HOME  >  病院をご利用の皆様へ  >  人間ドック・健診  >  PET健診について

PET健診について

PET健診のご案内

1. PET検査 (事前説明、祝日を除く月曜〜金曜日撮影(1日2名まで)、

   担当医師より説明を希望される場合 (水曜日午後:1日7名まで) 

【検査内容】 PET/CT検査 料金 129,600円
  • 当院のPET健診は、PET/CT装置を使って、がん細胞が正常細胞に比べて、多くのブドウ糖を細胞内に取り込む性質を利用し、ブドウ糖が多く集まっている場所から、「がん」を発見する方法です。
    PET/CT装置とはPETとCTが一体型になったもので、一度の撮影でPETとCTの両方の画像が得られます。PET単独の装置に比べてCTの形態情報をあわせた画像が得られ、より明確に病変部位の範囲や診断が出来るものです。PETには、多くのメリットがあり、たとえば、がんのPET検査は全身を一度に撮影するので「がん」の転移や再発の場所を調べるのに大変役立つものです。
       この検査では、F-18-FDGと言う、ごく少量の放射性物質を含んだ検査用ブドウ糖類似薬を静脈に注射します。その後、全身の臓器・組織に集まる様子を撮影して、悪性腫瘍や炎症の有無・範囲などを調べます。一般的にがん細胞は、正常細胞に比べて多くのブドウ糖を細胞内に取り込んで消費します。この性質を利用して、ブドウ糖が多く集まる「がん」を検出します。通常開始から終了まで2時間前後(注射後約1時間の安静後、約30分の撮影)を予定していますが、種々の事情により延長する場合がありますので、ご了承願います。
       診断精度について、PET/CT検査は革新的な「がん」の検査法ですが、完璧と言うわけではありません。例えば炎症性疾患、甲状腺腫瘍や大腸ポリープなどの良性疾患にも「薬」の集積が認められる場合もあります。悪性度の低いがんや一部がん化しているなど、がん細胞の占める割合の少ない腫瘍では検出されない可能性があります。また、臓器の生理的な機能によって正常でも薬が集まる場合があります。このような場合に、原因を確かめるために別途検査をお勧めすることがあります。一部に早期発見が困難ながんもあります。
    発見しにくいがんとは、膀胱・尿管のがん、腎臓がん、胆のうがん、胆管がん、肝細胞がん、胃がん、十二指腸がん、小腸がん、前立腺がん、(すべての臓器の)微小ながんなどです。
       PET/CT検査に使用するお薬(FDG)と被ばくについて、先程述べましたがこの検査で静脈に注射する「薬」は、ブドウ糖誘導体にごく少量の放射性物質を標識したものでF-18-FDGと言います。この薬(FDG)はPET/CT検査では広く使用されており、現在まで、重篤な副作用の報告はありません。放射能を持つ「薬」であることから、少量の放射線被ばくを受けますが、その値は胃透視1回分程度です。CTを同時に行うとCT検査分の放射線被ばくが加わります。最大限胃透視2〜3回分程度です。これによる将来にわたって起こりうる放射線障害を心配する必要はありません。
  • 申込み方法は、電話または直接来院にて、申込み手続き、日程予約(事前説明日、検査日、結果説明日)をしていただきます。電話申込みの方へは「申込書とPET健診受付票」を送付いたします。
  • 毎週祝日を除く月曜日〜金曜日にPET/CT検査を行い、翌週水曜日午後に放射線専門医から結果説明をいたします。終了後に「PET健診結果報告書とPET/CT検査画像のCD-ROM」をお渡しします。
    結果郵送を希望の方には「PET健診結果報告書とPET/CT検査画像のCD-ROM」をお送りします。
  • 料金のお支払いは事前説明時(49,680円)、検査終了後(79,920円)に、外来棟1階会計窓口にてお支払い下さい。
       PET/CT検査に使用する検査薬は、半減期(寿命)が短いのが特徴です。そのためあらかじめ受診される方おひとりおひとりの受診日時に合わせて専用の薬剤を用意します。そのため検査薬剤費用49,680円は、事前説明日の支払とさせて頂き、PET/CT検査終了後に残り79,920円を外来棟1階会計窓口で支払って頂きますので、予めご了承下さい。なお、検査日時の変更をご希望の場合は必ず検査実施日の2日前の15時、その日が「土日祝日年末年始(以下休日等という)」に当たる場合は、休日等の前日の15時までにご連絡下さい。前記の時間以降のキャンセルはご遠慮下さい。検査時刻に遅れると検査できないことがあります。前記時間以降のキャンセルや予定時間を大幅に(30分以上)遅れたために検査が実施できない場合、検査薬剤費用の返金に応じかねますのでご了承下さい。
    <注意事項>次の方は検査を受けられませんのでご了承下さい。
    1. 妊娠している可能性のある方
    2. 極度の閉所恐怖症の方
    3. 糖尿病の可能性があり、特に検査当日の空腹時血糖値が200mg/dlを超える方
      糖尿病の方などで、検査当日の空腹時血糖値が200mg/dlを超える方は検査が出来なかったり、検査結果の信頼度が著しく低下する場合がありますから、事前に必ずご相談下さい。

【PET健診フロア案内図】

 

このページのTOPへ