HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2017年度審議課題  >  第161回委員会審議平成29年10月2日倫理委員会

第161回委員会審議平成29年10月2日倫理委員会

申請者  診療部 消化器内科 医員  菊池 真大

R17-120 肝硬変患者の予後を含めた実態を把握するための研究

研究の概要  慢性肝疾患患者における肝硬変患者の頻度、慢性肝炎から肝硬変への進展率、肝硬変患者の生命予後とChild-Pugh分類の移行度を明らかにする。
判定

条件付承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。 

 

申請者  5階B病棟 看護師 大滝 直美 

R17-121 小児患者における新たな静脈持続点滴刺入部固定方法の評価

研究の概要  小児における静脈持続点滴刺入部の新たな固定方法に対する評価を明らかにする。
判定

承認 

 全員一致で承認された。

 

申請者  手術室 看護師 吉田 千春 

R17-122 部署内継続的教育プログラムの実施とその効果の検討 〜プリセプターの役割自己評価を用いて〜 

研究の概要  施設内研修を部署内継続的教育プログラムに取り入れ実施した効果を、プリセプター役割自己評価を用いて検討する。
判定

 条件付承認

 研究計画書と「フォーカスグループインタビューに関して」の修正を条件に承認された。

 

申請者  院長・膠原病内科 院長  大島 久二

R17-123 HR-pQCTを用いた骨関節疾患の病態解明のための観察研究

研究の概要  HR-pQCTを用いて皮質骨量や海綿骨量だけではなく皮質骨厚、海綿骨の骨梁数・骨梁間距離などを計測し、原発性骨粗鬆症と二次性骨粗鬆症を横断的に検討して基礎疾患や薬剤による骨微細構造の変化を明らかにする。
判定

 条件付承認

 計画書・掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 看護師 平山 香里 

R17-124 がん患者におけるインフォームドコンセントに対するケアニーズ及びインフォームドコンセントにおける看護師の実態調査

研究の概要  ケアに対する看護師の意識と患者さんが看護師に求めたいケアの内容を把握する。
判定

 条件付承認

 看護師用説明文とアンケートの修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器外科 医長 小山 孝彦 

R17-125 異時性多発肺癌手術例の検討

研究の概要  当院の異時性多発肺癌症例に対する外科治療成績を明らかにする。
判定

 条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

       

申請者  4階A病棟 看護師  保坂 煕

R17-126 気管挿管患者における口腔ケアの標準化による変化

研究の概要  当院救命救急センターにおける口腔ケアの標準化による、ICU入室日数や肺炎発症率など治療経過の変化を明らかにする。
判定

 条件付承認

 申請書・説明文書・計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者  政策医療企画研究部 臨床疫学研究室 古田 裕亮 

R17-128 患者背景に着目した後期高齢者肺炎症例における入院長期化要因の探索

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-070)
判定

 迅速審査

承認

 全員一致で承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 レジデント 細尾 咲子 

R17-129 当院におけるCandida膿胸症例の検討

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R15-145/R17-082) 
判定

 迅速審査

承認

 全員一致で承認された。

                           

申請者  臨床疫学研究室 研究員  齊藤 優子

R17-132 過去5年間に当科で経験した重症薬疹のまとめ

研究の概要  当院皮膚科で過去5年間に経験した重症薬疹17例を振り返り、重症度判定のポイント、それらをどのように評価し、どのような治療を選択したか、そして、その結果、予後がどうであったかを検討する。
判定

 条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

このページのTOPへ