HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2017年度審議課題  >  第155回委員会審議平成29年04月10日倫理委員会

第155回委員会審議平成29年04月10日倫理委員会

 

申請者

診療部 血液内科 医師

横山 明弘

R17-004  IgE型多発性骨髄腫に関する多施設共同後方視的調査研究

研究の概要  IgE型多発性骨髄腫を検討し、臨床的特徴、経過、治療内容とその効果、予後因子などについて後方視的に検討する。
判定

承認 

全員一致で承認された。

 

申請者

診療部 小児科 医員

香取 奈穂

R17-007  精神保健診療におけるビデオ録画 

研究の概要  診療場面をビデオに録画し、それを診療展開に役立てる。
判定

条件付き

承認 

 申請書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床研究センター 疫学研究室 研究員  山本 康博

 R17-002 当院における直接作用型経口抗凝固薬により惹起されたびまん性肺胞出血症例についての後方視的研究 

研究の概要  直接作用型経口抗凝固薬によるびまん性肺胞出血の頻度と傾向を知る。
判定

条件付き

承認 

計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者  薬剤部 薬剤師  小川 千晶

 R17-015 先発医薬品ドセタキセルと後発医薬品ドセタキセルにおける安全性の検討 

研究の概要  ドセタキセルの先発医薬品品タキソテール®と後発医薬品品ドセタキセル®「ヤクルト」の有害事象の発生頻度の違いを比較検討する。
判定

条件付き

承認 

説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  菊地 真大

 R17-010 本邦の急性肝炎の発生状況調査と治療法に関する研究 

研究の概要  本邦の急性肝炎の発生状況、重症化、劇症化に関する因子を明らかにし、適切な治療法について検討する。
判定

条件付き

承認 

申請書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 総合内科 医師  林 哲朗

 R17-019 高齢入院患者における院内心肺蘇生に関する実証研究 

研究の概要  国立病院機構に所属する施設の入院患者情報データベースの二次解析を行うことにより、高齢入院患者におけるCPR後の転帰を具体的に示す。
判定

条件付き

承認 

掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 外科 医師  西原 佑一

 R16-177 実体臓器モデルとTAPP check listを用いた腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術術前評価の試み 

研究の概要  実体臓器モデルとTAPP check listを用いた腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術術前習熟度客観的評価法および,TAPP未習熟者が目指す基準到達点の確立
判定

条件付き

承認 

計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医長  小山田 吉孝

 R17-009 特発性間質性肺炎に対する多施設共同前向き観察研究 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-163)
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。

 

申請者  臨床研究センター 聴覚・平衡覚研究部長  松永 達雄

 R17-017 難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-186)
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。

 

申請者  臨床研究センター 疫学研究室 研究員  舩津 洋平

 R17-018 喀痰の質と抗酸菌培養 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-179)
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医長  小山田 吉孝

 R17-021 特発性肺線維症に対する nintedanib の効果- 長期予後ならびに治療反応性予測因子に関する検討 - 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-033)
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 小児科 医員  山澤 一樹

 R17-022 家族性・若年性のがん及び遺伝性腫瘍に関する診断と研究 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R15-030)
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。

 

申請者  臨床研究センター 疫学研究室 研究員  永川 明香

 R17-025 当院総合内科に入院した90才以上の高齢患者入院時処方薬の妥当性に関する研究 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-026)
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。

 

申請者  診療部 外科 医長  松井 哲

 R17-028 HER2陽性乳癌におけるアンドロゲン受容体発現の効果予測因子としての意義 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R15-063)
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。

このページのTOPへ