HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2004年度審議課題  >  第24回委員会審議平成17年1月17日:審議内容

第24回委員会審議平成17年1月17日:審議内容

申請者 看護部 大原 美代子
「神経・筋疾患入院患者のQOL改善に関する調査票アウトカムスケールとしての有用性・妥当性の検討」
研究の概要    臨床評価指標として作成された「神経・筋疾患入院患者のQOL改善に関する質問表」が、急性期病院における神経疾患の入院診療を適切に評価できる尺度であるかどうかを検討する。有用性が証明された場合、この質問表を用いた評価表を利用して患者の属性因子や診療内容による結果の差異を明らかにする。
判定 承認 全員一致で承認された

 

申請者 消化器科 医長 田中 伸
「人工栄養(中心静脈栄養もしくは経腸栄養)を行う際の医療行為の安全性、患者予後に関する研究」
研究の概要    人工栄養療法に関連する医療行為について、施設間、あるいは診療科別の相違や穿刺部位、方法、手技の差が患者の予後に与える影響、静脈栄養と経腸栄養に長期的な予後で栄養状態に差があるかどうかについて調べる。
判定 条件付承認 研究計画書、同意書の一部修正を条件に全員一致で承認された

 

申請者 東京医療センター 院長 田中 靖彦
「本院における「患者権利憲章」」
研究の概要    リスボン宣言を基に、患者の皆様の権利と病院からのお願い(案)を作成する。
判定 条件付承認 委員の意見を再度収集することとなった

 

申請者 臨床研究センター
聴覚平衡覚研究部
藤井 正人
「加齢性難聴のモデル化とテーラーメード医療に向けた治療法選択の根拠開発に関する研究」
研究の概要    加齢性難聴に関する病態の調査。加齢性難聴とQOLの関係を調査し、治療により個別化し、治療効果を上げる。
判定 条件付承認 同意説明文書の修正を条件に全員一致で承認された

 

このページのTOPへ