HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2013年度審議課題  >  第118回委員会審議平成26年2月3日倫理委員会

第118回委員会審議平成26年2月3日倫理委員会

 

申請者

臨床研究センター 研究員(言語聴覚士)

小林 理香

R13-030R  鼻咽腔閉鎖機能に関する簡便で客観的な評価方法の検討

研究の概要 吸気流量計、呼気流量計を用いて簡便で客観的かつ定量的な鼻咽腔閉鎖機能の評価方法を検討し、鼻をつままない場合とつまんだ場合で吸気流量、呼気流量に違いがあるかを検証する。
判定

条件付き

承認

申請書、説明文書、掲示文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 放射線科 医長 萬 篤憲

R13-076  日本人の頭頸部癌患者におけるCetuximabを含む治療の観察研究

研究の概要 頭頸部扁平上皮癌に対して日常診療範囲内で行われたCetuximabを含む治療法の実態および有効性・安全性を評価するため、診療情報を収集して行う観察研究である。
判定

条件付き

承認

説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 耳鼻咽喉科 医師 五島 史行

R13-086  めまい患者に対する唾液中ヘルぺスウイルスDNA定量による評価

研究の概要 疲労のマーカーとして注目されている唾液中ヘルペスウイルスDNAを測定することによってめまい患者の病態を明らかにすることを目的とし、めまい患者の新しい検査法としてヘルペスウイルスDNA測定が応用可能かどうか検討する。
判定

条件付き

承認

申請書、計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 内科 医長 青木 泰子

R13-088  第6回 三学会合同分離菌感受性調査 呼吸器感染症領域

研究の概要 成人呼吸器感染症患者より分離された原因菌に対する各種抗菌薬の感受性を測定し、患者背景別、地域別の分離菌分布及び感受性推移を経年的に検討する。
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 消化器科 医員 西澤 俊宏

R13-090  ワーファリン併用下におけるヘリコバクター・ピロリ二次除菌

研究の概要 ワーファリン減量基準に従ってH.pylori二次除菌を行い、その安全性と有効性を多施設共同研究で検討する。
判定

条件付き

承認

申請書、説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 がん診療支援室 室長 小山田 吉孝

R13-091  地域がん登録(神奈川・埼玉県)

研究の概要 神奈川県及び埼玉県から地域がん登録の受け入れの確認が取れたため、院内がん登録のデータを使用し、提出することで、当該県のがんの罹患率及び生存率の計測及びがん対策への寄与が行える。
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 臨床研究センター 聴覚・平衡覚研究部 部長 藤井 正人

R13-092  局所進行頭頸部扁平上皮癌に対する導入化学療法(ドセタキセル+シスプラ

                 チン+セツキシマブ)と放射線治療及びセツキシマブ併用療法の第響蟷邯

                 R13-035承認のプロトコール改訂

研究の概要 以前承認された研究で、プロトコール改訂の為(R13-035)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 臨床研究センター 聴覚・平衡覚研究部 部長 藤井 正人

R13-093  局所進行頭頸部扁平上皮癌術後の再発ハイリスク患者に対する3-Weekly CDDPを同時併

                用する術後補助化学放射線療法とWeekly CDDPを同時併用する術後補助化学放射線療法に

                関するランダム化第/形蟷邯R12-063承認 プロトコール改訂

研究の概要 以前に承認された研究で、プロトコール改訂の為(R12-063)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 アレルギー科 医師 岡田 千春

R13-094  成人気管支喘息の重症度、治療反応性、予後に関するコホート研究

研究の概要 成人喘息の重症者を登録し詳細なプロフィール、臨床データ、治療内容、コンプライアンス等を前向きに記録していき、対照の軽症ないし中等症群とで、治療経過を比較、検討することにより、現在のわが国のガイドライン治療下での喘息患者の臨床コースを明らかにすることができる。
判定

条件付き

承認

説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 耳鼻咽喉科 医師 南 修司郎

R13-095  中耳常在細菌叢のメタゲノム解析に関する研究

研究の概要 炎症のない中耳の常在細菌叢を従来の培養法では同定できない難培養微生物も含めメタゲノム解析手法で明らかにする。
判定

条件付き

承認

計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 看護部 5階A病棟 助産師 黒 直央

R13-096  立ち合い分娩をするパートナーのケアニーズ

研究の概要 パートナーのケアニーズを明らかにすることで分娩時の助産ケアや両親学級での指導内容に取り入れ、還元する事と近年の立ち合い分娩時のニーズの現状を知ることができる。
判定

条件付き

承認

申請書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 聴覚障害研究室 室長 松永 達雄

R13-097  内耳性難聴患者からのiPS細胞の樹立とそれを用いた疾患解析に関する研究

研究の概要 内耳性難聴の患者の体組織からiPS細胞、内耳幹細胞あるいは疾患に関連する終細胞を作製し、疾患の原因解明・治療法開発を目指す。
判定

条件付き

承認

申請書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 眼科 医師  

R13-098  前眼部光干渉断層計を用いて計測した術後眼内レンズ位置の予測

研究の概要 前眼部光干渉断層計で撮影した前眼部データから各パーツを詳細に計測・検討することで、より精度の高い術後眼内レンズ位置予測を行うことを目的とする。
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 神経内科 医長 安富 大祐

R13-099  「脳梗塞再発高リスク患者を対象とした抗血小板薬併用療法の有用性及び安全性の検討」

                 CSPS.com (Cilostazol Stroke Prevention Study.Combination)

研究の概要 非心原性脳梗塞を対象として抗血小板薬(シロスタゾールを除く)の単剤療法とシロスタゾール(プレタールOD錠®)との併用療法の脳梗塞再発抑制効果を安全性とともに比較検討する。
判定

条件付き

承認

申請書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 消化器科 医長 高橋 正彦

R13-100  「C型慢性肝炎に対するシメプレビル・ペグインターフェロン・リバビリン3剤併用療法に

                 おける治療効果の検討(多施設共同研究)

研究の概要 ウイルス駆除(sustained virological response;SVR)に寄与する因子として、投与開始前ウイルス量、年齢、肝線維化、HCV core region AA70/91変異、IL-28B SNPS等が報告されているが、当施設においてもSMV/PEG-IFN/RBV併用療法の治療成績を調査するとともにSVRに寄与する要因をこの治療成績をもとに検討する。
判定

条件付き

承認

申請書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 薬剤科 薬剤師 木村 有揮

R13-101  ICTによるカルバぺネム系抗菌薬適正使用推進の評価

研究の概要 ICT(感染対策チーム)による介入業務の導入前後1年間を比較することにより、本介入業務の効果を検討したいと考える。
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 診療部 呼吸器科 医師 レジデント 山田 恵里奈

R13-106  当院におけるCMVアンチゲネミア陽性患者の臨床的検討

研究の概要 アンチゲネミア法陽性患者の基礎疾患や免疫抑制状態、臨床転帰を検討する。
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者

診療部 呼吸器科 医師 レジデント

藤本 和志

R13-107  挿管および人工呼吸器管理された患者についての後方視的疫学研究

研究の概要 過去に人工呼吸器管理にて加療された患者の基礎疾患や背景、臨床データを後方視的に検討し、当院にて人工呼吸器管理された患者の予後因子の抽出、および当院における治療成績を明らかにする。
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 総合内科 医員 森 伸晃

R13-108  日本のクロストリディウム・ディフィシル感染症疫学研究

研究の概要 以前承認された研究で、個人情報使用の一部修正の為        (R13-072)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

このページのTOPへ