HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2018年度審議課題  >  第176回委員会審議2019年1月7日倫理委員会

第176回委員会審議2019年1月7日倫理委員会

申請者  診療部 循環器科 医長代行  谷本耕司郎

 R18-122  心房細動診療に関する医師/患者意識および予後調査研究

研究の概要  心房細動患者、およびその主治医に患者の生活の質(Quality of Life; QOL)に関するアンケートを実施し、心房細動に関連した現場でのQOLや疾病そのものに対する認識を様々な側面から評価すること、また臨床上の転帰との関連を調査することにより、Patient Reported Outcomeの概念の元、患者視点に立脚したエビデンスを構築することを目的とする。
判定

条件付き承認

 申請書・説明文・同意書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 7階A病棟 看護師  飯野裕佳子

 R18-135  血液内科病棟中堅看護師が認識する血液造血器腫瘍患者への緩和ケアの要素に関する調査

研究の概要  中堅看護師が認識する血液造血器腫瘍患者の緩和ケアの特徴を、質的、記述的に明らかにすること。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  森 英毅

 R18-136  ピロリ菌除菌困難例に対するボノプラザン、アモキシシリン、シタフロキサシンによる三次除菌療法

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-132)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  森 英毅

 R18-137  ボノプラザン、メトロニダゾール、シタフロキサシンによるピロリ菌除菌療法

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-133)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医員  八木一馬

 R18-138  肺非結核性抗酸菌症に関する臨床データベース研究

研究の概要  肺非結核性抗酸菌症および気管支拡張症を含む類似症の症例について、当院通院中の患者の臨床情報、血液検査結果、下気道呼吸器培養検体、画像検査結果、呼吸生理検査結果に関して、後方視的に解析することにより、本疾患の病態解明に寄与することを目的とする。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  臨床研究センター 聴覚・平衡覚研究部 部長  松永達夫

 R18-139  難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究
前回の受付番号(R18-022)の変更申請

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R18-022)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 臨床遺伝センター/小児科 医師  山澤一樹

 R18-140  染色体または遺伝子に変化を伴う疾患群の遺伝子診断
前回の受付番号(R18-054)に関する変更申請

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R18-054)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  臨床研究センター/耳鼻咽喉科 聴覚障害研究室長  和佐野浩一郎

 R18-141  先天性および若年性の視覚聴覚二重障害に対する一体的診療体制に関する研究
〜視覚聴覚二重障害 実態把握のための全国調査(二次調査)〜

研究の概要  診療科の垣根を超えた研究を進めることにより視覚聴覚二重障害患者の臨床像および患者に対する医療の実態を明らかにし、診療体制の構築を目指す。平成29年度に行った調査の二次調査として、個々の患者さんの聴覚・視覚・合併症およびコミュニケーション・教育・就労の状況に関する調査を行う。
判定

迅速審査
 条件付き承認

 申請書・掲示文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 総合内科 医長  本田美和子

 R18-142  情報技術を用いたケア技術評価・教育介入効果の検討

研究の概要  自分が行なっているケアの映像を対象とした、情報技術を用いたケア技術評価・教育介入の効果を検証する。
判定

条件付き承認

 申請書・計画書・説明書文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 放射線科 医長  萬 篤憲

 R18-143  前立腺癌患者に対するI-125 小線源治療の予後因子の研究
前回の受付番号(R16-165)に関する変更申請

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-165)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

 

申請者  診療部 産婦人科 医長  山下 博

 R18-144  日本産科婦人科学会婦人科腫瘍登録施設の広汎子宮全摘出術の実態調査

研究の概要  開腹広汎子宮全摘出術の術式の詳細や有害事象、予後等を調査し、本邦における開腹広汎子宮全摘出術の治療成績や有害事象を明らかにすることを目的とする。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

このページのTOPへ