PDCAサイクル

患者の皆様へ

 

当院は、平成24年4月から東京都区西南部(渋谷区・世田谷区・目黒区)の地域がん診療提携拠点病院(注1)に指定され、がんの診療に係わるさまざまな課題に積極的に対応しておりますが、特に以下の課題について、PDCAサイクル(注2)を活用して重点的に取り組んでいることをお知らせいたします。

 

  1. がん登録の精度向上
  2. がん患者の精神的・身体的苦痛に関するスクリーニングシート
    (生活にしやすさに関する質問票)の普及
  3. がん化学療法看護アセスメントシートの普及
  4. 在宅療法を希望するがん患者に対する支援の質の向上

院長  大島 久二   

 

 

注1)

地域がん診療提携拠点病院は、2次医療圏(当院の場合、東京都区西南部)におけるがん診療を担う存在として国から指定された病院です。

 

注2)

PDCAサイクルとは、ある課題を達成するための評価・改善モデルです。

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)→ 新しいPlan(計画)を繰り返すことで課題を達成することを目的としています。

 

このページのTOPへ