医薬品管理室

医薬品管理室

医薬品管理では、主に医薬品の在庫管理(発注、検収)と品質管理の業務を行い、病院で使われている約1600種類の医薬品を管理しています。
   在庫管理では、日々の医薬品の使用量及び在庫量を把握して、在庫量の適正化を図り、正確かつ迅速に供給できるよう医薬品卸売業者に発注を行っています。検収では発注した通りに医薬品等が納品されているかを確認しています。その際、使用期限や製造番号を確認し、また搬入までの品質保持に問題がないかなど細心の注意を払っています。
   品質管理では、医薬品の品質や安全性を確保するため、法規則、保管条件(温度・湿度・遮光)等を順守して、医薬品の保管を行っています。
 

      

    バーコードリーダーを使った発注作業          在庫管理システム                                   

 

    

      検収作業

このページのTOPへ