HOME  >  病院のご案内  >  倫理委員会  >  現在までの審議課題  >  2012年度審議課題  >  第106回委員会審議平成24年11月05日:審議内容

第106回委員会審議平成24年11月05日:審議内容

申請者

政策医療企画研究部 

臨床疫学研究室 研究員

熊久保 富美子
R12-074 急性期医療機関に入院した高齢者の人工栄養に関する要因分析
研究の概要 以前承認された研究で、計画の一部見直しの為(R12-019)
判定

迅速審査

承認

全員一致で了承された。

 

申請者 外科 医師 松永 篤志
R12-069 Stage祁訥牡蘯L切除例に対する術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法またはXELOX療法における5-FU系抗がん剤およびオキサリプラチンの至適投与期間に関するランダム化第形衄羈嗄彎音邯魁”嫂鏝Φ
研究の概要 L-OHPの特徴的な有害事象(アレルギー反応/アナフィラキシー、末梢神経症状等)と相関する日本人における遺伝子多型をゲノム薬理学の手法を用いて探索・同定することを目的とし、さらに、予後因子の探索も同時に行う。
判定 条件付き承認 計画書、説明文書、同意書、同意撤回書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 聴覚障害研究室 室長 松永 達雄
R12-072 信州大学医学部「ヒト遺伝子解析」難聴の遺伝子解析と臨床応用に関する研究
研究の概要 様々な難聴および外耳・中耳・内耳奇形の原因遺伝子の解明と臨床診断への応用を目的とする。診断法が確立されれば発症予測(予防)・早期治療などへの対応が可能となる。
判定 条件付き承認 申請書、計画書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 教育研修部・血液内科/部長・医長 矢野 尊啓
R12-066 高齢者急性骨髄性白血病(AML)及び骨髄異形成症候群(MDS)の臨床効果、生活の質及び医療費に関する研究
研究の概要 高齢者AML/MDSの診断から1年までの治療法(IC対NIC)別の臨床効果、患者のQOL、医療費を前方視的縦断的に総合評価し、治療方針の決定に影響を及ぼす因子を同定する事を目的とする。
判定 条件付き承認 申請書、説明文書、同意書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 外科 医員 浦上 秀次郎
R12-067 胆道癌切除例に対するTS-1術後補助化学療法のFeasibility試験
研究の概要 治癒切除を受けたStage機銑靴涼斉惨發僚儻緤篏化学療法としてのTS-1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)4週間投薬2週間休薬法による1年間投与の治療完遂性を検討する。
判定 条件付き承認 申請書、説明文書等の修正を条件に承認された。

 

申請者 整形外科 医員 藤田 貴也
R12-025 特発性大腿骨頭壊死症発症機構解明のための観察研究
研究の概要 特発性大腿骨頭壊死症発症機構解明のための観察研究
判定 承認 全員一致で承認された。

 

このページのTOPへ