HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2013年度審議課題  >  第110回委員会審議平成25年05月13日:審議内容

第110回委員会審議平成25年05月13日:審議内容

申請者 消化器科 医長 高橋 正彦
R12-110 B型慢性肝炎患者の核酸アナログ・インターフェロンと製剤による治療成績を後ろ向きに観察し、その有効性及び安全性を他施設で検証することを目的とする。
研究の概要 B型慢性肝炎患者の核酸アナログ・インターフェロンと製剤による治療成績を後ろ向きに観察し、その有効性及び安全性を他施設で検証することを目的とする。
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 リハビリテーション科 医長 古野 薫
R13-001 「在宅における嚥下機能改善を目的とした摂食・嚥下障害患者の機能予後およびその要因の解明 質問紙調査」
研究の概要 在宅で療養生活を送る摂食・嚥下障害患者の摂食・嚥下機能がどのように評価されてきたか、どのような栄養摂取方法がとられているかを調査し、その摂食・嚥下機能を再評価することで、在宅における嚥下機能の低下、改善の要因、退院後の嚥下機能の予後因子、在宅での不適切な栄養摂取が嚥下機能に与える影響などを解明していく。
判定

条件付き

承認

申請書、説明文書、アンケート等の修正を条件に承認された。

 

申請者 臨床疫学研究室 研究員 丹野 清美
R13-002 「日本版Decision Regret Scale(DRS)の妥当性検証−鼠径ヘルニア、胆石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープ患者のDRS及び術後QOLの横断研究ー」
研究の概要 手術を受けた鼠径ヘルニア、胆石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープ患者を対象として、日本版Decisi on Regret Scale、健康関連QOLの質問紙調査を行い日本版Decision Regret Scaleの妥当性の検証を行う。
判定

条件付き

承認

申請書、計画書、説明文書、同意書、調査票等の修正を条件に承認された。

 

申請者 聴覚障害研究室 室長 松永 達雄
R13-003 「難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究」についての共同研究者の変更、施設名一部変更
研究の概要 以前承認された研究で、共同研究者の変更、施設名の一部変更の為(R12-080)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 診療部精神科 心理療法士 千葉 ちよ
R13-004 緑化空間におけるメンタルケアプログラム開発(期間延長申請)
研究の概要 以前承認された研究で、期間延長の為(R12-087)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 救命救急センター 医師 鈴木 亮
R13-005 リンパ管腫症の全国症例数把握及び診断・治療法の開発に関する研究
研究の概要 本疾患の全国発生症例数の把握、データベースの作成と情報提供、および診断、治療指針の作成、新規治療の開発を目的とする。
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 整形外科 医員 藤田 貴也
R13-006 特発性大腿骨壊死症発症機構解明のための症例対照研究
研究の概要 ステロイド投与による大腿骨頭壊死症発症に対する遺伝的要因を明らかにできれば、予防法の確立に役立つ見込みが有る。
判定

条件付き

承認

申請書、計画書、説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 泌尿器科 医長 斉藤 史郎
R13-008 未治療中間リスク限局性前立腺癌に対する、ヨウ素125密封小線源永久挿入治療後36ヵ月生検による照射後生検所見の臨床的意義に関する検討(SHIP36B)
研究の概要 以前承認された研究で、説明文書の一部修正の為(R12-093)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 整形外科 医員 藤井 正人
R13-009 中咽頭扁平上皮がんに対する集学的治療の効果とヒト乳頭腫ウイルス感染との相関に関する研究
研究の概要 HPV感染の有無と治療効果との関連を明らかにすることにより、今後はHPV検査を治療前に行って治療計画を検討し、HPV感染で治療効果を予測することが可能になる。
判定

条件付き

承認

計画書、説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 聴覚障害研究室 室長 松永 達雄
R13-012 「難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究」についての共同研究者の変更、施設名一部変更「難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究」について修正申請 ・既に承認を受けている遺伝子の解析対象者の親族範  囲拡張・既に承認を受けている遺伝子の解析法の追加・既に遺伝子解析の委託についての承認をうけている外部委託先に委託する解析方法の追加・記載内容の誤記修正・実施期間の延長・共同研究機関の追加
研究の概要 以前承認された研究で、解析対象者の親族範囲拡張・解析法の追加・外部委託先に委託する解析方法・期間延長・共同機関の追加修正の為(R02-022)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 泌尿器科 医長 斉藤 史郎
R13-016 前立腺癌放射線治療が正常組織へ与える障害に関与する遺伝子的要素の研究 (期間延長)
研究の概要 以前承認された研究で、期間延長の為(R11-021)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

このページのTOPへ