HOME  >  診療科・部門のご案内  >  各部門のご紹介  >  看護部  >  専門・認定看護師紹介

専門・認定看護師紹介

専門看護師

がん看護専門看護師 1名
リエゾン精神看護専門看護師 1名

 

認定看護師

感染管理認定看護師 4名
救急看護認定看護師 2名
集中ケア認定看護師 2名
皮膚・排泄ケア認定看護師 4名
緩和ケア認定看護師 2名
がん性疼痛看護認定看護師 2名
がん化学療法看護認定看護師 3名
がん放射線療法看護認定看護師 1名
乳がん看護認定看護師 1名
糖尿病看護認定看護師 1名
摂食・嚥下障害看護認定看護師 1名

 

 

 

 

 

がん看護専門看護師

がん患者さんとご家族のQOL維持のために支援いたします。
例えば、がんまたは再発診断をされたことで、治療やこれからの生活に戸惑いがある場合、家族にどう伝えたらいいのか悩んでいる場合(特に子どもにどう伝えるか悩んでいるなど)、また身体症状(痛み、息苦しさ、だるさ、吐き気など)や精神症状(不安、不眠、落ち込みなど)で困っている場合など、一緒に考え、よりよい方向性が見出せるように支援します。

 

 

リエゾン精神看護専門看護師

身体疾患の患者さんは、病気、治療、入院などのストレスから、精神的に不安定になったり、理解できない行動が起こったりすることがあります。精神疾患の患者さんが、身体の治療が必要になることもあります。リエゾンは、連携する、橋渡しをするという意味があります。リエゾンナースは、精神科リエゾンチームの一員として、身体科と精神科をつなぎ、包括的で質の高い看護をみんなで行うことを目指しています。また、看護師のメンタルヘルス支援、精神に関する教育についても活動しています。


感染管理

感染管理認定看護師の活動は、病院に関わるすべての人々が対象です。
院内感染防止を徹底することで、医療、看護の質向上に貢献しています。最新の知識、技術を用いすべての人々が正しくかつ効果的に院内感染防止対策が実践できるよう心がけています。
具体的には、ICT(Infection Control Team)の一員として医師、薬剤師、検査技師等と協力し院内感染が発生しないよう臨床現場の監視、情報収集、指導等組織横断的な活動を行っています。

 


救急看護

救命救急センターには緊急度・重症度の高い患者さんが多く来院します。心身ともに危機的状態にある患者さん・ご家族に対して身体的・精神的苦痛を少しでも軽減できるよう、スタッフと共に日々活動しています。限られた時間の中で意思決定が迫られる場面では、患者さんやご家族に必要な情報を提供し、意思決定支援に繋げられるよう取り組んでいます。また、院内外での教育活動や呼吸ケアチームの活動を通して、質の高い看護が提供できるよう努めています。]

 

 

集中ケア認定看護師

集中ケアを必要とする患者さんは、生命の危機状態にあり重篤化する可能性や合併症のリスクが高い状態にあります。そこで、病態変化を予測した重篤化の回避や廃用症候群などの二次的合併症を予防するために早い段階からリハビリテーションを行い、より良い状態で早期に回復できるよう取り組んでいます。また、院内のクリティカルケア領域の教育活動や呼吸ケアチームの活動を通して、重症であっても患者さんのQOLに目を向けた最適な看護ケアが提供できるよう支援しています。

 


皮膚・排泄ケア

褥瘡(床ずれ)などの創傷ケア(Wound)・ストーマケア(Ostomy)・失禁ケア(Continence)の3領域を専門としています。
3領域に共通するスキンケアの知識を活用し、予防的・治療的な質の高いケアが提供できるように日々活動しています。
ストーマケアは手術から退院後まで長期的なフォローアップを行っています。専門外来を行っており、退院後の装具の選択やオストメイトの日常生活についての相談などを受けています。

 


緩和ケア

緩和ケアの目標は、患者さんの苦痛症状の緩和、それを取り巻く家族のQOLの向上です。
患者さん・ご家族は、病気と診断されたときから様々な思いや症状を抱えながら闘病されています。その思いを伺い、苦痛症状を少しでも緩和できるように専門的な知識・技術をもとにケアを提供しています。

 


がん性疼痛看護

がん性疼痛のエキスパートとして、痛みのアセスメントやケア・薬剤の使用方法や効果判定について患者さんや家族への介入・スタッフ指導・コンサルテーション活動を行っています。
緩和ケアチームの専従看護師として、痛み以外の症状や療養上の不安・家族のサポートなどもチームメンバーや病棟スタッフと共に行っています。

 


がん化学療法看護

がん化学療法看護のエキスパートとして、がん化学療法を受ける患者や家族が、できるだけ安楽に治療ができるよう副作用のコントロ−ルやセルフケア支援を行っています。
また、看護師が質の高いがん化学療法看護ができるよう、スタッフへのコンサルテーションも可能な限り行っていきます。
最新のがん化学療法を安全に取り扱えるよう、多職種とのチーム医療にも積極的に取り組んでいます。

 


がん放射線療法看護

患者さんが放射線治療をスムーズに進め、治療効果が高まるようにサポートしていきます。具体的には、放射線治療計画から副作用を予測し、予防的な観点でケアが出来るように関わります。放射線治療の副作用を出来る限り悪化させず、治療を中断させずに最後まで実施できるよう支援を行っています。
また、治療後の継続的な支援や症状緩和のための治療を受ける際の精神的支援も他職種と協働して取り組んでいます。

 


乳がん看護

乳がんに関する専門的な知識と技術を持ち、乳がん治療への支援やリンパ浮腫予防のためのアドバイス、ボディイメージの変容に対する相談・支援や治療決定上の情報提供などを行います。告知を受けた後、多くの人が病気や治療への不安、生活上の不安を抱えていらっしゃいます。その多くの不安の相談・支援に当たっています。

 


糖尿病看護

糖尿病と診断された人は、食事や運動などの日常生活習慣を見直し、内服薬やインスリン注射などによる治療を新たに生活の中に取り入れ、生涯にわたって自己管理を継続していく必要があります。
私たちは、血糖パターンマネジメント、フットケア技術などの特化技術を用いて、合併症の発症・悪化を防ぐとともに、毎日の生活を健康的に自分らしく過ごしてもらうことを目指して、生涯続く患者さんのセルフケアや療養生活を支援していきます。

 

 

 

摂食・嚥下障害看護認定看護師

摂食嚥下障害は、脳血管障害(脳卒中)や加齢など様々な原因で起こります。

何らかの原因により、口から食べることが困難となった患者さんが、どうしたら口から食べることができるか、医師や言語聴覚士など他の医療専門職、病棟看護師と協働し、食事形態や食事姿勢の調整を行います。患者さんが、長年、培われた食生活を尊重しながら、
「口から食べる」を支援していきます。
 

このページのTOPへ