HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2017年度審議課題  >  第163回委員会審議平成29年12月3日倫理委員会

第163回委員会審議平成29年12月3日倫理委員会

申請者  診療部 歯科口腔外科 医員 高久勇一朗 

R17-144 入院加療を要した歯性感染症に関する実態調査

研究の概要  入院加療を要した歯性感染症患者に対して、適切な診断と治療方針の決定とともに、抗菌薬の選択や投与量、投与期間などが適正に行われているか模索する
判定

条件付き

承認 

 申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 麻酔科 診療看護師 川村 知也 

R17-145 人工関節置換術における末梢神経ブロックの有用性

研究の概要  鎮痛法の変更による鎮痛効果の評価や、嘔気嘔吐の発生といった有害事象を評価し、現状の把握とともに問題点の抽出をおこなう
判定

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 循環器内科 医員 谷本 耕司郎 

R17-146 カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)

研究の概要  日本におけるカテーテルアブレーションの現状(施設数、術者数、疾患分類、合併症割合等)を把握することにより、カテーテルアブレーションの不整脈診療における有効性・有益性・安全性およびリスクを明らかにする
判定

条件付き

承認 

 申請書・計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者 国際医療福祉大学

医療経営情報・高齢者ケア研究室

研究員

 大金 さや香

R17-147 人工内耳装用児者の旋律知覚に関する研究

研究の概要  人工内耳装用児者に対し旋律知覚テストを作成し、ピッチ弁別などの知覚能力、背景要因や音楽経験との関連について検討し、旋律知覚のプロセスについて明らかにする
判定

条件付き

承認 

 申請書・計画書・説明文書・アンケートの修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 循環器内科 医員 谷本 耕司郎 

R17-148 心房細動アブレーション後の飲酒量と心房細動再発率の関連を検討する多施設コホート研究

研究の概要  心房細動アブレーション後の飲酒量の抑制と心房細動再発率の関係を検討する
判定

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  薬剤部 薬剤師  新島 大輔

R17-149 当院の薬剤師外来(抗がん薬)の取り組み紹介とその成果

研究の概要  当院の薬剤師外来(抗がん薬)における実施件数や所要時間,処方提案内容などの実績調査を行い,その結果を明らかにする
判定

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 外科 医長 大石 崇 

R17-150 切除不能・再発大腸癌サルベージラインにおけるTAS-102、Bevacizumab併用療法のQOL評価に関する多施設共同研究

研究の概要  切除不能・再発大腸癌におけるTAS-102、Bevacizumab併用療法の有効性および安全性を検討する
判定

条件付き

承認 

 説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医長 小山田 吉孝 

R17-151 自己免疫疾患の病態解明を目指した網羅的研究

研究の概要  関節リウマチを主とする自己免疫疾患患者、慢性・急性呼吸器疾患患者、市中の感染症患者、健常人の血液、組織サンプルを利用し、遺伝子発現・タンパク解析に加え、産総研糖鎖医工学センターの持つグライコプロテオミクスの技術を取り入れた新しい網羅的解析を行うことで、自己免疫疾患の根本治療にも繋がる新しい治療標的の探索・同定をすることを目的とする
判定

条件付き

承認 

 申請書を修正し、データシートを作成、掲示文の削除を条件に承認された。

 

申請者  東京医療センター 副院長 久部 洋子 

R17-152 診療看護師(JNP)の教育支援プログラムの作成の現状調査

研究の概要  当院ではJNPが配属されてから5年が経過しており、その振り返りと見直しをする事で評価を行い、その結果より良い教育支援プログラムの作成を行う
判定

 条件付き

承認

 申請書・+説明文書の修正、同意文書と同意撤回文書の作成を条件に承認された。

 

申請者 クリティカルケア支援室

診療看護師

青木 瑞智子 

R17-153 三次救急の初期診療における診療看護師の役割に関する研究

研究の概要  当救命救急センターの三次救急の初期診療に従事する医師・看護師を対象に、診療看護師の介入に関する調査を行い、今後の三次救急の初期診療における診療看護師の役割を見出す
判定

条件付き

承認 

 アンケート用紙の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部(2階A病棟) 看護師長 七田 みどり 

R17-154 高度急性期病院における神経難病患者の退院支援を考える 〜病棟看護師と退院支援チームと連携した1事例を振り返る〜

研究の概要  高度急性期病院において、退院困難が予想された患者に対し、病棟看護師と退院支援チームとの連携により自宅退院に繋がった事例について、それぞれの立場における退院支援のあり方を考察する。
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 血液内科 医師  横山 明弘

R17-155 多発性骨髄腫に関する多施設共同後方視的調査研究

研究の概要  多発性骨髄腫の治療の現状とその成績を後方視的に解析し,各種治療法の有効性を明らかにするとともに,今後の治療戦略の確立に寄与する。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書・データシートの修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 救急科 医員 太田 慧 

R17-156 日本ICU患者データベース(Japanese Intensive care PAtient Database, JIPAD)

研究の概要  ICU に入室し管理を受けた患者についての多施設登録システムの開発により、我が国の集中治療の客観的評価、参加施設間の差についての客観的指標を得ることができるようになり、最終的には治療成績の向上が期待できる。
判定

条件付き

承認 

 申請書・掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 泌尿器科 医長 斉藤 史郎 

R17-157 根治療法後に再発を来た非転移性の去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの臨床効果及び安全性の検討(JCASTRE-Zero)

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-113)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者 臨床研究センター

分子細胞生物学研究部長

岩田 岳 

R17-159 眼科疾患におけるDNA、RNA、タンパク質、細胞の網羅的解析

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-069)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

   

申請者  診療部 泌尿器科 医長 斉藤 史郎 

R17-160 当院における前立腺癌患者に対するヨウ素125密封小線源永久挿入療法に関する治療実態・臨床研究

研究の概要  前立腺癌に対するヨウ素125密封小線源永久挿入療法は、当院が日本における先駆的施設であり、治療数も国内随一である。この治療データを集計し、治療効果と安全性を確認する。
判定

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 泌尿器科 医長 斉藤 史郎 

R17-161 当院における前立腺癌患者に対する手術支援ロボット、ダヴィンチを使用する前立腺全摘術に関する実態調査・臨床研究

研究の概要  前立腺癌に対する手術支援ロボット、ダヴィンチを使用する前立腺全摘術の治療データを集計し、治療効果や安全性に関して学会、論文に利用する。
判定

条件付き

承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 泌尿器科 医長 斉藤 史郎  

R17-162 当院における腎癌患者に対する手術支援ロボット、ダヴィンチを使用する腎部分切除術に関する実態調査・臨床研究

研究の概要  腎癌に対する手術支援ロボット、ダヴィンチを使用する腎部分切除術の治療データを集計し、治療効果や安全性に関して学会、論文に利用する。
判定

 条件付き

承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床疫学研究室 室長 尾藤 誠司 

R17-163 患者と医療者で“ともに考える”診療意思決定支援の有効性に関する研究

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-062)
判定

 迅速審査

承認

 全員一致で了承された。

 

申請者  薬剤部 副薬剤部長 軍司 剛宏 

R17-164 病棟薬剤業務での疑義照会による有害事象回避事例件数の推移に関する多施設共同前向き観察研究(副題)有害事象回避事例率と病棟薬剤業務の成熟度の相関について

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-100)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 麻酔科 医師 尾 由佳 

R17-165 日本ICU患者データベース

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R15-139)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

   

申請者  産婦人科/臨床遺伝センター 医員 植木 有紗 

R17-166 BRCA遺伝子検査に関するデータベースの作成

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-040)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ