HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2018年度審議課題  >  第170回委員会審議2018年7月2日倫理委員会

第170回委員会審議2018年7月2日倫理委員会

申請者  診療部 消化器科 医員 藤本 愛 

R18-056 内視鏡的粘膜下層剥離術における次世代内視鏡強調画像の有用性に関する多施設共同ランダム化比較試験

研究の概要  内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)中の止血処置においてDual red imaging (DRI)による止血時間短縮効果と止血処置の内視鏡医の心理的ストレス軽減効果、ESD治療時間、安全性に関して多施設共同ランダム化比較試験を行う。
判定

条件付き

承認 

 申請書・計画書・説明文書・データシートの修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医師 額賀 重成 

R18-057 腹膜転移を有する原発性肺癌症例の検討

研究の概要  腹膜転移を有する原発性肺癌症例の臨床的背景、経過を明らかにする。
判定

迅速審査

条件付き承認 

 申請書・掲示文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 麻酔科 診療看護師 川村 知也 

R18-058 全身麻酔に関連した術後悪心・嘔吐のリスク因子と対策

研究の概要  全身麻酔下術後悪心・嘔吐の発生を評価し、現状の把握とともに当病院に即した対策を考案する。
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。 

 

申請者  診療部 血液内科 医長 矢野 尊啓 

R18-059 Rituximab未投与CD20陽性低悪性度B細胞性リンパ腫に対するRituximabによる寛解導入療法と維持療法の長期予後に関する横断研究

研究の概要  2012年2月29日に登録患者追跡を終了した課題「Rituximab未投与CD20陽性低悪性度B細胞性リンパ腫に対するRituximabによる寛解導入療法と維持療法の第II相臨床試験」(R08-008)登録患者の長期予後を検討する。
判定

迅速審査

条件付き承認 

 申請書・計画書・掲示文書間で、研究対象期間と実施期間に差異があるので確認と、提供する情報についての登録項目を記載することを条件に承認された。

 

申請者  看護部 看護師 伊藤 瞳 

R18-061 卒後2年目看護師の自己効力感を高めるための関連要因

研究の概要  卒後2年目看護師に対して、より効果的な支援の示唆を得るために、自己効力感の関連要因を明らかにする。
判定

迅速審査

条件付き承認

 申請書・計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医師 額賀 重成 

R18-062 80歳以上のバイオマーカー陰性進行非小細胞肺癌に対する抗がん剤治療の有効性についての検討

研究の概要 80歳以上の進行非小細胞肺癌患者の実態およびバイオマーカー陰性例に対する抗がん剤治療の有効性、意義を明らかにする。 
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 血液内科 医師 横山 明弘 

R18-063 再発又は難治性の多発性骨髄腫患者を対象としたイキサゾミブとレナリドミド及びデキサメタゾン併用療法の多施設共同前向き観察研究

研究の概要  日常診療の使用実態下での多発性骨髄腫患者に対するイキサゾミブ、レナリドミド及びデキサメタゾンの併用療法)の有効性及び安全性を検討する。また、探索的検討にバイオマーカーの検討を行う。
判定

条件付き

承認 

 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 外科 医員 関本 康人 

R18-064 手術部位感染に対するオラネキシジングルコン酸塩消毒薬vsポビドンヨード消毒薬のランダム化有用性比較試験

研究の概要  消化器領域における創分類ClassIIの手術を対象に、10%ポビドンヨード  消毒薬と比較して1.5%オラネキシジングルコン酸塩消毒薬の手術部位感染に対する低減効果を検証する。
判定

条件付き

承認 

 申請書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 耳鼻咽喉科 医師 伊藤 文展 

R18-065 日本における頭頸部悪性腫瘍登録事業の実施

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-048)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 外科 医員 西原 佑一 

R18-066 臍ヘルニアと腹直筋離開の関連性調査

研究の概要  臍ヘルニアと腹直筋離開の関連性調査を目的とする。
判定

迅速審査

条件付き承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者

診療部 呼吸器科医長

副院内がん登録室室長

小山田吉孝 

R18-067 院内がん登録の予後調査支援事業への参加

研究の概要  すべてのがん患者の登録をし、予後調査を行うことでがん患者の生存率や治療効果等を把握することで、院内がん登録の精度を向上させることを目的とする。
判定

迅速審査

条件付き承認 

 申請書・掲示文の修正を条件に承認された。

 

このページのTOPへ