HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2014年度審議課題  >  第122回委員会審議平成26年6月2日倫理委員会

第122回委員会審議平成26年6月2日倫理委員会

 

申請者

総合内科 医長

本田 美和子

R14-031  知覚・感情・言語による包括的ケアコミュニケーションに基づいたケア実施に

   関するストレス評価パイロット研究

研究の概要 包括的ケア技術の導入によって認知機能が低下した高齢者に生じるストレスの変化の有無を明らかにする。
判定

条件付き

承認

申請書、説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

申請者

臨床疫学研究室 研究員

松村 真司

R14-034  わが国のプライマリケアの質指標を用いた評価に関するインタビュー調査

研究の概要 診療指標を用いたプライマリケア診療所の評価が、診療所管理者に対してどのような影響を及ぼしているか質的に情報を集めることが目的である。本研究によって得られた知見により、より有効な診療指標を用いた評価方法の開発が行われるようになり、さらにこれらの評価を導入する上で予想される好ましくない影響を減少させることが可能になることに意義があると考る。
判定

  条件付き

   承認

申請書、計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者

臨床疫学研究室 研究員

松村 真司

R14-035  診療の質評価指標(Quality Indicators)を利用したわが国の地域診療所が提供

   するプライマリケアサービスの包括的評価に関するモデル事業研究

研究の概要 プライマリケアに診療に関する包括的評価指標が実際に運用できることを明らかにすることで、これらを用いたわが国のプライマリケア診療に携わる診療所の診療内容に関する内容の検討、ならびに継続的改善に役立つようになることが考えられる。そのことによって、最終的にわが国の地域住民が享受するプライマリケアサービスを継続的に向上させることが目的である。
判定

  条件付き

   承認

申請書、計画書、説明文書、掲示文書等の修正を条件に承認された。 

 

申請者

教育研修部・血液内科/部長・医長

矢野 尊啓

R14-036  好中球減少症に持続性発熱を併発した患者に対する経験的抗真菌治療に

   おけるイトラコナゾール注射剤とアムホテリシンBリポソーム製剤の多施設共同

   前向き無作為化比較試験 ILEAN study(Ver3.3として一部変更再申請)

研究の概要

以前承認された研究で、プロトコール改訂の為

(R11-057/R11-084)

判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者

耳鼻咽喉科 医師

五島 史行

R14-037  心理検査を用いた入院めまい患者の心理特性の検討

研究の概要 耳鼻科領域の心身症に多くみられるめまいを訴える患者に対して複数の心理検査を行い、その結果をもとにめまい患者の病態についての統合的な理解を得ることを目指す。
判定

条件付き

承認

計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者

循環器科 医長

樅山 幸彦

R14-039 慢性心不全におけるβ遮断薬による治療法確立のための多施設臨床研究

研究の概要 以前承認された研究で、期間延長の為(R13-031)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 呼吸器科 医師 若木 美佐

R14-028  アレルギー性気管支肺真菌症の診断・治療指針確立のための全国実態調査

研究の概要 アレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)診断・治療指針作成に必要な基礎データを収集し、本邦におけるABPMおよび関連病態の現状を把握することを目的とする。
判定

条件付き

承認

申請書、説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

このページのTOPへ