HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2017年度審議課題  >  第164回委員会審議平成30年1月15日倫理委員会

第164回委員会審議平成30年1月15日倫理委員会

申請者 診療部 小児科

医療総合支援部長・小児科医長

込山 修 

R17-167 東京都における新生児死亡の調査:新生児死亡登録事業の普及

研究の概要  今後の多分野連携型前方視的な小児の死因究明制度を施行するに当たっての問題点を抽出すること、死亡診断書に加えて詳細な情報を収集することにより実態を把握することを目的にする。
判定

 条件付き

承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  4B病棟 副看護師長 多田 由香里 

R17-168 心臓血管外科術後患者を対象にICUダイアリーを用いて記憶のゆがみを修正した後の患者の心理状態

研究の概要  ICUダイアリーを導入し、記憶のゆがみを修正した後の患者の心理状態を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

 申請書・計画書・説明文書・同意書の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床研究センター 研究員 木村 優介 

R17-170 内耳奇形を伴う先天性難聴児の回転椅子検査を用いた前庭動眼反射の評価と粗大運動発達の遅れと獲得年齢に関する研究

研究の概要  内耳奇形をもつ先天性難聴幼児の回転椅子検査を用いた前庭動眼反射と頸定・独歩の獲得年齢を指標とした粗大運動発達の関係性を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 外科 医長 石 志紘 

R17-171 高齢(70歳以上)の切除可能病期胸部食道扁平上皮がん患者に対する高齢者アセスメントツールの前向き観察研究

研究の概要  高齢者切除可能胸部食道扁平上皮がん(UICC7版:T4を除くstage II/III)を対象として高齢者アセスメントを実施し切除可能な臨床病期の胸部食道扁平上皮がんにおける各アセスメントツールの基礎データを収集し治療の選別状況を明らかにすることである。また高齢者アセスメントと選択された治療の有害事象および転機との関係も探索する。
判定

条件付き

承認 

 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 診療部 放射線科

診療放射線技師長

 大山 正哉

R17-172 放射線診療従事者の不均等被ばく、特に水晶体の管理に関する実態調査

研究の概要  放射線診療従事者はプロテクタ着用しているため均等被ばくより不均等被被ばくと考える事が妥当である。不均等被ばく管理(胸部、頭頚部個人モニタ2個)された個人モニタの値を大規模調査し集計解析することによって、水晶体等価線量の実態を明らかにすることを目的とする。
判定

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 耳鼻咽喉科 医師  伊藤 文展

R17-173 JCOG1008:局所進行頭頸部扁平上皮癌術後の再発ハイリスク患者に対する3-Weekly CDDPを同時併用する術後補助化学放射線療法とWeekly CDDPを同時併用する術後補助化学放射線療法に関するランダム化第/形蟷邯

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R15-062)
判定

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員 森 英毅 

R17-174 上部消化管疾患におけるクロノタイプの特徴の探索:日本における多施設共同研究

研究の概要  上部消化管疾患とクロノタイプの関連を検討するために多施設共同研究を行うこととし、上部消化管疾患とクロノタイプの関連を明らかにすることを目的とする。
判定

 条件付き

承認

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 耳鼻咽喉科 医師  伊藤 文展

R17-175 JCOG1601: Stage I/II舌癌に対する予防的頸部郭清省略の意義を検証するランダム化比較第III相試験

研究の概要  Stage I/II (T1-2N0)の舌癌を対象に、舌部分切除単独群が標準治療である舌部分切除+予防的頸部郭清術群に対して全生存期間において非劣性であることをランダム化比較にて検証する。
判定

条件付き

承認 

 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 耳鼻咽喉科 医師 伊藤 文展 

R17-176 外耳道癌進行例の全国調査

研究の概要  全国のJCOG頭頸部グループ参加施設における過去の外耳道癌進行例を調査・集積し、日本における外耳道癌進行例の治療方針、治療成績、予後や合併症などについて明らかにすることを目的とする。
判定

 条件付き

承認

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 総合内科 医師 森 伸晃 

R17-177 日本におけるノカルジア症の臨床的疫学と感受性に関する後方視的研究

研究の概要  日本の施設で診断されたノカルジア症の患者の臨床的特徴、治療および転帰を記述し、日本におけるノカルジア症の感受性を記述する。
判定

 条件付き

承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 クリティカルケア支援室 診療看護師 田村 浩美 

R17-178 診療看護師(JNP)の土日祝日の救急外来における活動の評価

研究の概要  土日祝日の診療看護師(JNP)の二次救急外来での活動の振り返りを行い評価することを目的とする。
判定

 条件付き

承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床遺伝センター/小児科 山澤 一樹 

R17-179 染色体または遺伝子に変化を伴う疾患群の遺伝子診断

研究の概要  次世代シーケンサーを利用した染色体または遺伝子に変化を伴う疾患群に対する効率的な遺伝子診断システムの構築
判定

条件付き

承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床遺伝センター/小児科  山澤 一樹

R17-180 双胎間輸血症候群によるDNAメチル化の変化と出生後の成長に関する研究

研究の概要  双胎間輸血症候群(Twin-to-twin transfusion syndrome; TTTS)においてDNAメチル化が成長に及ぼす影響を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

 申請書・説明と同意・同意書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 乳腺科 医長 松井 哲 

R17-181 高齢者HER2 陽性進行乳癌に対するT-DM1 療法とペルツズマブ+トラスツズマブ+ドセタキセル療法のランダム化比較第III相試験

研究の概要  高齢者HER2 陽性進行乳癌に対するT-DM1 療法の臨床的有用性(全生存期間における非劣性)を標準治療であるトラスツズマブ+ペルツズマブ+ドセタキセル療法(HPD 療法)とのランダム化比較にて検証する。
判定

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 乳腺科 医長 松井 哲 

R17-182 JCOG-バイオバンク・ジャパン連携バイオバンク

研究の概要  JCOG-バイオバンク・ジャパン(BBJ)連携バイオバンクは、事前に計画された試料解析研究の有無によらず、JCOGで実施される臨床試験に登録された患者の試料を収集して一括保管し、将来実施される試料解析研究に対して試料および診療情報を適切に提供することを目的とする。
判定

 条件付き

承認

 説明文書・同意書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 外科 医師 河合 佑子 

R17-183 当院における再発転移乳癌に対するエリブリンの投与症例の検討

研究の概要  当院における再発転移乳癌に対するHAL療法の効果と安全性を後ろ向きに検討する。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 外科 非常勤 岩田 侑子 

R17-184 当院における葉状腫瘍63例の検討

研究の概要  比較的稀な乳腺腫瘤である、葉状腫瘍に関して当院で経験した63例の臨床学的特徴、治療、経過について後ろ向きに検討する。
判定

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 外科 医師 原田 華子  

R17-185 小葉癌の再発形式から見た予後についての検討

研究の概要  小葉癌の再発形式や再発時期に着目して予後の検討を行う。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 事務部企画課医事室

診療情報管理専門職

遠山 義彦 

R17-186 転倒転落アセスメントシートの妥当性についての検証

研究の概要  看護師が入院時または手術後等に患者ひとりひとりに対して評価を

行っている「転倒転落アセスメントシート」の項目が転倒転落の防止に繋がるものであるかを検証する。

判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 看護師 平山 香里 

R17-187 がん患者におけるインフォームドコンセントに対するケアニーズ及びインフォームドコンセントにおける看護師の実態調査

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-124)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  臨床疫学研究室 室長 尾藤 誠司 

R17-192 模擬診療を用いた医療コミュニケーションにおける情動と決断および相互信頼との関連に関する分析

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-031)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ