HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2018年度審議課題  >  第175回委員会審議2018年12月3日倫理委員会

第175回委員会審議2018年12月3日倫理委員会

申請者  診療部 麻酔科 医師  尾崎由佳

 R18-120  人工呼吸管理を要した血液悪性腫瘍疾患患者の抜管成否別での比較

研究の概要  当院ICUに入室した血液悪性腫瘍疾患患者のうち人工呼吸管理を要した患者について纏め、抜管の成否に関連する因子を解析する。
判定

迅速審査
 条件付き承認

 掲示文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 小児科 レジデント  前田直則

 R18-121  肺炎球菌の抗体価の推移に関する研究

研究の概要  免疫不全患者における肺炎球菌ワクチン(PCV13 またはPPSV23)接種後の抗体価の推移を観察し、患者背景・免疫抑制の程度と合わせて解析する。
判定

迅速審査
 条件付き承認

 申請書・説明文書・アセント文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 循環器内科 医長  樅山幸彦

 R18-123  レセプトおよびDPCデータを用いた循環器疾患における医療の質の向上に資する研究

研究の概要  JROAD 協力施設より DPC 情報を収集し、JROAD のデータと連結させ、大規模データ ベースを構築し、プロセス及びアウトカム指標による医療の質評価を実施することを目的 とする。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 消化器科 レジデント  窪澤陽子

 R18-124  Helicobacter pylori 陰性胃MALTリンパ腫およびHelicobacter pylori 除菌後発生胃MALTリンパ腫の臨床的特徴に関する研究

研究の概要  胃MALTリンパ腫においてHelicobacter pylori陽性例と陰性例における臨床学的特徴を検討し,またHelicobacter pylori除菌後発生胃MALTリンパ腫に関して調査,検討を行う。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  臨床研究センター 臨床疫学研究室 研究員  丹野清美

 R18-125  意思決定プロセスにおける情報入手・コミュニケーションとRegretの関係

研究の概要  乳がん罹患経験患者を対象とし、臨床における特異的なEventの意思決定プロセスにおける情報及び情報の対処、認識、価値観が意思決定という行動にどう関連するのかを探索する。さらに、以上の関連を経て意思決定した患者が、診療後に「納得しているのか」というアウトカムとの関係を明らかにすることを目的とする。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  臨床研究センター 臨床疫学研究室 研究員  田中雅之

 R18-126  臨床研修中の医師を評価対象とした「多職種評価」のための評価尺度の妥当性検証に関する研究

研究の概要  臨床研修中の医師を評価対象とした「多職種評価」のための評価尺度の妥当性検証する。
判定

迅速審査
 条件付き承認

 計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 産婦人科 医長  山下 博

 R18-127  胞状奇胎の掻爬回数と続発症頻度に関する調査研究

研究の概要  日本産科婦人科学会専門委員会公募小委員会(班研究)として行われ、本邦の多施設における胞状奇胎症例の掻爬回数と続発症の頻度を後方視的に解析することを目的とする。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 呼吸器外科 医長  小山孝彦

 R18-128  高悪性度神経内分泌腫瘍手術症例の検討

研究の概要  当院の高悪性度神経内分泌腫瘍に対する外科治療成績を明らかにする。
判定

迅速審査
 条件付き承認

 申請書・掲示文の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床研究センター/耳鼻咽喉科 聴覚障害研究室長  和佐野浩一郎

 R18-129  顔面神経麻痺不完全治癒例に対するネットワーク型顔面神経再建の有用性評価

研究の概要  発症から半年以上経過しても不完全治癒の顔面神経麻痺症例に対して、神経機能回復を図る目的で行われるネットワーク型神経再建の有用性を明らかにする。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  臨床研究センター/耳鼻咽喉科 聴覚障害研究室長  和佐野浩一郎

 R18-130  顔面神経麻痺予後不良例に対するステロイド高用量投与の有効性および副作用の評価

研究の概要  顔面神経麻痺の患者のなかで予後不良が予測される症例におけるステロイド高用量投与の有効性および副作用を評価し、今後の診療方針決定への有益なエビデンスを構築する
判定

条件付き承認

 申請書・説明文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医長  小山田吉孝

 R18-131  切除不能な進行・再発非小細胞肺癌患者に対するアテゾリズマブの多施設共同前向き観察研究:(J-TAIL)

研究の概要  実臨床下患者集団におけるアテゾリズマブ単剤療法の長期有効性と安全性の検討を行う。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 呼吸器外科 医長  小山孝彦

 R18-132  降下性壊死性縦隔炎の発生と治療法および予後に関する観察研究

研究の概要  本邦における降下性壊死性縦隔炎症例の過去5年分の症例を調査・解析し、その病態、診断、治療、予後などのデータベースを構築し、本邦における降下性壊死性縦隔炎診療の治療指針を示すことを目的とする。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 麻酔科 診療看護師  平出 翔

 R18-133  ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術術後皮下気腫の発症頻度

研究の概要  ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術術後の皮下気腫・縦隔気腫・気胸の発症頻度を調査し、術後経過への影響や問題点の抽出を行う。
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  臨床疫学研究室 室長  尾藤誠司

 R18-134  人工知能が実装された医療現場を想定した上での医療情報の利用、および医療に関する決断についてのグループ調査

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R18-072)
判定

迅速審査
 承認

 全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ