HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2005年度審議課題  >  第30回委員会審議平成17年9月5日:審議内容

第30回委員会審議平成17年9月5日:審議内容

申請者 臨床研究センター臨床疫学研究室 尾藤 誠司
R05-027 循環器病政策医療ネットワークを対象とした臨床評価指標の収集と解析に関する研究?.脳卒中心筋梗塞症例登録研究
研究の概要    循環器病政策医療ネットワークを通じて、脳卒中、虚血性心疾患の重症度と生命予後が各医療機関内でどの程度関連するかを明らかにすることにより、重症度指標の妥当性を検討するとともに、さらに各病院の研究協力者を得て、収集された重症度の個票を解析して、より妥当な重症度指標の要件を明らかにする
判定 条件付承認 説明書と同意書の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 臨床研究センター臨床疫学研究室 尾藤 誠司
R05-028 循環器病政策医療ネットワークを対象とした臨床評価指標の収集と解析に関する研究II.心不全症例登録研究
研究の概要    循環器政策医療ネットワークを通じて、心不全症例の試験的収集を行い心不全登録票の記入状況および重症度と予後指標に関する妥当性を検討する。
判定 条件付承認 説明書と同意書の一部修正を条件に承認された。

 

申請者 手術診療部長・外科医長 窪地 淳
R05-029 レンチナン(LTN)によるティーエスワン/シスプラチン併用療法の副作用軽減に関する検討
研究の概要    切除不能または再発胃癌に対してティーエスワン/シスプラチン(A群)とレンチナン追加(B群)による重篤な副作用の発現頻度および病態進行までの期間を各群でそれぞれ検討する
判定 条件付承認 効果安全性評価委員を2名とし、インフォームドコンセントの細則に則って研究計画書・説明書を再検討したうえで再提出することを条件に、承認された。

 

申請者 副看護部長 石井 由美子
R05-030 高齢糖尿病患者の食事自己管理行動の実態と自己効力感に影響を与える要因
研究の概要    高齢糖尿病患者の食事自己管理行動の実態を調査し、自己効力感との相関を明らかにする。自己効力感と個人的要因、自己効力感刺激要因の関係性を明らかにすることを目的とする。
判定 条件付承認 アンケート用紙の一部修正を条件に承認された。

 

このページのTOPへ