HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2018年度審議課題  >  第168回委員会審議2018年5月7日倫理委員会

第168回委員会審議2018年5月7日倫理委員会

申請者

臨床研究センター

聴覚・平衡覚研究部長 
松永 達雄 

R18-022 難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-139)
判定

迅速審査

条件付き承認 

 変更対応表の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 看護師 村田 俊介 

R18-023 境界性人格障害患者に対して看護師が抱いた不全感についての考察

研究の概要  境界性人格障害を背景に持ち逸脱行動を繰り返す患者に対して行った看護を振り返り、対応した看護師の不全感に着目した研究をおこなうことで不全感の要因を分析する。
判定

 迅速審査

条件付き承認

 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者

診療部 消化器科 医員

森 英毅 

R18-024 胃ESD後の人工潰瘍閉鎖におけるボノプラザンフマル酸塩3週間投与の8週間投与に対する非劣性を検証するランダム化比較試験

研究の概要  胃内視鏡下粘膜下層剥離術(ESD)後の人工潰瘍の閉鎖におけるカリウム競合型アシッドブロッカー(P-CAB) 3週投与の8週投与に対する非劣性を検証する。
判定

条件付き

承認

 申請書・計画書・説明文書・同意書の修正、データシートの作成を条件に承認された。

 

申請者  看護部 2階A病棟 看護師 眦帖[臚 

R18-025 急性期病院における脳神経系に疾患のある患者に対する背面開放座位の効果 〜意識障害度スコアと睡眠覚醒状態判定基準を用いて〜

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-223)
判定

迅速審査

条件付き承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者

診療部 耳鼻咽喉科 

言語聴覚士 

榎本 千江子 

R18-026 Auditory Neuropathyの特徴と人工内耳の有用性に関する研究

研究の概要 Auditory Neuropathy難聴で人工内耳埋め込み術を施行した患者の病態および人工内耳の有用性について明らかにすることを目的とする。
判定

 迅速審査

条件付き承認

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 総合内科 医長 本田 美和子 

R18-027 模擬患者を用いたケアコミュニケーション技術教育効果の情報学的検討

研究の概要  専門職を対象としたケアコミュニケーション技術教育法の効果を模擬患者を用いて検証する。 
判定

条件付き

承認 

 計画書・掲示文の修正を条件に承認された。

 

申請者 診療部 総合内科 医長 本田 美和子 

R18-028 患者・利用者を対象としたケア技術実践の情報学的検討

研究の概要  専門職が職務として患者・利用者に行うケア技術実践を情報学的に検証する。
判定

条件付き

承認 

 計画書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者

臨床研究センター

分子細胞生物学研究部長 
岩田 岳 

R18-029 眼科疾患におけるDNA、RNA、タンパク質、細胞の網羅的解析

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R18-018)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者

臨床研究センター

聴覚・平衡覚研究部長 
松永 達雄 

R18-030 内耳性難聴患者からのiPS細胞の樹立とそれを用いた疾患解析に関する研究

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R13-097)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  薬剤部 薬剤師 大里 洋一 

R18-031 Myers-Briggs Type Indicator®︎ (MBTI®︎) を用いた研修による職場でのコミュニケーション改善に関する検討

研究の概要  Myers-Briggs Type Indicator®︎ (MBTI🄬) を用いた研修を薬剤部内で行い、自身のコミュニケーションスタイルを含めた自己理解の促進について検討する。
判定

迅速審査

条件付き承認 

 申請書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 歯科口腔外科 医長 大鶴 洋 

R18-032 悪性腫瘍患者に対する骨吸収抑制薬関連顎骨壊死の発生状況に関する実態調査

研究の概要  悪性腫瘍に対する骨修飾薬投与患者における,顎骨壊死の発生部位,発生率,発生までの期間を調査し,歯科疾患および歯科治療との関連,歯科治療と関連しない自然発生を含めた発生状況を把握する。
判定

 迅速審査

条件付き承認

 計画書・掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 産婦人科 医長 山下 博 

R18-033 子宮体がんに対するダ・ヴィンチ手術システムSiを用いたロボット支援腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術の実施

研究の概要  手術適応のある子宮体癌と診断され、従来開腹手術として腹式単純子宮全摘および両側付属器摘出術±骨盤リンパ節郭清の適応と考えられる挙児希望のない20歳以上75歳未満の症例に対して、ダ・ヴィンチ手術システムSiを用いたロボット支援腹腔鏡下子宮体癌手術を行う。
判定

条件付き

承認

 申請書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医長 小山田 吉孝 

R18-034 突発性肺線維症に対する nintedanib の効果- 長期予後ならびに治療反応性予測因子に関する検討 -

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-033)
判定

迅速審査

承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  薬剤部 薬剤師 大里 洋一 

R18-035 東京医療センター血液内科における腫瘍崩壊症候群ガイダンスを基にした腫瘍崩壊症候群予防対策とその効果の検証

研究の概要  血液内科領域の初回化学療法施行時において、日本臨床腫瘍学会「腫瘍崩壊症候群 (TLS) 診療ガイダンス」に基づいた腫瘍崩壊症候群の予防措置の効果について後方視的に検証する。
判定

迅速審査

条件付き承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 血液内科 医師 横山 明弘 

R18-036 新たに診断された濾胞性リンパ腫患者に関する多施設前方視的観察研究

研究の概要  日本における濾胞性リンパ腫(Follicular Lymphoma:FL)の新規診断患者の診断時の臨床状況(病期、腫瘍量、予後因子)及び病理診断分類、初回治療の動向を明らかにする。また、登録されたFL 患者の診断後の全生存期間、初回治療後の無増悪生存期間等の転帰を明らかにする。
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  薬剤部 薬剤師 廣瀬 祥子 

R18-037 当院におけるAST活動の内容報告と評価

研究の概要  抗菌薬適正使用支援チーム(AST:Antimicrobial Stewardship Team)の活動として多方面からアプローチすることで、抗菌薬適正使用推進に一定の効果があるということを確認することを目的とする。
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 麻酔科 医師 尾 由佳 

R18-038 日本ICU患者データベース

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R15-139)
判定

迅速審査

条件付き承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 耳鼻咽喉科 医長 南 修司郎 

R18-039 根治切除不能局所進行頭頸部扁平上皮癌に対するPaclitaxel, Carboplatin, Cetuximab (PCE) 導入化学療法後のCisplatin併用化学放射線療法の実施可能性試験

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-053)
判定  承認  全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医長 小山 孝彦 

R18-040 当院における肺真菌症に対する外科治療の検討

研究の概要  当院の肺真菌症に対する外科治療症例について検証し、治療成績を明らかにする。
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ