HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2018年度審議課題  >  第177回委員会審議2019年2月4日倫理委員会

第177回委員会審議2019年2月4日倫理委員会

申請者  薬剤部 薬剤師  工藤浩史

 R18-145  難治性のがん患者の消化器症状緩和に対するミルタザピンの役割

前回の受付番号(R16-144)に関する変更申請

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-144)
判定

迅速審査

承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  木下 聡

 R18-146 切除不能胃癌の出血に対する放射線治療の有効性についての検討

研究の概要  切除不能胃癌の出血に対する放射線治療の有効性について照射後の血液検査、CTなどの画像所見、合併症発生率などの関連も含めて評価し、放射線照射による有用性について検討する。
判定

迅速審査
条件付き承認

 データシート添付を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医師  藤本 愛

 R18-147 大腸神経内分泌腫瘍症例に対する多施設共同前向き症例登録追跡研究(略称:大腸NET STUDY) 前回の受付番号(R16-149)に関する変更申請

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-149)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者

 臨床研究センター

 聴覚・平衡覚研究部 部長

 松永達雄

 R18-148 難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究
前回の受付番号(R18-139)に関する変更申請

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R18-139)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 産婦人科 医長  山下 博

 R18-149  日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会:本邦における卵巣癌(上皮性腫瘍)に対する妊孕性温存治療に関する実態調査

研究の概要  小児期および通常成人女性の谷間の世代である思春期および若年成人世代であるAYA(Adolescent and Young Adults:思春期と若年成人)世代に着目し、AYA世代における卵巣癌の治療前情報、治療方法、妊孕性温存方法、治療後妊娠転帰等について後方視的に調査することを目的とする。
判定

迅速審査
 条件付き承認

申請書と掲示文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医師  藤本 愛

R18-150 大腸 T1癌の予後に関する多施設共同前向きコホート研究
前回の受付番号(R17-026)に関する変更申請

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-026)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者 診療部 呼吸器科 医師  里見良輔

 R18-151  がんバイオマーカーの探索と新規がん診断法・治療法の開発に関する番号
前回の受付番号(R18-044)に関する変更申請

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R18-044)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  看護部 看護師/
東京医療保健大学大学院
 利光恵利子

 R18-152  診療看護師(NP)の病棟配置が看護師に与える影響に関する研究

研究の概要 病院で働くNPが病棟看護師にどのような影響を与えているのかを明らかにする。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者

 診療部 呼吸器科 医長/

 院内がん登録室副室長

 小山田吉孝

 R18-153  院内がん登録の予後調査支援事業への参加
前回の受付番号(R18-067)に関する変更申請

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R18-067)
判定

迅速審査
 承認

  全員一致で了承された。

 

申請者 診療部 呼吸器科 医長 小山田吉孝

 R18-154  RET融合遺伝子等の低頻度の遺伝子変化陽性肺癌の臨床病理学的、分子生物学的特徴を明らかにするための前向き観察研究

前回の受付番号(R17-060)に関する研究

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-060)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

 

申請者  薬剤部 薬剤師 古沢紗綾香

 R18-155  ナルデメジンの効果的な使用方法に関する研究

研究の概要 当院におけるナルデメジンの使用実績を分析し、より効果的な使用方法について検討する。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

 

申請者

 薬剤部

 がん薬物療法研修マネージャー

大橋養賢

 R18-156  がん化学療法に対する制吐薬としてのオランザピンの使用実態調査

研究の概要 がん化学療法において制吐薬として使用頻度が増加しつつあるオランザピンの使用状況を全国的に調査することにより、日本人における適正使用の推進に寄与する。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者

 診療部 クリティカルケア支援室

 診療看護師

森泉 元

 R18-157  診療看護師が配属されている外科系診療科における時間外オーダー件数の調査

研究の概要 診療看護師の配属により、外科系診療科における時間外オーダー件数が減少したか否かを明らかにする。
判定

迅速審査
 条件付き承認

掲示文書の修正を条件に承認された。

このページのTOPへ