HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2017年度審議課題  >  第166回委員会審議2018年3月5日倫理委員会

第166回委員会審議2018年3月5日倫理委員会

申請者  診療部 耳鼻咽喉科 医師 利國桂太郎 

R17-193 受動喫煙が耳鼻咽喉科疾患へ及ぼす影響についての臨床的検討

研究の概要  多施設研究として悪性腫瘍を含む耳鼻咽喉科疾患全般と受動喫煙との関連を調査することを目的とする。
判定

条件付き

承認 

 調査票・説明文書・掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 診療部 耳鼻咽喉科

言語聴覚士

榎本 千江子 

R17-199 人工内耳装用児(者)の言語発達に関する研究

研究の概要  人工内耳装用児の言語発達の状況を調査し、人工内耳が言語獲得に貢献できる部分および問題点について明らかにすることを目的とする。
判定

条件付き

承認 

 申請書・掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 臨床研究センター 臨床疫学研究室 研究員 田中 雅之 

R17-200 代理意思決定に関与した担当医と患者家族等の決定過程と心的葛藤内容に関する両者比較質的研究

研究の概要  医療現場で代理意思決定に関与した担当医と代理意思決定者を対象に、医師から代理意思決定者に対する患者の病状と今後の見通しに関する説明内容、それらに関する両者のやりとり及び最終的な決定内容に関して記述する
判定

条件付き

承認 

 申請書・計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者 臨床研究センター

分子細胞生物学研究部長

岩田 岳 

R17-206 Mayo Clinic Eye Bankより提供されたヒト網膜組織を使ったトランスクリプトーム解析

研究の概要  Mayo ClinicのEye Bankから提供されるヒト網膜組織を用いてトランスクリプトーム解析を行い、転写産物(RNA)の内容と量、ゲノム中における転写領域、転写制御領域を解明し、ゲノム変異の場所と重ねて、転写RNAとの影響を明らかにすることを目的とする。
判定

条件付き

承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 精神科 医師 古野毅彦 

R17-207 大人になって注意欠如・多動症と診断された人が体験している生活上の困難および診断を受けたことに伴う心理社会的影響についての質的研究

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-013)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 産婦人科 医長 山下 博 

R17-208 子宮内膜癌患者を対象とした癌関連遺伝子異常解析研究

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-078)
判定

迅速審査

承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 形成外科 医長 落合 博子 

R17-209 ヒト皮膚を構成する生体成分の恒常性維持機構解明に関する研究

研究の概要  新鮮なヒト皮膚および皮下組織を用い、刺激負荷後の細胞外マトリクス成分やその関連因子の発現および機能を解析することにより、ヒトにおける皮膚や皮下組織を構成する生体成分の恒常性維持のメカニズムを明らかにする。
判定

条件付き

承認 

 申請書・説明文書・同意書・同意撤回書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 外科 レジデント 三善 友莉 

R17-210 乳房再建術後の局所再発4症例の検討

研究の概要  当院で経験した乳房再建後の局所再発4例の臨床学的特徴、治療、経過について後ろ向きに検討し、今後の診療指針の基礎データとして役立てる。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医師 額賀 重成 

R17-211 日本人COPD患者のよりよい生活に関する研究(Keio-COPD Better life Research K-CBR)

研究の概要  日本人COPD患者の特徴、予後、社会的背景を大規模なCOPDコホート前向き研究で検討する。定期的な患者側へのアンケートを中心に、疾患の理解度、自己管理状況、満足度などを明らかにし、これらに与える医療サイドの特徴、地域的、社会的要因含めて探索することを主目的とする。
判定

条件付き

承認 

 申請書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 臨床研究センター 臨床疫学研究室 室長 尾藤 誠司 

R17-212 人工知能が実装された医療現場を想定した上での医療情報の利用、および医療に関する決断についてのグループ調査

研究の概要  近未来シナリオを通じて、人工知能が実装された時代における医療情報のあり方、医療情報の利用の仕方、健康リスクを知った際の感情との向き合い方についてのグループ調査を行い、得られた調査の分析を通じて、不確実性を持つ健康リスク情報や診療等に関する選択肢に対して、人がどう考え向き合うのかについての理論化を行う。
判定

条件付き

承認

 申請書・説明文書・研究計画書・同意書・同意撤回書の修正、リクルート文の作成を条件に承認された。

 

申請者  診療部 初期臨床研修医 小林 恭子 

R17-213 著明な貧血を認めた局所進行乳癌5例の検討

研究の概要  著明な貧血を認めた局所進行乳癌に関して当院で経験した5例の臨床学的特徴、治療、経過について後ろ向きに検討する。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床検査科 医員 村田 有也 

R17-214 当院の乳腺領域における細胞診検査についての検討〜組織診検査との使い分けを目指して〜

研究の概要  当院の乳腺領域における細胞診検査の結果を組織診検査も合わせて後方視的に検討する
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 総合内科 医長 本田 美和子 

R17-215 フランス・医療保険データベースに基づく介護施設の多剤処方と職員教育プログラムの関連に関する検討

研究の概要  フランス疾病保険機構(L’asurannce Maladie)の長期療養施設データベースを用いて施設入居者の多剤投与(ポリファーマシー)と職員教育カリキュラムの関連を分析し、施設職員への教育が非薬物的ケア・アプローチに及ぼす影響を検討する。
判定

条件付き

承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 乳腺科 医長 松井 哲 

R17-216 「術前化学放射線療法の病理学的効果判定法を検討する研究(JCOG0306A1)」JCOG0306「腫瘍径2cm以上のI-IIIA期原発乳がんに対する術前化学療法とそれに続く放射線照射の有効性・安全性試験(PRICRA-BC)」の附随研究

研究の概要  乳がん術前化学放射線療法例における完全奏功の効果を行うための最適な病理診断法を検討する。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者

臨床研究センター 

医療経営情報・高齢者ケア研究室 

研究員

 大金 さや香

R17-217 人工内耳装用児者の旋律知覚に関する研究

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-147)
判定

迅速審査

承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 消化器科 レジデント 平井 悠一郎 

R17-218 10mm以下の十二指腸非乳頭部上皮性腫瘍に対するCold Snare Polypectomyの有効性および安全性に関する非ランダム化試験

研究の概要  10mm以下の十二指腸非乳頭部上皮性腫瘍に対するCold Snare Polypectomyの有効性および安全性を評価する。
判定

条件付き

承認

 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 泌尿器科 医長 斉藤 史郎 

R17-219 前立腺がんに対する放射線治療におけるSpaceOAR システムの有用性の検討

研究の概要  直腸と前立腺を離し直腸の被ばくを低減できるハイドロゲルスペーサを併用した小線源治療を行い、その有効性と安全性を検証することを目的とする。
判定

条件付き

承認

 計画書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者

薬剤部 

がん薬物療法研修マネージャー

大橋 養賢 

R17-220 IMiDs処方患者における薬剤師外来での診療支援の状況調査とその評価

研究の概要  IMiDs処方患者における薬剤師外来での診療支援の状況調査の実態把握とその業務の臨床的な評価を目的として調査を行う。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 9A病棟 看護師長 小俣 早百 

R17-221 当院の個室病棟の患者における看護サービス評価

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-127)
判定

迅速審査

承認

 全員一致で了承された。

 

申請者 臨床研究センター 聴覚・平衡覚研究部

非常勤研究員

吉浜 圭祐 

R17-222 頸動脈小体腫瘍の発症・腫瘍進展に関わる遺伝子変異および蛋白発現についての研究

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-001)
判定

条件付き

承認 

 計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 2A病棟 看護師長  七田 みどり

R17-223 急性期病院における脳神経系に疾患のある患者に対する背面開放座位の効果〜意識障害度スコアと睡眠覚醒状態判定基準を用いて〜

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-046)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 外科 医長 松井 哲 

R17-224 多施設共同抗がん薬曝露実態調査と医療従事者の安全確保のための「Hazardous Drugsの安全な取り扱い」の概念構築

研究の概要  H27-NHO(癌般)-01 Hazardous Drugsの取り扱いの際、統一した基準に基づいて投与リスクの実態を明らかにし、安全な取り扱いの概念を構築する。
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

 

このページのTOPへ