HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2017年度審議課題  >  第159回委員会審議平成29年8月7日倫理委員会

第159回委員会審議平成29年8月7日倫理委員会

申請者  診療部 小児科 医員  藤田 尚代

R17-047 新生児における酵素法による血清クレアチニンとシスタチンCの基準値設定に関する研究

研究の概要  新生児期の血清クレアチニンの基準値を作ることで、初めての健診となる生後1か月において腎機能を評価することが可能となる。
判定

条件付承認

 説明文書・同意書・同意撤回書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器外科 医長  小山 孝彦

R17-068 悪性胸膜中皮腫の前方視的データベース研究

研究の概要  本邦で診断された悪性胸膜中皮腫症例を前方視的に登録し、データベースを構築して治療成績を検証することと、TNM分類と病期の妥当性を検証する。
判定

条件付承認

 説明文書・同意書の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床研究センター 分子細胞生物学研究部長  岩田 岳

R17-069 眼科疾患におけるDNA、RNA、タンパク質、細胞の網羅的解析

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-153)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で承認された。

   

申請者  診療部 外科 医長 石 志紘 

R17-072 高齢(65歳以上)の切除可能胸部食道扁平上皮がんに対する治療成績に関する後ろ向き多施設共同観察研究

研究の概要  多施設を対象として高齢者切除可能胸部食道扁平上皮がん(T4 を除くstage II/III) における患者背景・治療内容・治療成績・予後などについて、既存の資料(診療録、画像、検査データ)を調査し我が国における診療の現状を把握し治療成績・予後・有害事象を調査し、課題を明らかにする。 
判定

条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

    

申請者  診療部 外科 医長  大石 崇

R17-073 ロンサーフ(TFTD)使用症例の後ろ向き観察(コホート)研究

研究の概要  実臨床下におけるTFTDの中止理由を後ろ向きコホート研究により調査し、どのような症例がTFTDにより長期生存を得ることができているのかを明らかにする。
判定

条件付承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

     

申請者  看護部 看護師 笹岡 綾子 

 R17-074 乳房温存手術後の放射線療法を受ける患者の不安とケアニーズ 

研究の概要  乳房温存後の放射線療法を受ける患者の不安とケアニーズを明らかにする。
判定

条件付承認

 アンケート文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 眼科 医師  山西 竜太郎

 R17-075 酵素補充療法により自覚的視機能が改善したHunter症候群の一例

研究の概要  酵素補充療法により自覚的視機能が改善したHunter症候群の一例を報告する。
判定

迅速審査

承認

 全員一致で承認された。

 

申請者 臨床研究センター 視覚研究部 研究員  佐々木 真理子

 R17-076 糖尿病黄斑浮腫患者に対する治療実態の疫学調査

研究の概要  我が国において、実臨床における糖尿病黄斑浮腫に対する治療実態を明らかにし、いわゆる”Real World”における糖尿病黄斑浮腫治療が、果たして視力低下の抑止に有効性を示しているかを、既報におけるVEGF(血管内皮増殖因子)阻害薬の単独治療と比較対照することで、検証する。
判定

条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

   

申請者  診療部 総合内科 医師  森 伸晃

 R17-077 血液培養より分離したIMP型メタロβラクタマーゼ産生腸内細菌科細菌の微生物学的および臨床的特徴に関する検討

研究の概要  IMP型メタロβラクタマーゼ(MBL)産生腸内細菌科細菌の薬剤耐性遺伝子を含めた微生物学的特徴および血流感染の臨床的特徴や治療効果について明らかにする。
判定

条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 産婦人科 医長  山下 博

 R17-078 子宮内膜癌患者を対象とした癌関連遺伝子異常解析研究

研究の概要  血液と手術時の切除腫瘍組織を用いて、標準治療の選択肢がない日本人子宮内膜癌患者の体細胞系列の遺伝子異常の頻度を明らかにする。
判定

条件付承認

 説明文書・同意撤回書の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 副看護師長 長橋 明子 

 R17-079 急性期病院におけるがんサロンの運用と課題

研究の概要  当院の「がんサロン」で求められるサロンのあり方について意義を考察する。
判定

条件付承認

 申請書・アンケート文の修正を条件に承認された。

    

申請者  4階A病棟 看護師 佐藤 圭 

 R17-080 救命救急センターにおける専任担当看護師を配置した早期リハビリテーションチーム導入による効果の検証

研究の概要  救命救急センターにおいて、ICUに入室する患者に対する、専任担当看護師配置を含む早期リハビリテーションチーム導入の効果を明らかにする。
判定

条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

    

申請者  診療部 呼吸器科 医員  里見 良輔

 R17-081 PI3K/AKT/mTOR経路の遺伝子変異を含む稀な遺伝子異常を有する小細胞肺癌の臨床病理学的、分子生物学的特徴を明らかにするための前向き観察研究

研究の概要  LC-SCRUM-JAPANに参加した全国の研究協力施設から提出された小細胞肺癌の臨床検体を用いて遺伝子解析を実施し、PI3K/AKT/mTOR 経路の遺伝子変異陽性小細胞肺癌を同定して、その臨床病理学的、分子生物学的特徴を明らかにする。
判定

条件付承認

 説明文書の修正を条件に承認された。

    

申請者  診療部呼吸器科 レジデント  細尾 咲子

 R17-082 当院におけるCandida膿胸症例の検討 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R15-145)
判定

迅速審査

承認

 全員一致で承認された。

             

申請者  5A病棟 看護部 助産師 柴田 有貴 

 R17-083 当院で出産した産後1か月の母親における母乳栄養確立の関連要因

研究の概要  当院において今後の母乳栄養確立に向けた支援の示唆を得るために、産後1か月の母親に対し、妊娠期から産後1か月までの母乳栄養について調査を行う。
判定

条件付承認 

 申請書・説明文書・アンケート文の修正を条件に承認された。

    

申請者  診療部 産婦人科 医長  山下 博

 R17-084 日本産科婦人科学会データベース登録事業(周産期登録)

研究の概要  本邦における産婦人科領域の診療の現状を把握し、産婦人科診療における臨床的課題を抽出する。 
判定

条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

    

申請者  診療部 産婦人科 医長 山下 博

 R17-085 日本産科婦人科学会データベース登録事業(婦人科腫瘍登録)

研究の概要  本邦における産婦人科領域の診療の現状を把握し、産婦人科診療における臨床的課題を抽出する。
判定

条件付承認 

 掲示文書の修正を条件に承認された。

  

申請者  2階A病棟 看護師長  七田 みどり 

 R17-086 急性期病院における脳神経系に疾患のある患者に対する背面開放座位の効果  〜意識障害度スコアと睡眠覚醒状態判定基準を用いて〜

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-046) 
判定

迅速審査

承認

 全員一致で承認された。

    

申請者  診療部 呼吸器科 医員  森 英毅

 R17-087 大腸内視鏡検査時の静脈麻酔の安全性に関する後ろ向き観察研究

研究の概要  ベンゾジアゼピン系麻酔薬とペチジンによる大腸内視鏡検査時の麻酔による安全性を明らかにする。
判定

条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

    

申請者  診療部 外科 医員 徳山 丞 

 R17-088 胃癌症例における多施設共同後方視的研究

研究の概要  単施設での胃癌症例の検討では限界のある項目に対し、多施設でのデータを元にして学術的構築を行う。
判定

条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

       

申請者  臨床疫学研究室 室長 尾藤 誠司 

 R17-091 患者と医療者で“ともに考える”診療意思決定支援の有効性に関する研究

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-062) 
判定

迅速審査

承認

 全員一致で承認された。

    

申請者  看護部 看護師  笹岡 綾子 

 R17-093 当院のマンマサロンのニーズと今後の課題

研究の概要  当院でのマンマサロンのニーズと今後の課題を明らかにする。
判定

条件付承認

 掲示文書の修正を条件に承認された。

    

申請者   院長 大島 久二 

 R17-094 ステロイド性骨粗鬆症に対するテリパラチド週1回製剤の有用性の検討

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-039)
判定

迅速審査

承認 

 全員一致で承認された。

                      

申請者  2階A病棟 看護師長  七田 みどり

 R17-098 急性期病院における脳神経系に疾患のある患者に対する背面開放座位の効果  〜意識障害度スコアと睡眠覚醒状態判定基準を用いて〜

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R17-046,R17-086)
判定

迅速審査

承認

 全員一致で承認された。

 

このページのTOPへ