臨床検査科

【臨床検査科 理念】
    私たちは、医療技術の一員として、正確で質の高い臨床検査を常に提供し、信頼される
  検査科を目指します。

    臨床検査科は病院内の「検体検査」と「生理検査」を受け持ち、中央診療部門の
  一つとして機能し、各診療科から利用されています。
 
検体検査

患者さんの身体から採取された血液、尿や糞便、痰、さらに組織などを分析する検査です。生化学検査、免疫血清検査、血液検査、一般検査、病理検査、微生物検査があります。

生理検査

患者さんの身体から発する微弱な電気信号や情報などを、装置に取り込んで行う検査です。超音波検査、心電図検査、呼吸機能検査、脳波検査などがあります。

その他

血液型などの輸血関連の検査や、輸血用血液の管理を行う血液管理室があります。2012年5月、外来採血室内に「検査相談室」を設置しました。

 

 

生化学・免疫・血液・一般 病理検査室 微生物検査室
生理検査室 血液管理室 検査相談室

 

 

「各部門のご紹介」ページヘ戻る

このページのTOPへ