くみられることも特徴です。治療法は頚椎装具などの固定を中心に行いますが、症状の改善が認められない場合には頚椎をスクリューで固定をして安定化する手術が必要となります。

 

 

5 腰椎椎間板ヘルニア

 腰椎の椎体と椎体の間に存在する椎間板という組織が突出して神経組織を圧迫した状態です。症状としては腰痛や足のしびれ、進行すると足の筋力低下や膀胱直腸障害が出現します。腰椎椎間板ヘルニアの約半数は無症状であり、症状が出現したとしても約70%はおよそ3-4ヶ月で自然消退することがわかっています。しかし腰痛や足のしびれが強く日常生活に支障を来している場合や、薬物療法で改善しない場合には硬膜外ブロックや神経根ブロックなどがまず行われます。ブロック治療でも症状が改善しない場合や、筋力低下または膀胱直腸障害が認められる場合は手術療法をおすすめします。当センターでの腰椎椎間板ヘルニアに対する手術療法は、約3.5cmの皮膚切開で行う顕微鏡下椎間板ヘルニア切除術や、約2cmの皮膚切開で行う内視鏡下椎間板切除術(MED)を行っています。

 

 

 

6 腰部脊柱管狭窄症

 加齢による腰椎の変形や黄色靱帯の肥厚によって馬尾神経が存在する脊柱管が狭くなる疾患です。腰部脊柱管狭窄症では様々な症状が出現しますが、代表的なものとしては臀部痛や間歇性跛行などが挙げられます。間歇性跛行とは、歩いてしばらくすると足のしびれや足の力が入らなくなりますが、腰を前屈みにして休むとまた歩けるようになるという症状です。リハビリや薬物療法などで約60%の割合で改善することが多いですが、改善しない場合には硬膜外ブロックや神経根ブロックを行います。これらの治療でも改善しない場合や、末期症状である膀胱直腸障害や筋力低下が認められる場合には手術療法をおすすめします。当センターでの腰部脊柱管狭窄症に対する手術療法は、約4cmの皮膚切開で背筋付着部を温存できる棘突起縦割式椎弓切除術を基本として行っています。脊椎の不安定性が強い場合や、変性側弯による症状が認められる場合には脊椎固定術を併用して手術を行うこともあります。

 

 

 

7 腰椎すべり症

 椎間板の変性が原因で発症する腰椎変性すべり症と、腰椎分離症(腰椎の疲労骨折が原因であることが多い)が進行して発症する腰椎分離すべり症とがあります。いずれも腰椎に不安定性を生じて足のしびれや腰痛を発症します。治療には脊柱管狭窄症と同様に薬物療法やブロック療法が主体となりますが、これらの治療で改善がない場合には手術療法が選択されます。当センターでは小さな皮膚切開で筋肉をできるだけ温存した最小侵襲脊椎安定術(MISt)を症例に応じて行っています。これにより旧来の約4週間程度必要だった入院期間が大幅に短縮され、早期社会復帰が可能となっています。

 

 

 

 

 

8 成人脊柱変形

 腰椎変性側弯症や脊柱後側弯症などの成人の変形した脊柱にも手術的に対応しております。腰椎にインプラントを挿入して脊柱を矯正・固定する手術が中心となります。近年では低侵襲の側方経路椎体間固定術(OLIF、XLIFなど)が本邦でも導入され、当院でも積極的に行っております。強力な脊柱矯正力と神経に対する間接除圧効果があり良好な成績が得られております。

 

 

9 骨粗鬆症性椎体骨折

 骨粗鬆症がある場合、軽い外傷で脊椎がつぶれてしまう圧迫骨折という状態になることがあります。近年の超高齢化社会を目前に控え、骨粗鬆症性椎体骨折の数は増加傾向にあると言えます。人体の屋台骨である脊椎が骨折するため、動くことができずに長期の安静を強いられることも少なくありません。通常、骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療は、骨粗鬆症の治療に加えてコルセットなどの装具療法を主体に行います。しかし、この治療によっても症状が改善しない場合や、骨折によって神経がダメージを受けてしまっている場合には、手術療法が選択されます。当センターでは症例に応じて、1cmの皮膚切開よりバルーンを用いて行う経皮的椎体形成術(BKP)や、人工骨を使用した椎体形成術に最小侵襲脊椎安定術(MISt)を併用した手術法を中心に行っています。従来の大きく皮膚を切開して行う手術よりも、創の痛みが少なく早期離床が可能となっています。

 

 

 

  

 

10 脊髄腫瘍

 脊髄や馬尾から発生する腫瘍や癌の転移などのことを指します。腫瘍の発生する部位によって硬膜外腫瘍、硬膜内髄外腫瘍、硬膜内髄内腫瘍とに分けられ、当センターでは髄内腫瘍以外の腫瘍であれば対応することが可能です。治療としては腫瘍が自然と消退することはあまりないため、手術療法で摘出する場合がほとんどです。手術には的確で緻密な技術が必要とされるため、当センターでは手術用顕微鏡を用いて手術を行っています。

 

  

 

【スタッフ紹介】

 

氏 名 職 種 専 門 医 等
加藤 雅敬 副脊椎脊髄センター長

日本整形外科専門医

日本整形外科脊椎脊髄病医

日本脊椎脊髄病学会指導医

田島 秀之 脊椎脊髄センター員

日本整形外科専門医

日本整形外科脊椎脊髄病医

 

【年度別脊椎手術件数】

 

 

【脊椎脊髄センター受診を希望される方へ】

 当センターを受診していただくには診察日の予約と医療機関からの紹介状が必要です。その理由は症状やその経緯についてじっくりお話をお聞きさせていただきたいということと、当センターで実施できる治療は比較的侵襲の高い治療(入院してのブロック注射や手術)に限られているということです。すなわち物理療法や薬物療法、簡単なブロック療法などは、近隣の整形外科開業医院で行っていただいており、当センターは開業医院での治療が無効であったときの、最後の砦としての位置づけになっております。今までの治療経過を把握するためにも必ず紹介状は持参の程、お願い致します。 お問い合わせに関しては当院整形外科外来へ直接お電話をください。

このページのTOPへ