HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2015年度審議課題  >  第140回委員会審議平成28年01月04日倫理委員会

第140回委員会審議平成28年01月04日倫理委員会

 

申請者

臨床疫学研究室  室長

尾藤 誠司

R15-113 「ともに考える診療意思決定」支援テンプレートの有効性に関する研究

研究の概要  治療方針の決定を行う際、治療の有効性を優先としてきた。この研究では、患者の持つ背景や倫理観、選考などを記入するテンプレートを用いた情報共有が治療方針に関する意思決定の妥当性向上に与える効果について調べることを目的とする。
判定

条件付き

承認 

 申請書、計画書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 臨床疫学研究室  研究員  舩津 洋平

R15-117  脆弱高齢者の診療情報提供書フォーマット開発に関するインタビュー調査

研究の概要 以前承認された研究の変更申請( R13-109 )
判定

 迅速審査      承認

 全員一致で了承された。

 

申請者 総合内科 医師 松村 真司

 R15-118  脆弱高齢者の診療情報提供書フォーマット開発に関するインタビュー調査

研究の概要 以前承認された研究の変更申請(R15-111)
判定

 迅速審査      承認

 全員一致で了承された。

 

申請者

 総合内科 医師

林 哲朗

 R15-119 経腸栄養法の差異による身体機能への影響に関する検討

研究の概要  以前承認された研究の期間延長申請(R15-019)
判定 迅速審査      承認   全員一致で了承された。

 

申請者

 呼吸器科 医長

小山田 吉孝

R15-120  高齢者に対する気管支鏡検査の特徴

研究の概要  高齢者を対象とした気管支鏡検査の特徴を把握することが、今後の高齢化社会における医療の一助になると考えた。
判定

 迅速審査      承認

 全員一致で了承された。

 

申請者 外科(乳腺科)医員 永山 愛子

R15-121  再発乳癌でのセカンドセンチネルリンパ節生検

研究の概要  腋窩温存可能な温存乳房内再発症例を選択する上で、セカンドセンチネルリンパ節生検が有用であるかの検討を目的とする。
判定

迅速審査      承認 

 全員一致で了承された。

 

申請者

聴覚障害研究室 室長

松永 達雄

R15-122  難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究」

研究の概要  以前承認された研究の変更申請(R15-070)
判定  迅速審査      承認  全員一致で了承された。

 

申請者  外科(乳腺科)医員 永山 愛子

 R15-123  針生検にて非浸潤性乳管癌(ductal carcinoma in situ)と診断された症例の

                 臨床病理学的検討:多施設共同研究

研究の概要 DCISを取り巻く昨今のClinical Questionを検討し、過剰診療を避けDCIS治療の個別化に向けた今後の前向き研究の可能性を探す。
判定

 迅速審査      承認

 全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ