HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2016年度審議課題  >  第149回委員会審議平成28年10月03日倫理委員会

第149回委員会審議平成28年10月03日倫理委員会

 

申請者

看護部 5階B病棟 看護師

津藤 菜緒

R16-113  外科における手術室看護師の業務に関する意識の傾向と経験との関連性

研究の概要  手術室看護師の、外科における器械出し・外回り業務に対する意識の傾向と手術室経験年数・外科の係経験の有無との関連性について明らかにする。
判定

承認 

全員一致で承認された。

 

申請者

看護部 5階B病棟 看護師

秋元 里奈

R16-105  母児分離した母親における育児支援入院の利用選択と理由 

研究の概要  NICUでの育児支援入院における利用選択の現状および改善点を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

 説明文、アンケートの修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 膠原病内科 医師  秋谷 久美子

 R16-115 シェーグレン症候群における診断と治療に関する研究 

研究の概要  膠原病内科における、シェーグレン症候群における乾燥症状と治療薬との関連を実際の臨床における観察研究により明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書の修正を条件に承認された。

 

申請者  薬剤部 薬剤師  片桐 梓

 R16-110 NST介入患者における依頼内容未達成要因の検証 

研究の概要  NST活動の現状を把握し、依頼内容が達成されなかった症例に関する要因を明らかにする。
判定

承認 

全員一致で承認された。

 

申請者  診療部 外科 医師  永山 愛子

 R16-101 HER2陽性乳癌における臨床的完全奏効症例のコホート研究 

研究の概要  JCOG 乳がんグループで多施設の長期臨床的奏効症例のデータを集め、今後の前向き研究の可能性を探るためにレトロスペクティブに検討する。
判定

条件付き

承認 

研究期間の確認を条件に承認された。

 

申請者  看護部 4階B病棟 看護師  下島 加奈子

 R16-116 心臓血管外科手術後患者への退院指導の実施と評価 −パンフレット改善後の事後調査として− 

研究の概要  昨年度の研究で行った、退院指導パンフレットの改善は有用だったかを同じアンケートを用いてその結果を昨年度の研究と比較検討し、さらなる改善点を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

計画書、説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 内科 医師  森 伸晃

 R16-102 リネゾリドおよびバンコマイシン使用中の乳酸アシドーシス発生率およびそのリスクに関する検討:過去起点コホート研究 

研究の概要  リネゾリド(LZD)がバンコマイシン(VCM)と比較して乳酸アシドーシスの発生率が高いこと明らかにすることを目的とする。またその発生に関するリスクを探索する。
判定

条件付き

承認 

申請書、掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 放射線科 医師  伊藤 伸剛

 R16-100 経皮的塞栓術の有用性の後方視的検討 

研究の概要  画像下治療(IVR)のなかで、様々な塞栓物質を用いた血管系病変(出血や動脈瘤、血流改変、静脈瘤、動静脈奇形等)やリンパ系病変に対する塞栓術は、中心的なIVRである。これらの手技の臨床的有用性の検討を行う。
判定

条件付き

承認 

研究期間の確認を条件に承認された。

 

申請者  診療部 消化器科 レジデント  高取 祐作

 R16-099 非静脈瘤性上部消化管出血患者において医療費上昇のリスク因子は何か 

研究の概要  非静脈瘤性上部消化管出血患者において入院医療費が上昇するリスク要因を明らかするための検討を行う。
判定

条件付き

承認 

掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 6階B病棟 看護師  齋藤 みはる

 R16-075 術後患者の抑制に対する看護師の意識と行動 

研究の概要  経験年数や主観的忙しさなど、術後患者の抑制に対する看護師の判断に関連する因子を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

計画書、説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 3階B病棟 看護師  大の 玲湖

 R16-092 全身麻酔による感覚器良性疾患手術における退院指導の実施と評価 

研究の概要  感覚器疾患における良性疾患の全身麻酔術後の患者が退院後に自宅で安心して生活できることを目指し、退院指導を実施し、理解度、満足度、活用度を評価する。
判定

条件付き

承認 

計画書、説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 2階A病棟 看護師  小野寺 南子/td>

 R16-090 急性期病院における脳神経系に疾患のある患者に対する背面開放座位の効果 〜意識障害度スコアと睡眠状態判定基準を用いて〜 

研究の概要  脳神経系に疾患のある患者に対して背面開放座位を実施し意識障害度と睡眠状態の変化を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書、説明文の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 4階A病棟 看護師  佐藤 圭

 R16-108 救命救急センターにおける専任担当看護師を配置した早期リハビリテーションチーム導入による効果の検証 

研究の概要  救命救急センターにおいて、ICUに入室する患者に対する、専任担当看護師配置を含む早期リハビリテーションチーム導入の効果を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書、計画書の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 耳鼻咽喉科 医師  五島 史行

 R16-106 難治性めまいにしめる神経内科疾患の特徴について 

研究の概要  難治性めまい患者に占める神経内科疾患の特徴について明らかにする
判定

条件付き

承認 

掲示文書の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 6階B病棟 看護師  日沼 幸菜

 R16-088 新人看護師に向けたせん妄教育プログラムの開発と評価 

研究の概要  新人看護師におけるせん妄ケアへの意識・知識の向上と迅速な対応をめざし、せん妄教育プログラムの開発と評価を行う。
判定

条件付き

承認 

アンケートの修正を条件に承認された。

このページのTOPへ