HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2013年度審議課題  >  第116回委員会審議平成25年11月11日倫理委員会

第116回委員会審議平成25年11月11日倫理委員会

 

申請者 聴覚・平衡覚研究部 部長 藤井 正人

R13-057  再発・転移頭頸部扁平上皮癌を有する頭頸部扁平上皮癌を対象とした

Paclitaxel+Carboplatin+Cetuximab(PCE)併用療法の第響蟷邯

研究の概要 再発・転移頭頸部扁平上皮癌患者の予後は限られており、患者のQOLも重視した治療開発が必要であり、試験治療であるPCE療法は標準治療であるPEE療法と比べて、毒性が軽く、外来で実施可能であることが期待される。また、予定されている第形蟷邯海砲いて非劣性にて両群の生存が同等であることが証明されれば、試験治療は新たな標準治療が確立する。
判定

条件付き

承認

説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 看護部 4階A病棟 看護師 佐藤 薫

R13-062  救命救急センターにおける看護師の環境音へと意識と騒音の実態調査

研究の概要 看護師の環境音に対する認識を確認することが必要と考え調査する事とした。さらに、環境省では、50dB以上が騒音と定義されていることから、当院救命救急センターの環境音の実態についても併せて調査することにした。
判定

条件付き 承認

申請書・同意書・アンケートの修正を条件に承認された。

 

申請者 看護部 地域医療連携係 看護師 盛 真知子

R13-065  急性期病院が取り組む介護教室の意義を検証する

研究の概要 高齢となり病気や認知症などで入院となっても、退院後に安心して療養介護ができるような、知識が得られて行動変容に繋げることの一助になっているのか、市民講座としての急性期病院が行う介護教室の意義について検証したいと考える。
判定

条件付き

承認

説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 聴覚障害研究室 室長 松永 達雄

R13-066 Pendred症候群患者からのiPS細胞の樹立とそれを用いた疾患解析に関する研究有用性の検討

研究の概要

以前承認された研究の申請書・計画書・説明書の一部修正の為

(R13-015)

判定

迅速審査 承認

全員一致で了承された。

 

申請者 人工関節センター長  藤田 貴也

R13-068 人工関節全置換術における表面酸化処理ジリコニウム合金(OXINIUM)の耐磨耗性に関する

多施設共同研究

研究の概要 以前承認された研究の、研究者の所属・役職の変更と当院の予定症例数の変更(R12-022)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 副院長・膠原病内科 医長  大島 久二

R13-069 「ステロイド性骨粗鬆症に対するテリパラチド週1回製剤の有用性の検討」

研究の概要 ステロイド性骨粗鬆症に対する治療選択肢が増え、患者の状況に沿った治療が可能になると考えられる。。
判定

条件付き

承認

申請書・説明文書の修正を条件に承認された。

 

申請者 看護部 医療安全管理室 副看護師長 新井 芙美子

R13-070  日本褥瘡学会 褥瘡実態調査

研究の概要

定められた期間に発生している褥瘡の発生率や発生源や発生原因等を明らかにし、褥瘡の予防と医療の質向上の促進と充実に貢献する事を目的としている。

判定

迅速審査

条件付き

承認

申請書・掲示文書等の修正を条件に承認された。

 

このページのTOPへ