HOME  >  病院のご案内  >  がん診療  >  院内がん登録

院内がん登録

がん登録とは

 がんの罹患(病気にかかること)や転帰(最終的にどうなったか)という状況を登録・把握し、分析する仕組みであり、がんの患者数や罹患率、生存率、治療効果の把握など、がん対策の基礎となるデータを把握するために必要なものです。

 平成25(2013)年12月に「がん登録等の推進に関する法律」が成立しました。 この法律は、全国がん登録の実施やこれらの情報の利用及び提供、保護等について定めるとともに、院内がん登録等の推進に関する事項等を定めており、平成28(2016)年1月1日から施行されております。

 

全国がん登録

 国・都道府県による利用・提供の用に供するため、国が国内におけるがんの罹患、診療、転帰等に関する情報をデーターベースに記録し、保存する事となっております。

 

院内がん登録

 病院において、がん医療の状況を的確に把握するため、がんの罹患、診療、転帰等に関する情報を記録し、保存致します。

 

個人情報保護について

 「がん登録等の推進に関する法律」の中では、情報の保護等についての規定があり、全国がん登録情報等の適切な管理や、目的外利用の禁止、秘密漏示等の罰則についても規定されています。

 

 当院ではがん診療連携拠点病院の業務として、院内がん登録事業へのデータ提供(国立がん研究センターによる予後調査ならびに予後調査支援事業を含む)、東京都地域がん登録事業及び全国がん登録事業等へのデータ提供(患者情報の登録、届出、遡り調査等)を行っております。

 

問い合わせ窓口

独立行政法人国立病院機構東京医療センター代表 03-3411-0111

院内がん登録室 内線

(5188)

  

院内がん登録数

 

このページのTOPへ