HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2016年度審議課題  >  第151回委員会審議平成28年12月05日倫理委員会

第151回委員会審議平成28年12月05日倫理委員会

 

申請者

看護部 7階A病棟 看護師

中原 法子

R16-140  化学療法中の患者に対する看護師による転倒予防の教育

研究の概要  化学療法中の患者に対する看護師の転倒予防に関する患者教育の実態及び患者教育にパンフレットを導入したことによる効果を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書・計画書・説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者

看護部 看護師

笹岡 綾子

R16-136  看護師による乳癌術後のリンパ浮腫指導の現状と実態調査 

研究の概要  当院での病棟看護師のリンパ浮腫指導の実態を明らかにすること
判定

条件付き

承認 

 申請書等の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 レジデント  砂田 由紀恵

 R16-119 C型慢性肝炎セログループ2型治療におけるイコサペント酸エチルの有用性 

研究の概要  C型慢性肝炎におけるSOF/RBV併用療法で出現する溶血性貧血に対してEPAをを併用した患者の結果や臨床経過を検討する。
判定

条件付き

承認 

申請書、掲示文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 医療総合支援部長  込山 修

 R16-135 川崎病の急性期治療の有効性に関する多施設共同前向きコホート研究 

研究の概要  川崎病急性期治療の有効性と安全性を明らかにすること、IVIG不応予測スコアにより層別化し、治療反応性やCALの頻度を評価すること、不全型も典型例と同様に統一した方針で対応し、治療反応やCALの頻度を評価する。
判定

条件付き

承認 

掲示文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 循環器内科 医長  樅山 幸彦

 R16-139 DPC データを用いた心疾患における医療の質に関する事業 

研究の概要  急性心筋梗塞、重症心不全の救急診療に関する大規模データベースを構築し、救急搬送時間の予後への影響、プロセス及びアウトカム指標による医療の質評価、医療費への影響を定量的に評価する。
判定

条件付き

承認 

掲示文の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  加藤 元彦

 R16-127 高齢早期胃癌患者の生命予後についての後ろ向きコホート研究 

研究の概要  具体的なデータに基づいて80歳以上の高齢者に対する内視鏡治療のメリットとデメリットを明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床研究センター 平衡覚障害研究室 室長  五島 史行

 R16-112 耳鼻咽喉科における脳脊髄液減少症 

研究の概要  耳鼻咽喉科における脳脊髄液減少症症例の重心動揺検査などの諸検査の特徴について検討し臨床的特徴を明らかにする。
判定

承認 

全員一致で承認された。

 

申請者  臨床研究センター 平衡覚障害研究室 室長  五島 史行

 R16-111 難治性めまいにしめる精神神経疾患 

研究の概要  難治性めまいにしめる精神神経疾患の臨床的特徴(年齢、性別、耳鼻咽喉科診断名、精神科診断名、病悩期間、聴力検査結果)について検討する。
判定

承認 

全員一致で承認された。

 

申請者  診療部 耳鼻咽喉科 医長  南 修司郎

 R16-134 老人性難聴患者を対象とした音声言語環境調査と認知機能評価 

研究の概要  老人性難聴患者を対象に、LENA(Language ENvironment Analysis)システムを用いて、聴覚言語環境を調査し、難聴と認知機能の関連を調査する。
判定

条件付き

承認 

計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 総合内科 医長  本田 美和子

 R16-109 自閉症傾向のある子供へのユマニチュードによる行動変容に関する研究 

研究の概要  ユマニチュードに基づく関わりにより、ASD児童の行動変容の効果について明らかにすること、ASD児童に対して保護者が家庭でユマニチュードに基づく関わりを行うことにより、保護者の育児ストレスの軽減効果について明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書・計画書・説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  森 英毅

 R16-133 ボノプラザン、メトロニダゾール、シタフロキサシンによるピロリ菌除菌療法 

研究の概要  MNZ+STFX+ P-cabレジメンの三次除菌治療およびペニシリンアレルギー患者に対する除菌治療における有効性および安全性について検討する。
判定

条件付き

承認 

申請書、説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  森 英毅

 R16-132 ピロリ菌除菌困難例に対するボノプラザン、アモキシシリン、シタフロキサシンによる三次除菌療法 

研究の概要  STFX+AMPC+ P-cabレジメンの有効性および安全性について検討すべく、更なる症例集積を目的とし、評価項目は、除菌率、治療関連有害事象の観察とする。
判定

条件付き

承認 

申請書、説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 呼吸器科 医師  里見 良輔

 R16-137 慶應義塾大学病院とその関連施設における進行非小細胞肺癌に対するニボルマブ投与の症例集積研究 

研究の概要  慶應義塾大学病院およびその関連施設におけるNivolumab投与症例を集計し、患者の背景因子と治療効果、有害事象、予後との関係を解析し、臨床試験と一般臨床を比較検討する。
判定

条件付き

承認 

計画書、承認書の名称確認を条件に承認された。

このページのTOPへ