HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2017年度審議課題  >  第165回委員会審議平成30年2月5日倫理委員会

第165回委員会審議平成30年2月5日倫理委員会

申請者  診療部 眼科 医師 福井 正樹 

R17-188 真菌性角膜炎に関する多施設共同前向き観察研究に関する後ろ向き追加調査

研究の概要  日本眼感染症学会主導により、現在のわが国における真菌性角膜炎の患者背景・治療経過ならびに起因真菌の薬剤感受性を把握し、わが国における適切な真菌性角膜炎の診断・治療方法を確立に資する。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 整形外科 医長 森岡 秀夫 

R17-189 全国骨・軟部腫瘍登録

研究の概要  我が国における骨・軟部腫瘍(原発性悪性骨腫瘍、原発性良性骨腫瘍、原発性悪性軟部腫瘍、原発性良性軟部腫瘍、転移性骨腫瘍)の発生頻度とその治療の実態を明らかにすることにより、これらの腫瘍に対する診療・研究の質の向上を図り、国民の健康の向上に貢献することを目的とする。
判定

 条件付き

承認

 申請書・掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 救急科 後期研修医 石澤 嶺 

R17-190 中心静脈カテーテル留置に伴う内頸静脈血栓の疫学調査

研究の概要  中心静脈カテーテル留置に伴う内頸静脈血栓の観察を行うことで今後の診療の一助とする。
判定

条件付き

承認 

 申請書・掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 循環器内科 医長 樅山 幸彦 

R17-194 DPC データを用いた心疾患における医療の質に関する事業

研究の概要  レセプト、特定健診、DPCの情報を熊本県急性心筋梗塞登録データベースの発症、診療情報の情報と中核都市型医療圏における急性心筋梗塞診療、救急体制の実態調査を収集した地域医療機関、循環器発症、予後などの情報と組み合わせることにより、急性心筋梗塞、重症心不全の救急診療に関する大規模データベースを構築し、1)救急搬送時間の予後への影響、2)プロセス及びアウトカム指標による医療の質評価、3)医療費への影響を定量的に評価する。
判定

承認 

 全員一致で承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医員 八木 一馬 

R17-195 肺非結核性抗酸菌症に関する後方視的研究

研究の概要  肺非結核性抗酸菌症のために当院通院中の患者の臨床情報、血液検査結果、下気道呼吸器培養検体、画像検査結果、呼吸生理検査結果に関して、後方視的に解析し、発症および予後にかかわる因子等について明らかにする。
判定

条件付き

承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医員 八木 一馬 

R17-196 肺アスペルギルス症に関する後方視的研究

研究の概要  肺アスペルギルス症のために当院通院中の患者の臨床情報、血液検査結果、下気道呼吸器培養検体、画像検査結果、呼吸生理検査結果に関して、後方視的に解析し、発症および予後にかかわる因子等について明らかにする。
判定

条件付き

承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 外科 医師 浦上 秀次郎 

R17-197 症例登録システムを用いた腹腔鏡下肝切除術の安全性に関する検討  〜前向き多施設共同研究〜

研究の概要  症例登録システムを用いて腹腔鏡下肝切除術の安全性を多施設共同研究により評価する。
判定

条件付き

承認 

 申請書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 診療部 耳鼻咽喉科

言語聴覚士

榎本 千江子 

R17-198 10歳代で人工内耳埋め込み術を施行する場合の有効性に関する研究

研究の概要  10代で人工内耳埋め込み術を施行した先天性および進行性難聴者20名に対して手術前後の装用状況について調査する。手術前後の装用状況について調査し、そこから有用性について明らかにすることを目的とする。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 外科 医長 石 志紘 

R17-201 切除不能局所進行胸部食道扁平上皮癌に対する根治的化学放射線療法と導入 Docetaxel+CDDP+5-FU 療法後のConversion Surgery を比較するランダム化第III 相試験

研究の概要  遠隔臓器転移のない、根治切除不能と判断される局所進行胸部食道癌を対象に、3 剤併用化学療法(5-FU+CDDP+Docetaxel(DCF)療法)を実施した後に切除可能であれば根治切除を行い、切除不能であれば根治的化学放射線療法を行う治療が、標準治療である根治的化学放射線療法に対して、全生存期間において優れていることをランダム化第III 相試験にて検証する。
判定

 条件付き

承認

 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員 森 英毅 

R17-202 胃がんリスクマーカーとしての血漿グレリンの有用性

研究の概要  胃がんリスクマーカーとしての血漿グレリンの有用性を検討する。
判定

条件付き

承認 

 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 診療部 消化器科・消化管低侵襲治療室

室長・内視鏡センター長代行

西澤 俊宏 

R17-203 pT1大腸癌のリンパ節転移の国際共同研究 大腸癌治療ガイドラインに採用されているpT1 (SM)癌のリンパ節転移リスク因子の意義に関する検証と、Nomogramを用いたリンパ節転移リスク算出 toolの作成

研究の概要  大腸pT1(SM)癌におけるglobal standardな治療指針の設定を目指す見地から、リンパ節転移リスクの組織学的評価基準を確立を目的とする。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 統括診療部長 磯部 陽 

R17-204 一般社団法人 National Clinical Database における手術・治療情報データベース事業

研究の概要  日本全国の手術・治療情報を登録し,集計・分析することで医療の質の向上に役立て, 患者さんに最善の医療を提供することを目指す。
判定

迅速審査

承認

 全員一致で承認された。

 

申請者 臨床研究センター

分子細胞生物学研究部長

岩田 岳 

R17-205 眼科疾患におけるDNA、RNA、タンパク質、細胞の網羅的解析

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-159)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で承認された。

 

このページのTOPへ