HOME  >  担当診療科の紹介  >  臨床検査科

担当診療科の紹介

診療科の概要

東京医療センター臨床検査科は、基幹施設として認定された病勢専門研修プログラムを持っています。病理専門医および細胞診専門医の資格を有する常勤スタッフ4名と、旧病理専門研修プログラムの病理専攻医1名が在籍しています。基本的に全臓器を分け隔てなく各人が診断する体制ですが、腎疾患、呼吸器疾患、乳腺疾患、肝胆膵疾患に関しては専門制をとっています。切り出しや剖検当番にはスタッフも分担参画しており、専攻医ばかりに負担がかかることはありません。専攻医はスタッフから常時ティーチング顕微鏡によるマンツーマン鏡検指導を受けることにより、効率的に高いレベルの診断技能が習得出来ます。

 

スタッフ

スタッフ:4名(医長、常勤、非常勤の合計)

レジデント:1名

診療科全体の医師数:5名(男性:4名、女性:1名)

うち専門指導医数:4名

 

専門研修プログラム名および全研修期間
(うち東京医療センター以外での研修期間)

国立病院機構東京医療センター病理専門研修プログラム

3年間(2年目と3年目の8ヶ月〜11ヶ月)

 

全研修期間のスケジュール例

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年 東京医療センター
2年 東京医療センター 済生会中央病院
3年 済生会宇都宮病院 国立がん研究センター中央病院 東京医療センター
4年 病理専門医試験受験

 

プログラムの特徴

  • 豊富な剖検数と組織・細胞診検体数を有するプログラムで、常時ティーチング顕微鏡による指導医からの鏡検指導を受けられ、外科病理医としての実力を十分に身に付けられます。
  • 国立がん研究センター中央病院や臨床研究センターとの連携により、最先端の分子生物学的研究の基礎を身につけることが出来ます。
  • プログラムの定員 2名/年
  • 平成30年度の採用者数: 0名

プログラムはこちら 

 

症例数一覧(2017年度実績)

症例 数(年間)
1 剖検 30

 

手技・検査・手術等一覧(2017年度実績)

手技・検査・手術 等 数(年間)
1 生検・手術診断 13765
2 迅速診断 677
3 細胞診断 15283

 

施設認定

  • 日本病理学会認定施設
  • 日本臨床細胞学会認定施設・教育研修施設
  • 病理専門研修プログラム基幹施設

 

連携施設

  • 国立がん研究センター中央病院
  • 東京都済生会中央病院
  • 済生会宇都宮病院

 

 

当直業務等

連休や長期休暇には剖検当番制をとっていますが、スタッフが担当するため専攻医の当直業務等はありません。

 

週間スケジュール

                

 
午前

剖検待機 (入ったら剖検)

鏡検・病理診断報告書作成

切り出し作業 鏡検・病理診断報告書作成 切り出し作業

剖検待機 (入ったら剖検)

鏡検・病理診断報告書作成

午後 鏡検・病理診断報告書作成 臨床研究センターでの研究 鏡検・病理診断報告書作成
婦人科カンファレンス(月1回) 血液カンファレンス(月1回) 剖検症例検討会(月1回) キャンサーボード(月1回)  
        乳腺カンファレンス(月1回)  

 

各カンファレンスの解説

婦人科カンファレンス 主に婦人科領域の細胞診検体に関しての検討会
血液カンファレンス 白血病やリンパ腫など血液内科症例の組織検体に関する検討会
乳腺カンファレンス 乳癌症例の画像、病理等に関する検討会
呼吸器カンファレンス 気管支鏡症例の組織検体に関する検討会

 

研修修了後の進路

旧専門医制度下の当院後期研修プログラムにて研修を修了した4名は、各々が臨床病理医として当院や他院の病理スタッフになっています。

 

研修中の専攻医の声

一般的には病理医になるにあたっては市中病院よりも大学病院にてキャリアをスタートする事が多いと思うのですが、自分は大学院に所属して研究をやりながら病理診断学を学ぶより、まずは病理診断を集中的にやりたいと思い、診断に豊富な時間が割けそうな市中病院にて病理医としてのキャリアをスタートする事にしました。東京医療センターの臨床検査科は市中病院では珍しく病理医の数が多く、複数の専門医の視点から病理を学ぶことができます。指導もディスカッション顕微鏡等を用いて組織像を指導医と見ながらリアルタイムに行われ,質問にも丁寧に答えてもらえます。病理診断学を学ぶにおいては日本有数の恵まれた施設だと思います。

 

指導医の声

当院は780床の総合病院ということで、検体は各科から大きな偏りなく提出されており、3年というやや短い期間でも真面目に日々の業務をこなすことで臨床病理医としての実力を培うことは十分可能です。共同鏡検にて議論しながら診断業務の研修をしますが、最近の分子病理学的知見の進歩は目覚ましく、新しい知見や診断に関しては共に勉強してゆきましょう。

 

病院見学について

病院見学は随時受け付けております。日々の業務を見ていただいております。

病院見学についてはこちらをご覧ください

 

2020年度専攻医(後期研修医)募集要項

  • 治験のお知らせ
  • 人間ドック・健診
  • 職員募集
  • 感覚器センター
  • がん診療
  • 医療連携
  • 市民公開講座

 

このページのTOPへ