HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2010年度以前の審議課題  >  2004年度審議課題  >  第19回委員会審議平成16年5月10日:審議内容

第19回委員会審議平成16年5月10日:審議内容

申請者 看護部 大原 美代子
「神経・筋疾患入院患者のQOL改善に関する調査票アウトカムスケールとしての有用性・妥当性の検討」
研究の概要    臨床評価指標として作成された「神経・筋疾患入院患者のQOL改善に関する質問表」が、急性期病院における神経疾患の入院診療を適切に評価できる尺度であるかどうかを検討する。有用性が証明された場合、この質問表を用いた評価表を利用して患者の属性因子や診療内容による結果の差異を明らかにする。
判定 承認 全員一致で承認された

 

申請者 呼吸器科 医長 加藤 良一
「非小細胞肺癌完全切除例に対するUFT感受性因子と予後との関連性に関する事項」
研究の概要    stage?A(腫瘍径≧2cm)、?B、?の非小細胞癌完全切除例に対するUFT投与患者においてUFT感受性因子の発現量と無再発生存期間および生存期間を比較し、関連性を検討する。
判定 承認 全員一致(加藤委員本人を除く)で承認された

 

申請者 アレルギー科 医長 尾仲 章男
「環境調整とアレルゲンモニタリングによる気管支喘息治療・管理の効果」
研究の概要    気管支喘息治療・予防において治療薬による副作用被害の回避、よりよい喘息管理のために環境整備及びアレルゲンモニタリングを行うことの意義を検証するための前向き研究。
判定 条件付承認 説明文書・同意説明書の修正を条件に全員一致で承認された。

 

申請者 形成外科 医長 佐藤 博子
「ヒト骨髄由来間葉系幹細胞を用いる事による皮膚創傷治癒の瘢痕形成抑制」
研究の概要    患者から採取した骨髄細胞を用いて間葉系肝細胞を国立成育医療センター研究所で培養すること、同施設で培養した間葉系肝細胞を国立病院機構東京医療センターにおいて患者の皮膚切開層に移植し、有効性及び安全性を検討する。
判定 次回再審議 実施計画書及び説明文書・同意説明文書を修正し再提出の上、次回倫理委員会での再審議事項とされた。

 

申請者 外科 医長 池内 駿之
「局所進行局部食道がんに対するLow Dose cisplatin/5fu・放射線同時併用療法と Standard Dose Cisplatin/5fu・放射線同時併用療法とのランダム化第?/?相試験 (JCOG0303 他施設共同研究)」
研究の概要     局所進行食道がんに対してlow dose CDDP,5Fu(PF)放射線同時併用療法が標準治療になりうるか否かをstandard dose PF放射線同時併用療法とのランダム化比較試験にて評価する。
判定 条件付承認 実施計画書の修正を条件に全員一致で承認した。

 

申請者 循環器科 医員 布施 淳
「拡張期心不全の治療法確立のための大規模臨床試験
Japanese Diastolic Heart Failure Study(J-DHF Study)」
研究の概要    拡張期心不全の治療方針の確立に向けた大規模臨床試験を進めることを目的とする。拡張期心不全例を、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、β遮断薬投与群、いずれも用いない群に分け追跡調査を行い、各治療の有効性、及び費用対効果を比較検討する。
判定 次回再審議
(未決)
説明文書・同意説明文書を改訂し再提出の上(登録用の入力フォーマットも提出する)、次回倫理委員会での再審議事項とされた。

 

このページのTOPへ