HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2016年度審議課題  >  第147回委員会審議平成28年08月01日倫理委員会

第147回委員会審議平成28年08月01日倫理委員会

 

申請者

診療部 消化器科 医長

浦岡 俊夫

R16-046  大腸平坦型腫瘍性病変の発見に関する自家蛍光内視鏡の有用性を検討する多施設共同無作為化比較試験

研究の概要  大腸内視鏡検査において従来の観察法(White Light Imaging;WLI観察)に比べ,現在通常の観察法の際にも併用されている画像強調内視鏡の光デジタル法の一つであるAFI(Autofluorescence Imaging)が平坦型腫瘍性病変の発見能を向上させるかどうかを検証することである.
判定

条件付き

承認 

説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者

診療部 総合内科 医長

本田 美和子

R16-063  HIV感染者の長期療養体制整備のための療養施設受け入れ実態調査

研究の概要  HIV感染者を受け入れた長期療養施設で、受け入れ時に検討された論点を明らかにし、受け入れ後に生じた問題を明確にする。
判定

継続

審査 

 計画内容をもう一度考えていただくということで、再審査とする。

 

申請者  診療部 総合内科 医長  本田 美和子

 R16-064 認知症高齢者の家族介護者を対象とした知覚・感情・言語による包括的ケアコミュニケーション教育の効果検討 

研究の概要  地域で暮らす認知症高齢者の家族介護者の介護負担を軽減させる介護技術教育法の効果を検証する。
判定

条件付き 

承認 

説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者  診療部 総合内科 医長  本田 美和子

 R16-065 福岡市が実施する包括的ケア技術研修パイロット事業の評価 

研究の概要  福岡市保健福祉局が行なう医療・介護施設職員を対象とした包括的ケア技術教育パイロット事業の評価を行なう。
判定

継続

審査 

事業内容が固定したら再審査とする。

 

申請者  診療部 消化器科 医員  加藤 元彦

 R16-066 内視鏡オーバーチューブ「エンドトルネード」の小規模臨床評価 

研究の概要  当該製品の一般販売に先立ち、オーバーチューブ挿入を伴う内視鏡診断・治療の適応と判断された患者を対象に小規模臨床評価を行い、その安全性をより高い確度で検証することを目的とする。
判定

条件付き

承認 

申請書・計画書・説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者  看護部 5階A病棟 助産師  阿久津 里恵

 R16-071 出産1ヵ月後の褥婦における育児困難感の実態 

研究の概要  当院での褥婦に対する具体的な介入方法を検討するために、出産1ヶ月後の褥婦が退院後に困った内容を明らかにする。
判定

条件付き

承認 

申請書・計画書・説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者  医療総合支援部 がん診療支援室長  小山田 吉孝

 R16-072 がん診療均てん化のための臨床情報データベースの構築と活用に関する研究

研究の概要  本研究ではデータベースの構築から、その幅広い活用方法について検討する。
判定

条件付き

承認 

掲示文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者  リハビリテーション科 運動療法主任  菅野 寛子

 R16-077 当院救命救急センターにおける早期リハビリテーションの現状と課題 

研究の概要  チーム結成からの経過と実績を知ることで、今後の活動に具体的な目標を見出す。
判定

条件付き

承認 

申請書・計画書等の修正を条件に承認された。

 

申請者  臨床研究センター 聴覚・平衡覚研究部  部長  松永 達雄

 R16-081 「難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究」 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R16-069)
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。

 

申請者  臨床疫学研究室  室長  尾藤 誠司

 R16-083 患者と医療者で“ともに考える”診療意思決定支援の有効性に関する研究 

研究の概要  以前承認された研究の変更申請( R16-062 )
判定

迅速審査

承認 

全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ