HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2014年度審議課題  >  第130回委員会審議平成27年03月02日倫理委員会

第130回委員会審議平成27年03月02日倫理委員会

 

申請者

耳鼻咽喉科 医師

五島 史行

R14-123  平衡機能障害に対する足底感覚評価装置による評価

研究の概要 65歳以上の40%が自立・社会参加を妨げる平衡覚障害をもっている。これまで、平衡覚障害者に対して、足底感覚を簡易に評価する方法は存在しなかった。そのため、眼振検査、重心動揺計が用いられ患者の訴えを反映しないと言う問題点があった。足底感覚評価装置により足底感覚を評価することができると、平衡機能障害患者の診断、治療に有用であると考えられる。
判定

条件つき

  承認

計画書、説明文書等修正を条件に承認された。

 

 

申請者

6階A病棟 看護師

笹岡 綾子

R14-127  タキサン系薬剤による末梢神経障害の対策ー加圧機能ストッキングによる

予防効果の検討ー

研究の概要 加圧機能ストッキングを使用することで、タキサン系薬剤の末梢神経障害の予防・軽減することが可能か検討する為に、当院で本手法の症例数を増やし、本手法を取り入れる上で障害がないことを確認する。
判定 条件つき  承認 申請書、計画書、説明文書等修正を条件に承認された。

 

 

申請者

眼科 医師

家久 一光

R14-128 前眼部光干渉断層計を用いて計測した術後眼内レンズ位置の予測

(R13-098期間延長)

研究の概要 前眼部光干渉断層で撮影した前眼部データから各パーツを詳細に計測・検討することで、より精度の高い術後眼内レンズ位置予測を行うことを目的としている。
判定

迅速審査 

承認

全員一致で了承された。

 

 

申請者

臨床遺伝センター 医員(非常勤)

山澤 一樹

R14-137  先天異常症候群の包括的遺伝子診断システムの構築

研究の概要 次世代シーケンサー法は、ダイレクト・シーケンス法による検査と同等の感度・特異度を有する分析法である。従来の方法では、単回の解析で単一遺伝子を分析していたが、新しい方法では、疾患との関係が予測される多数の遺伝子を同時に解析することができる。本研究計画では、先天異常症候群領域を対象疾患とし、各専門分野の診療に貢献することを目指す。
判定 条件付き 承認 説明文書の修正を条件に承認された。

 

 

申請者 耳鼻咽喉科 医師 南 修司郎

R14-138  耳漏細菌叢のメタゲノム解析に関する研究

研究の概要 外来で採取した耳漏細菌叢を従来の培養法では同定できない難培養微生物も含めメタゲノム解析手法で明らかにする。
判定

条件付き

     承認

 説明文書の修正を条件に承認された。

 

 

申請者 眼科 医師 秋山 邦彦

R14-140  網膜剥離手術と黄斑機能

研究の概要 非侵襲的かつ他覚的な黄斑機能の検査方法である黄斑部局所網膜電図で黄斑機能を手術前後で比較評価することにより、術式選択や手術手技の選択に貢献する知見が得られる可能性がある。
判定

条件つき

     承認

 計画書、説明文書等修正を条件に承認された。

 

 

申請者 血液内科 医師 横山 明弘

R14-142  未治療CD5陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する

Dose-adjusted EPOCH-R/HD-MTX療法の第響蟷邯

研究の概要  
判定

迅速審査

     承認

 全員一致で了承された。

 

 

申請者 膠原病内科 後期研修医 牛窪 真理

R14-143  全身性エリテマトーデスの臨床試料解析に基づく新規バイオマーカー

および病態探索に関する研究

研究の概要 全身性エリテマトーデス(SLE)において、臨床情報、プロてーむ解析、血球マーカー解析などを行うことにより、再燃や治療反応性、予後の予測に有用な新規病態関連バイオマーカーを見出すことを目的とする。
判定

条件つき

     承認

 申請書、説明文書等修正を条件に承認された。

 

 

申請者 産婦人科 医師 林 茂徳

R14-144  子宮頸癌に対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術の実施

研究の概要 以前承認された研究の期間延長(R14-044)
判定

迅速審査

     承認

 全員一致で了承された。

 

 

申請者 膠原病内科 医長/副院長 大島 久二

R14-145  膠原病における診断・治療・合併症に関する研究

研究の概要 膠原病は患者数が比較的少ないため大規模研究が行いにくい。そのため診断・治療効果は医師の経験に頼るところが多いのが現状である。本研究では当科における現状の診断と治療法を治療法を再評価して今後の治療法に活用できることのみならず、学会報告することにより広く医療従事者と情報を共有することが出来、膠原病患者のより良い治療に貢献できると考えられる。
判定

迅速審査

     承認

 全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ