HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2016年度審議課題  >  第150回委員会審議平成28年11月07日倫理委員会

第150回委員会審議平成28年11月07日倫理委員会

 

申請者

看護部 8階B病棟 看護師

大本 栄子

R16-123  救命救急センタースタッフが自殺関連行動の患者に対応する際に抱く感情とその要因、ニーズについての実態調査

研究の概要  当院救命救急センタースタッフの自殺関連行動の患者対応時の感情とその要因、ニーズについての実態を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書、調査書の修正を条件に承認された。

 

申請者

看護部 4階B病棟 看護師

佐藤 英則

R16-129  OAG導入による看護師の知識、意識、行動の変化 

研究の概要  Oral Assessment Guideを、日々行っている口腔ケア実施前に導入することで看護師の口腔内評価に関する知識、意識、行動が変化するのか明らかにする。
判定

条件付き

承認 

 アンケートの修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 レジデント  西原 佑一

 R16-118 実体型腹腔シミュレータと実体臓器モデル用いた腹腔鏡手術術前教育システムの有用性に関するアンケート調査 

研究の概要  実体型腹腔シミュレータと実体臓器モデル用いた腹腔鏡手術術前教育システムの有用性をアンケート調査形式で評価する事。
判定

条件付き

承認 

利益相反に関する利害関係の確認を条件に承認された。

 

申請者  看護部 看護師  安倍 理沙子

 R16-117 卒後2年目看護師(助産師を含む)のストレス要因―ワーク・エンゲイジメントとの関連性とその支援について―

研究の概要  2年目看護師の抱えるストレス要因について実態調査を行い、ワーク・エンゲイジメントとの関連性と支援策を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書、アンケート用紙の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  木下 聡

 R16-120 潰瘍性大腸炎に合併した腫瘍性病変に対する大腸ESDの意義 

研究の概要  潰瘍性大腸炎に合併した腫瘍性病変に対するESD(Endoscopic submucosal dissection)の有用性および臨床的意義を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書、掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  加藤 元彦

 R16-124 上部消化管出血に対して施行した緊急内視鏡における鎮静の安全性に関する後ろ向き研究 

研究の概要  上部消化管出血を目的とした緊急内視鏡時に使用するベンゾジアゼピン系麻酔薬の呼吸循環動態への影響を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書、掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  森 英毅

 R16-107 大腸内視鏡検査におけるリドカインの腸管蠕動抑制効果に関する多施設共同研究:生理食塩水を対照とした二重盲検比較試験 

研究の概要  リドカインの腸管内注入を、多施設の多数例において、生理食塩水を対照とした二重盲検試験を行うことにより、リドカインの蠕動抑制効果および安全性を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  加藤 元彦

 R16-125 特殊組織型大腸癌の臨床的特徴についての後ろ向き研究 

研究の概要  当院で経験した大腸の粘液癌,低分化型腺癌,印環細胞癌の症例を検討し,その特徴を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  加藤 元彦

 R16-126 大腸憩室出血患者の予後に関する後ろ向きコホート研究 

研究の概要  大腸憩室出血患者に対する内視鏡的止血術の再出血のリスク低減におよぼす意義とその他の再出血リスク因子を明らかにすること
判定

条件付き

承認 

申請書、掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 外科 医員  永山 愛子

 R16-128 乳癌術前化学療法後のセンチネルリンパ節生検の有用性 

研究の概要  当院で術前化学療法を施行した症例のセンチネルリンパ節生検の有用性を後方視的に検討する。
判定

条件付き

承認 

申請書、掲示文書の修正を条件に承認された。

このページのTOPへ