HOME  >  担当診療科の紹介  >  神経内科

担当診療科の紹介

診療科の概要

目黒・世田谷地区にある急性期病院で、各診療科がそろっている病院での脳神経疾患の診療を行っています。神経救急を中心として脳卒中はもちろんのこと、神経免疫疾患、神経感染症などを幅広く診療しています。専門医取得への症例も、指導医とともに直接担当して経験、修練を積むことができる環境にあります。敷地内の住居への入居は基本的に可能で、職住近接での研修への専念も可能、初期研修医や他科の同世代の医師との交流もできるため、診療科にしばられず、研修や臨床経験も積むことができます。

 

スタッフ

スタッフ:2名(医長 2名) 

非常勤医師:2名

レジデント(専攻医):4名

診療科全体の医師数:6名(男性:5名、女性:1名)

うち専門指導医数:2名

 

専門研修プログラム名および全研修期間
(うち東京医療センター以外での研修期間)

国立病院機構東京医療センター内科専門医育成プログラム神経内科サブスペシャルティコース

3年〜5年(原則として1年間)

 

全研修期間のスケジュール例

例 内科サブスペシャルティ重点コース(4年コース)

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年 神経内科 選択科 選択科 選択科
2年 連携施設研修 連携施設研修
3年 選択科 選択科 選択科 神経内科
4年 神経内科
5年 内科専門医試験受験・神経内科専門医試験受験

*選択科:希望の科。他科を希望しない場合は神経内科。

 

年次ごとの主な流れ
研修項目 研修場所・内容 研修期間
1年目
臨床神経 神経内科入院患者を中心とした診療 6〜12ヶ月
脳波・筋電図 臨床検査科生理検査室にて指導医の下で検査
神経放射線 神経内科/放射線科にて指導医の下で研修
選択 希望により、院内内科系他科ローテート(1〜3科) 0〜6ヶ月
2年目
内科全般・臨床神経 他施設にて研修 12ヶ月
3年目
臨床神経 神経内科入院患者を中心とした診療 6〜12ヶ月
脳波・筋電図 臨床検査科生理検査室にて指導医の下で検査
神経放射線 神経内科/放射線科にて指導医の下で研修
選択

希望により、院内他科ローテート(1〜3科)

(内科系他科、脳外科、救急科、精神科、リハビリ科、他

0〜6ヶ月
(4〜5)年目
臨床神経 病棟:神経内科チーフレジデント 12〜24か月
外来:指導医の下で外来患者の診療
選択

希望により、専門施設において指導医の下で研修

(筋疾患・筋病理、てんかん、小児神経、神経病理、他)

0〜12ヶ月
臨床研究 東京医療センターにて臨床研究 0〜24か月
希望により関連施設にて臨床研究、基礎研究 0〜12か月

 

プログラムの特徴

  • 将来設計にあわせて おのおののレジデント/専攻医の希望に配慮した研修プランが実施できます。
  • 他病院との交流実績(慢性期疾患;筋ジスなどの医療機関)もあり、その経験も希望があればカリキュラムに盛り込めます。
  • 連携施設は近隣にもあり 個人の事情に応じたカリキュラムも設定できます。
  • プログラムの定員は 内科全体で25名/年との制限のみで 流動的な運用が可能
  •  平成30年度の神経内科採用者数:1名 大学病院からの1年年限での研修者:1名

プログラムはこちら

 

症例数一覧(2017年度実績)

症例 数(年間)
1 脳出血  47
2 脳梗塞  124
3 TIA・その他の脳血管障害  14
4 アルツハイマー病・その他の認知症  1
5 パーキンソン病・パーキンソン病関連疾患  19
6 多系統萎縮症  4
7 脊髄小脳変性症  4
8 筋萎縮性側索硬化症  14
9 多発性硬化症・NMO  6
10 髄膜炎・脳炎・膿瘍  3
11 脳腫瘍  3
12 正常圧水頭症  1
13 脊髄炎  3
14 その他の脊髄疾患(脊髄梗塞)  1
15 ギラン・バレー症候群・フィッシャー症候群  10
16 その他のニューロパチー  5
17 筋疾患  5
18 重症筋無力症  3
19 てんかん・痙攣・不随意運動  50
20 頭痛・めまい  5

 

手技・検査・手術等一覧(2017年度実績)

手技・検査・手術 等 数(年間)
1 筋電図/ 神経伝導検査 75
2 筋生検 2
3 脳波判読 450

 

施設認定

  • 内科学会
  • 神経学会
  • 脳卒中学会

での認定があり、当院のみでの研修で専門医受験資格は得られます。

 

連携施設

  • 国立病院機構(東埼玉病院、箱根病院、埼玉病院 など)
  • 慶応義塾大学病院
  • 国家公務員共済組合立川病院
  • さいたま市立病院  他

 

当直業務等

当直は内科全体の当直体制に参加しています。毎月土曜日曜祝日に1回、平日1〜2回前後です。

オンコールは火曜・木曜夜間の血栓溶解療法での診療を行っています。

週末は交代制で病棟からの急変時などの連絡に対応します。(いずれも自宅を含め他院外待機で可)

 

週間スケジュール

 
午前   チャート カンファレンス      チャート カンファレンス
筋電図 外来   外来 筋電図
午後     新入院 回診    

リハビリ カンファレンス

(月1回)

  抄読会/勉強会    

 

各カンファレンスの解説

チャートカンファレンス 入院全患者の病状/診断、治療の検討確認
リハビリカンファレンス リハビリテーション科医師、療法士と合同での入院症例の検討会
抄読会 初期研修医とともに論文を抄読する

 

研修修了後の進路

研修後の進路は、各個人のキャリアアップを目指す中で、当院での勤務、大学院への進学、大学病院での勤務、他の病院(国立病院機構、公立病院ほか)での勤務と過去の研修修了者を振り返っても様々です。希望に添えるよう細かな支援しています。

 

研修中の専攻医の声

卒後6年目、神経内科後期研修医として4年目の医師です。当院神経内科は神経救急(脳血管障害、痙攣/てんかん、神経感染症、自己免疫性炎症疾患)から変性疾患、筋疾患と経験できる症例が非常に豊富です。神経伝導検査・針筋電図や脳波読影などの神経電気生理検査の症例数も多く、筋生検も神経内科医師自らで行います。また、中心静脈カテーテル、経口気管内挿管等の救急時に必要な手技も身につき、血行再建(血栓溶解療法、血栓回収療法、頚動脈ステント留置)も脳神経外科と合同で行っています。急性期疾患から慢性期疾患まで経験できること、神経内科として必要な検査・手技が身につくこと、さらに神経内科スタッフ同士が非常に仲の良いところが当院神経内科の魅力だと思います。

 

指導医の声

東京医療センターは東京都区西南部地域の中核病院であり、3次救急の受け入れをしています。そのため、神経内科は神経救急疾患、脳卒中診療の中心をはたしているとともに、免疫疾患(視神経脊髄炎、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群、CIDP、多発性硬化症)、感染症(脳炎、髄膜炎、プリオン病)、変性疾患(パーキンソン病類縁疾患、脊髄小脳変性症、認知症)などの多彩な疾患を有した方の診療に当たる事が出来ます。他の内科診療も盛んであるため、複数診療科が関わるような疾患の経験も容易に出来ます。今まで学んできた知識を実地で活かす良き機会が得られると思います。この先の礎になるような実地的な経験がつめる事をお約束できます。悩みや苦労を我々とともに分かち合いながら、この貴重な数年間を過ごしませんか?

 

病院見学について

病院見学は適宜受け付けています。窓口は当院へメールで申し込んで下さい。当科の雰囲気を確認しにきてください。

 

最後に

内科学会総合内科専門医、神経学会神経内科専門医、脳卒中学会専門医を取得する際に必要な症例は当院での研修で十分を得られます。各分野の指導医が在籍しており、取得に向けた指導は当院での研修で得られます。特に内科専門医資格受験に必要な多くの講習は院内で受講が可能です。また、専門医試験を受験するために希望があれば延長して在籍することも対応できます。各診療科内の人員が多くはないので、自由で親しみやすい雰囲気が維持できています。当院全体には2〜30歳台の医師が非常に多く勤務しています。立場はレジデント/専攻医、初期研修医、スタッフなど異なりますが、同世代の医師とのつながりを持ち、互いに “教え” “教えられ” ることで切磋琢磨できる環境があります。そのような環境に身をおいて、内科医師として、神経内科医としての土台作りをしてみませんか?

病院見学についてはこちらをご覧ください

 

2020年度専攻医(後期研修医)募集要項

  • 治験のお知らせ
  • 人間ドック・健診
  • 職員募集
  • 感覚器センター
  • がん診療
  • 医療連携
  • 市民公開講座

 

このページのTOPへ