HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2006年度審議課題  >  第41回委員会審議平成18年10月2日:審議内容

第41回委員会審議平成18年10月2日:審議内容

申請者 精神科 レジデント 奥田 理理
R06-019 「境界性人格障害の治療ガイドラインの検証に関する研究(関東地区の総合ならびに精神科病院におけるBPDの治療に関する研究)」
研究の概要    境界性人格障害の治療ガイドライン(試案)に対して、関東地区の複数の総合ならびに精神科病院における実践・経験を基本に、臨床実践的に利用しやすいような修正・変更を加え、検証していく研究を行う。
判定 条件付承認 申請書、同意書、同意説明書の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 3A病棟 看護師 清水 綾子
R06-026 「前立腺癌に対するヨウ素125シード線源永久挿入治療における治療前消化管浄化処置の比較・検討〜患者の苦痛軽減をはかるために〜」
研究の概要    前立腺癌に対するヨウ素125シード線源永久挿入治療(以下シード線源治療とする)は、直腸エコー下で行なわれるため、よい画像を得るためには、直腸内のガスを少なくさせなければならない。また、治療中の排便による術野汚染がないことが必要である。治療前日の下剤内服および当日の浣腸方法と当日のグリセリン浣腸方法のみを比較・検討し、治療が円滑に遂行でき、かつ、患者の苦痛を最小限に抑えられるようにする。
判定 条件付承認 同意説明書の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 呼吸器科 医長 小山田 吉孝
R06-027 「慢性呼吸器疾患の二次感染に対するガチフロキサシン5日間投与の有効性の比較検討」
研究の概要    呼吸器感染症に関するガイドラインにおいて、レスピラトリーキノロンに属するガチフロキサシン、レボフロキサシンは慢性下気道感染症に対するエンピリック治療の第一選択薬として推奨されている。慢性呼吸器疾患の二次感染に対して、ガチフロキサシンとレボフロキサシンの5日間投与の有用性を比較検討する。あわせて、医療経済性についても検討する。
判定 条件付承認 患者説明書の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 眼科 医員 秋山 邦彦
R06-028 「硝子体手術におけるシリコーンオイル注入」
研究の概要    硝子体手術において必要不可欠な場合があるシリコーンオイル注入の許可を得る。
判定 条件付承認  使用するシリコンオイルは、医療用として精製された製品とすることを条件に承認された。

 

このページのTOPへ