HOME  >  病院のご案内  >  がん診療  >  がん診療支援室からのご挨拶

がん診療支援室からのご挨拶

 当院は、平成24年4月1日より、国の「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました。

がん診療連携拠点病院とは、平成18年に成立した「がん対策基本法」に基づいて閣議決定された「がん対策推進基本計画」を遂行するにあたり、各医療圏に設置が定められた「がん診療における地域の中核病院」です。

 当院は、平成20年から、目黒区・世田谷区・渋谷区からなる区西南部医療圏において、がん診療連携拠点病院に準ずる「東京都認定がん診療病院」として、地域のがん診療に貢献すべく、さまざまな努力を重ねて参りましたが、地域がん診療連携拠点病院の指定を踏まえ、がんの診断・治療のみならず、緩和ケア、セカンドオピニオンを含むがん相談、地域の先生方との連携といった、「がん診療」におけるすべての面で、今後もより一層の努力をしていく所存です。

(がん診療支援室長 小山田 吉孝)

 

 

 

 

 

このページのTOPへ