HOME  >  病院をご利用の皆様へ  >  当院での先進医療について  >  当院での先進医療について

当院での先進医療について

先進医療とは

 先進医療は、平成16年12月の厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣等との「基本的合意」に基づき、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとされているものです。

 また、先進医療は、健康保険法等の一部を改正する法律(平成18年法律第83号)において、「厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養」として、厚生労働大臣が定める「評価療養」の1つとされています。

 

先進医療にかかる費用について

先進医療にかかる費用は、次のように取り扱われます。

 

「先進医療にかかる費用」は、全額患者さんの自己負担(保険適応外)となります。また、先進医療にかかる費用は種類や病院によって異なります。

 

「先進医療にかかる費用」以外の、通常の医療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)の費用は、保険適応となります。

 

患者さんは「先進医療にかかる費用」+「保険給付にかかる一部負担金」をお支払い頂くこととなります。

 

保険給付に かかる一部負担金については、高額療養費制度が適用されます 。

 

当院で実施している先進医療

平成27年9月1日現在

 

腹腔鏡下広汎子宮全摘術


  腹腔鏡を使用して広汎子宮全摘術(子宮全摘術、骨盤内リンパ節切除)を行うことにより、従来の開腹による手術と比較し、患者様に対してより低侵襲な手術が可能になります。その結果として、患者様の肉体的負担が軽減し、また、入院期間短縮による経済的負担の軽減にも貢献できる点において、極めて先進性のある手術です。

先進医療に係る費用:670,000円
担当診療科:産婦人科

 

先進医療の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。(厚生労働省ホームページ)

このページのTOPへ