調剤室

調剤風景

錠剤やカプセル剤は一粒ずつ包装(PTP: Press Through Package)されているものが多く、それらを処方箋の内容と確認しながら調剤を行います。また、同じ名前のおくすりでも、有効成分の量が異なるおくすりもあります。今一度、皆さんのお手元にあるおくすりをじっくりご覧になってはいかがでしょうか。

 

 

散薬・水剤等監査システム

錠剤の内服が困難である患者さんのために、散薬、水薬があります。
当センターは医師がオーダリングシステムで処方し、散薬、水薬は各々の監査システムへデータが送られます。発行された処方箋と、そのシステムを基に薬剤師が調剤しています。監査システムは薬品ごとにバーコードで管理し、薬品の取り違い、はかり間違いを防止しています。また、同じ部位に軟膏類を2種以上使われる患者さんのために軟膏類の混合調剤も行っていますが、この時もバーコードを利用した上記の監査システムが使われています。

 

 

錠剤分包機

当薬剤部には錠剤自動分包機が導入されています。この機械を使って、錠剤・カプセルをまとめて飲めるように服用毎に一包化し、飲み間違いや飲み忘れを防ぐため入院患者さんのお名前、服用する時間、薬品名等を一包ごとに印刷してお渡ししています。

 

 

院外処方せんについて

病院でのくすりの待ち時間が長い、複数の病院にかかってくすりが重複してしまった、などの問題を解消するために院外処方せんを発行しています。かかりつけ薬局でくすりのチェックや服用方法をていねいに説明します。

 

FAXコーナー

医薬分業により当院でも院外処方せんを発行しています。
院外処方せんFAXコーナーより、院外薬局(かかりつけ薬局)に処方内容をファックスしておくことで薬局でのおくすり待ち時間を短縮することができます。ご利用ください。

 

このページのTOPへ