治験とは・・

治験とは、新しいくすりの効き目や副作用について調べる試験です。

 

   『くすりになりそうな物質』が『薬』として使われるようになるには、何年もの年月をかけていろんな試験をし、人においてどんな効き目(有効性)や副作用(安全性)があるかを確かめる必要があります。たくさんの人の協力のもとで治験を行い、新しい薬が開発されています。

   治験は、参加する方の「本人の自由意思」に基づいて行われています。治験に参加される方の人権と安全性が最大限に守られるよう、厚生労働省が定めた基準(医薬品の臨床試験の実施基準:GCP)に従って行われます。

 

第I相試験
(フェーズワン)
健康な男性が対象となります。
第II相試験
(フェーズツー)
少人数の患者さんが対象となります。
第III相試験
(フェーズスリー)
多数の患者さんが対象となります。
厚生労働省承認 治験で得られた結果は新薬が承認申請される際の提出資料となります。

 

 

臨床研究・治験推進室TOP > 治験について

このページのTOPへ