HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2019年度審議課題  >  第181回委員会審議2019年6月3日倫理委員会

第181回委員会審議2019年6月3日倫理委員会

申請者 診療部 循環器内科 医長 樅山 幸彦

R19-018  動脈硬化に関連する危険因子、食習慣および動脈硬化バイオマーカーについての検討
前回の受付番号(R16-012)に関する変更申請

研究の概要 以前承認された研究の変更申請(R16-012)
判定

条件付き承認

申請書・掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者

診療部 循環器内科 医長

樅山 幸彦

 R19-019 冠動脈疾患に関連する危険因子、食習慣および動脈硬化バイオマーカーについての検討
前回の受付番号(R15-056)に関する変更申請

研究の概要 以前承認された研究の変更申請(R15-056)
判定

条件付き承認

申請書・掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 臨床研究センター 聴覚障害研究室 
耳鼻咽喉科 室長
和佐野 浩一郎

 R19-024 ウェアラブルデバイスを用いた動的平衡機能検査法の開発に向けた研究

研究の概要 歩行時・階段昇降時など動作時の重心動揺を他覚的に定量することのできる動的平衡機能検査法を開発する。
判定

条件付き承認

申請書・研究計画書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者

診療部 産婦人科 

臨床遺伝センター 医員

安達 将隆

 R19-025  BRCA1/2 遺伝子バリアントとがん発症・臨床病理学的特徴および発症リスク因子を明らかにするための卵巣がん未発症を対象としたバイオバンク・コホート研究(JGOG3024)

研究の概要 本邦におけるBRCA 1及び, BRCA2 (以下BRCA1/2とする)遺伝子の病的バリアント保持女性を対象に、卵巣癌、卵管癌及び腹膜癌の発症率と発症リスク因子を明らかにし、さらにリスク低減卵管卵巣摘出術施行例および非施行例における死亡、RRSO 施行例における病理組織学的評価によるオカルト癌陽性率を検出することを目的とする。
判定

条件付き承認

説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 薬剤部 薬剤師 大塚 健太郎

R19-035  当院における5-FU注入ポンプの実態調査

研究の概要 2018年12月にこの注入ポンプをNIPRO(株)のシュアーフューザーA 100mLからシュアーフューザーA 150mLへ変更した.今回,この注入ポンプ変更前後の実態調査を実施する.
判定

迅速審査
条件付き承認

申請書の修正を条件に承認された

 

申請者 診療部 外科(乳腺科) 医長 松井 哲

R19-036 当院におけるエリブリン投与による乳癌治療患者の治療効果と予後の検討

研究の概要 当院における再発転移乳癌に対するエリブリン療法の効果を種々の臨床病理学的因子から予測可能かを検討する。 特に、末梢血の免疫状態を反映する好中球・リンパ球比に注目して、治療効果や転機を後ろ向きに検討する。
判定

迅速審査
承認

全員一致で了承された。

 

申請者 診療部 整形外科 医員 古旗 了伍

R19-037 アーム付きプレート(Scorpion plate)を用いた鎖骨遠位端骨折の手術成績の検討

研究の概要 アーム付きプレート(Scorpion plate)を用いた鎖骨遠位端骨折の手術成績を解明すること。受傷から手術日までの期間が術後成績に及ぼす影響について調べること。
判定

迅速審査
 承認

全員一致で了承された。

 

申請者 診療部 リハビリテーション科
理学療法士
滝 良仁

R19-038 当院救急救命センターにおける理学療法専任配置による効果の検証

研究の概要 2018年度より理学療法士の救命救急センターへの専任配置を開始したため、専任配置前後(配置前:2017年度、配置後:2018年度)の現状と課題を調査し、専任配置における効果を検証する。
判定

迅速審査
条件付き承認

申請書の修正を条件に承認された

 

申請者 診療部 耳鼻咽喉科 言語聴覚士 榎本 千江子

R19-039 Auditory Neuropathy の特徴と人工内耳の有用性に関する研究
前回の受付番号(R18-026)に関する変更申請

研究の概要 以前承認された研究の変更申請(R18-026)
判定

迅速審査
条件付き承認

研究計画書を添付、掲示文書の修正を条件に承認された

 

このページのTOPへ