HOME  >  担当診療科の紹介  >  消化器内科

担当診療科の紹介

診療科の概要

高度急性期の一般病院の特徴を生かし、短期間で効率よく他領域の内科症例を経験するとともに、多くの消化器領域の症例、手技を経験できる専門研修プログラムです。3次救急指定病院のため、特に消化管出血に対する緊急内視鏡・止血術、総胆管結石・胆管炎に対するERCPが豊富で、食道・胃・大腸早期癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、大腸ポリープに対する内視鏡的摘除術、食道静脈瘤の内視鏡的治療も数多く行っています。消化器内科医として経験すべきcommon diseaseに関しては3年間の研修にてほぼ一通り網羅することが出来ます。各自の希望に応じて、他科研修や連携施設研修の内容、時期を決めることができます。研修終了後は慶應義塾大学を初めとした大学への入局が中心ですが、大学で研究を行う前に、当院における研修で消化器内科医として十分な臨床経験を積むことができます。

 

スタッフ

スタッフ:7名(医長、常勤の合計)

レジデント:4名

診療科全体の医師数:11名(男性:8名、女性:3名)

うち専門指導医数:6名

専門研修プログラム名および全研修期間
(うち東京医療センター以外での研修期間)

消化器内科サブスペシャルティコース

3年または4年(うち東京医療センター以外で1年間)

 

全研修期間のスケジュール例

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年 呼吸器科 循環器科 膠原病科 神経内科 血液内科 腎臓内科
2年 消化器科
3年 連携施設研修

 

プログラムの特徴

  • 消化管、肝胆膵、内視鏡、炎症性腸疾患、がん薬物療法など各分野の専門医師による統合的な専門研修が受けられます
  • 消化器科臨床の知識、検査、治療に関して、理論と技術の両面から基礎から最先端まで研修できます
  • 臨床研究に関する研修体制も充実しており、臨床医から研究者まで、将来の可能性が広がります
  • プログラムの定員:3名/年(内科全体では25名)
  • 平成30年度の採用者数:1名(消化器内科の採用者)

プログラムはこちら

 

症例数一覧(2017年度実績)

疾患名 症例数 疾患名 症例数
消化管出血 231  急性肝炎  35
食道静脈瘤 18 C型慢性肝炎 3
食道癌 54 肝硬変 38
胃十二指腸潰瘍 54 肝細胞癌 50
胃癌 114 急性膵炎 52
腸閉塞 38 膵癌 74
炎症性腸疾患 18 急性胆嚢炎、胆管炎 146
大腸癌 64 総胆管結石症 44
大腸ポリープ 243 胆道癌 74

 

手技・検査・手術等一覧(2017年度実績)

検査・治療 件数
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ) 3320件
大腸内視鏡検査 2434件
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP) 278件
緊急内視鏡検査(上・下部消化管、ERCP) 466件
内視鏡的食道静脈瘤硬化療法・結紮術 20件
消化管出血に対する内視鏡的止血術 120件
消化管ブジー。消化管ステント挿入術 104件
早期食道癌・胃癌、胃腺腫に対する内視鏡的粘膜下層剥離術 121件
大腸ポリープ・早期癌に対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術 1276件
大腸腺腫・早期大腸癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術 63件
カプセル内視鏡 23件
小腸内視鏡 11件
超音波内視鏡(EUS) 72件
肝癌に対する肝動脈塞栓術 35件
肝生検(肝腫瘍生検含む) 45件(19件含む)
C型慢性肝炎に対する経口抗ウイルス治療(DAA) 51件
Fibroscan(非侵襲的肝線維化脂肪化測定)検査 850件

 

学術業績一覧(2017年度実績)

学会発表(国内)42件

 (レジデント筆頭が7件)

学会発表(海外)8件

 (レジデント筆頭が3件

  シカゴ・バルセロナ・ドバイへ出張)

論文(和文)20件

 (レジデント筆頭が1件)

論文(英文)42件

 (レジデント筆頭が6件;下記参照)

レジデントが筆頭の英文論文リスト
  1. Banno S., Kato M., Sunata Y., et al. Risk factor for vital signs fluctuation during colonoscopy under sedation of midazolam and meperidine Digestive Diseases 2018;36(2):113-117.
  2. Banno S, Nishizawa T, Kinoshita S, et al. Endoscopic mucosa-submucosal clip closure method.Endoscopy. 2017;49(12):E307-8.
  3. Sunata Y, Nishizawa T, Kinoshita S, et al. A lesson from inappropriate single closure of a perforation during endoscopic submucosal dissection. Endoscopy. 2018;50(1):E25-6.
  4. Kubosawa Y, Nishizawa T, Kinoshita S, et al. Cold snare polypectomy for polyp adjacent to colonic diverticulum. Video GIE, in press
  5. Nakamuta S, Nishizawa T, Uraoka T, et al. Real-time ultrasound-guided placement of peripherally inserted central venous catheter without fluoroscopy. J Vasc Access. 2018, in press
  6. Wada M, Kato M, Hirai Y, et al. Salvage resection of recurrent polyp after polypectomy on the colorectal anastomosis using ESD. Gastrointest Endosc 2017;85:1305-6

 

施設認定

  • 日本内科学会教育病院
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本内科学会教育病院
  • 東京都肝臓専門医療機関指定病院都肝臓専門医療機関指定病院
  • 日本がん治療認定機構研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会研修施設

 

連携施設

  • 慶應義塾大学病院

 

当直業務等

24時間365日緊急内視鏡オンコールを行っています。オンコールの頻度は月7−8回です。オンコール回数が多いため、内科当直は月1−2回に減免されています。緊急内視鏡で実際出動する頻度はオンコール3回に1回程度です。緊急呼び出しがなくてもオンコール担当医には待機料が支給されます。官舎、駐車場が完備されています。

 

週間スケジュール

 
午前

上部消化管

内視鏡検査

上部消化管

内視鏡検査

上・下部消化管

内視鏡検査

上部消化管

内視鏡検査

上・下部消化管

内視鏡検査

午後

下部消化管内視鏡検査

肝癌局所療法・肝生検

内視鏡治療(ESD)ERCP

下部消化管内視鏡検査

内視鏡治療(ESD)ERCP

下部消化管内視鏡検査

内視鏡治療(ESD)ERCP

下部消化管内視鏡検査

内視鏡治療(ESD、静脈瘤治療)ERCP

下部消化管内視鏡検査

内視鏡治療(ESD)ERCP

内視鏡カンファレンス   画像カンファレンス

新入院カンファレンス

症例検討会

 

 

研修修了後の進路

専門研修修了時に、日本内科学会の内科専門医修得に続き、現在の認定医制度に基づいた内科系サブスペシャルティ専門医(消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、肝臓専門医)を取得することができます。研修終了後は慶應義塾大学を初めとした大学への入局が中心ですが、大学の関連病院などへ就職するなど、様々な進路があります。

 

研修中の専攻医の声

3年目レジデントより

私は出身大学で初期研修を修了してから東京医療センターに専修医(当院ではレジデントと呼ばれます)として就職をしました。振り返ってみて、その選択は正解だったと思っています。スタッフの先生方のハイレベルな診療や教育に対しての熱い思い、フットワークの軽さに刺激を受けながら日々を過ごしています。もともと当院は3次救急病院なのでcommon diseaseから稀な症例、緊急内視鏡が必要な急性期疾患など症例も豊富で、24時間365日緊急内視鏡オンコールも行っているため正直暇ではありません。それに加えて学術的な面においてもより積極的な指導を受けられる環境が整い、より充実したレジデント生活を送れると思います。「よく働きよく遊べ」をモットーに計4名のレジデントで忙しいながらに楽しい毎日を送っています。皆さんもぜひ一度見学にいらしてみてください。そしてもしよければ一緒に充実したレジデント生活を送りませんか?

 

 

指導医の声

私は東京医療センターで3年間、消化器科後期研修医として勤務後、慶應義塾大学の消化器内科に入局しました。すぐに大学院に在籍し、基礎研究および臨床研究を行いながら、診療も継続し、内視鏡治療グループの一員としてESDを中心とした内視鏡治療に携わらせていただきました。大学院を学位取得後に卒業し、この度、東京医療センターの消化器スタッフとして赴任いたしました。当院と大学病院の両方を経験した立場から当院消化器科の特徴および今後の展望を述べさせていただきたいと思います。

最大の特徴としては大学病院に匹敵する病床数をもつ病院であるため、消化器内科医として経験すべきcommon diseaseに関しては3年間の研修にてほぼ一通り網羅することが出来るという点です。それだけの症例数を経験できるということは、すなわちそれだけ消化器内科医に必要な腹部診察力、診断・治療としての内視鏡や腹部超音波技術、画像読影能力などを習得できるチャンスがあるということです。更に当科では初療時の対応、治療方針の決定、実際の治療処置の全ての段階でまず後期研修医の先生が舵取りを行い、不充分な箇所を適宜スタッフ(主治医)がバックアップしていくという体制をとっているため、今後主治医になっていくにあたって必要な経験が養われます。実際私が医師6年目で大学病院へ入局した際、経験症例数や内視鏡経験数などは同期医師の倍近くに至っていました。このため、大学病院でもより専門的な研究への従事や先進内視鏡治療に早い段階から携わらせていただくことが出来たと考えています。

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)による加療も活発に行われています。私が後期研修医として研修していた時には学会の講演等でなければ学ぶことが出来なかったより専門的な内視鏡診断学、治療学を現在の後期研修医の先生方は間近で経験できています。また、私を含め大学病院で基礎研究、臨床研究に携わってきたスタッフらの指導により、academicな教育(国内外の学会活動や臨床研究)も行われております。当院は救急患者も多く、学会活動なども余り積極的には参加できていなかった当時の自分の経験から、今後は何よりも後期研修医の先生方が積極的に学術活動に取り組み、どんどん学会や研究会に参加できるような体制を整えていく予定です。

消化器内科全般に強くなりたい!学術活動を行いながらも消化器内科としての臨床能力を高めたい!とにかく内視鏡が上手くなりたい!という先生方の研修参加を心よりお待ちしております。

 

病院見学について

研修ご希望の方は是非見学に来られて下さい。

病院見学についてはこちらをご覧ください

 

2020年度専攻医(後期研修医)募集要項

  • 治験のお知らせ
  • 人間ドック・健診
  • 職員募集
  • 感覚器センター
  • がん診療
  • 医療連携
  • 市民公開講座

 

このページのTOPへ