HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2015年度審議課題  >  第135回委員会審議平成27年08月03日倫理委員会

第135回委員会審議平成27年08月03日倫理委員会

 

申請者

聴覚平衡覚研究部 部長

藤井 正人

R15-050  「JCOG -バイオバンク・ジャパン連携バイオバンク ver2.0」

研究の概要 本連携バイオバンクに多数の施設が参加することにより、質的なばらつきが小さい試料と質(精度)の高い臨床情報が適正に提供され、分子生物学的手法によって得られた基礎医学的情報と臨床情報の関係を適正に評価できる、質の高い試料解析研究の実現が期待される。
判定

条件付き

承認

申請書、計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者

脳神経外科 医長

林  拓郎

R15-001 効果的治療法選択のための脳腫瘍の遺伝子解析研究

研究の概要 本研究により得られる情報は個々の脳腫瘍患者に対する効果的治療法を選択する上で有用であると共に、従来の診断体系では不可能であった脳腫瘍患者の正確な予後判定を可能にするものである。
判定

条件付き

承認

説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者

臨床研究センター 

名誉臨床研究センター長

加我君孝

R15-004

新生児聴覚スクリーニングにおけるAuditory Neuropathy Spectrum Disorders症例の長期追跡研究

研究の概要 本研究を通してANSDの診療と治療の指針を作成、患者の聴覚言語発達に寄与するベストの方法をすすめる大きな意義がある。本研究の成果は、日本語のANSD診療方向を目指したガイドラインを完成させ、医学的に貢献することを目指す。学問的成果は英文論文や単行本として海外へ発信し、グローバルな貢献を目指す。
判定 迅速審査 承認 全員一致で了承された。

 

申請者

臨床研究センター 

名誉臨床研究センター長

加我君孝

R15-005  Auditory Neuropathyの診断と治療指針の確立

研究の概要 Auditory Neuropathy(AN)は成人期発症の特殊な聴覚障害で、原因も不明で治療法が未だ確定されていない希少疾患である。聴力の障害は軽度にもかかわらず、語音の聴き取りが50%以下のため、日常での多数とのコミュニケーションは困難である。しかし、一部の患者には人工内耳手術の効果が期待されている。本研究の目的は、診断法の開発、原因の究明、治療法の確立をすることで医学的貢献が可能である。
判定 迅速審査 承認  全員一致で了承された。

 

申請者 総合内科 後期研修医 永川 明香

R15-046  当院総合内科に入院した90才以上の高齢患者入院時処方薬の妥当性に関する研究

研究の概要 高齢者では複数の疾患を持つ事から投薬数も増加する傾向にあり、薬物相互作用の観点からも薬剤数の増加はリスクを伴う。以上の事を考慮し、とりわけ90歳以上の超高齢者についての薬物投与の現状を調査し、高齢者医療における治療についての提言を行う。
判定

迅速審査

承認

 全員一致で了承された。

 

申請者 統括診療部 がん診療支援室長 小山田 吉孝

R15−049  がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究

研究の概要 以前承認された研究の変更申請(R14−112)
判定

迅速審査

     承認

 全員一致で了承された。

 

申請者 聴覚平衡覚研究部 部長 藤井  正人

R15-052  

局所進行頭頸部扁平上皮癌に対する 導入化学療法(ドセタキセル+シスプラチン+セツキシマブ)と

放射線治療及びセツキシマブ併用療法の第 II 相試験

研究の概要 以前承認された研究の変更申請(R13-035/R13-092/R14-012)
判定

迅速審査

     承認

 全員一致で了承された。

 

申請者

聴覚障害研究室長 室長

松永達雄

R15-054 「難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究」

研究の概要 以前承認された研究の変更申請( R14-132 )
判定 迅速審査 承認 全員一致で了承された。

 

申請者

循環器科 医長

樅山 幸彦

R15-056  冠動脈疾患に関連する危険因子、食習慣および動脈硬化バイオマーカーについての検討

研究の概要 以前承認された研究の変更申請( R08-050 )
判定 迅速審査 承認  全員一致で了承された。

 

申請者 耳鼻咽喉科 医長 南 修司郎

R15-058 耳漏細菌叢のメタゲノム解析に関する研究

研究の概要 以前承認された研究の変更申請(R14-138)
判定

迅速審査

承認

 全員一致で了承された。

 

申請者 聴覚平衡覚研究部 部長 藤井 正人

R15−062 

局所進行頭頸部扁平上皮癌術後の再発ハイリスク患者に対する3-Weekly CDDP を同時併用する

術後補助化学放射線療法とWeekly CDDP を同時併用する術後補助化学放射線療法に関する

ランダム化第/形蟷邯

研究の概要 以前承認された研究の変更申請(R15-041)
判定

迅速審査

     承認

 全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ